クセ毛との違い一覧

NO IMAGE

髪の毛のうねりは改善対策するな!年齢と共に活かせ!逆だ逆!

どうも!いもづるです! 今回は髪の毛のうねりは改善や対策はする なと言うお話しをしていきたいと思います。 どう言う事かと言うと、髪の毛のうねりは 年齢と共に激しくなるので敢えて改善や対 策をするのではなく、逆に活かしたほうが スタイリッシュになると言う事です。 あなたの髪の毛ストレートですか? それともうねってますか? 髪の毛の形ってキレイなストレートの人も いれば、ウネウネうねっている人もいます わな。 あなたはどっちのタイプですか? まっすぐ、さらさらなストレートってやっ ぱり憧れますね。 でも、意外にまっすぐストレートの人はう ねっている髪の毛の人を羨ましがっている 場合もあるんですよ。 でも、どちらかというとウネウネの髪の毛 の人の方が悩んでいる割合は多いと思いま す。 ウネウネの人は思っていると思います。 サラサラストレートが本当に羨ましい。 いつもウネウネしていて、セットはしにく いわ、クシは通らないわ。 湿気が多い日なんてもっと最悪! などなど、不平不満が多いかと思います。 中にはうねりの改善や対策を日頃からして いる人もいるかと思います。 でも、ちょっと待ってください。 うねりってそんな毛嫌いするほど悪いもの でもないんですよ? ストレートの人かってうねりの人を羨まし がっていることもありますしね。 そのうねりをもっともっと活かしていけば あなたのヘアースタイル、ヘアーアレンジ の幅はぐんと広がるかもしれません。 ということで、今回はウネウネのうねり髪 についてスポットを当ててお話していこう と思います。 うねり髪のあなた、そのうねりを特徴を十 二分に発揮して、周りが羨ましがるように しようではありませんか。 では、早速行ってみましょう。

NO IMAGE

猫っ毛にポニーテールやくるりんぱはどうなのか!?

どうも!いもづるです! 今回は猫っ毛にポニーテールやくるりんぱな どのアレンジ方法を見ていきたいと思います。 あなたは、自分の髪の毛好きですか? 世の中には色んな髪の毛があります。 色だけでも、日本人のような黒い髪の毛、ダ ークブロンド、プラチナブロンド、ブリュネ ットなどなど、色だけでもまだまだ書ききれ ませんがたくさん種類があります。 日本人は外国人の髪の色憧れますよね。 髪色だけではありません、髪の毛の質にも多 種多様なものがありますわな。 真っ直ぐな直毛、勝手にパーマがかかってし まう天然パーマ、天然パーマでもひときわ強 いくせ毛の縮毛、猫の毛のようにやわらかい 猫っ毛。 など、色んな種類がありますわな。 この髪の毛の質、生まれ持ったものなので途 中から変わることはもちろんありません。 この中で一番悩む人が多いのは恐らく天然パ ーマではないでしょうか? したくもないパーマが勝手にかかっている。 それも自分の意図としていない場所がしてい てスタイリングがうまくいかない。いつも頭 が爆発している。 など、その悩みはつきません。 もちろん天然パーマだけではなく、他の髪質 でも悩みを抱えている人は多いと思います。 生まれ持った自分の髪の毛の質を心から愛し てやまない人は本当に少ないんじゃないでし ょうか? そんな、人それぞれ個性のある髪の毛の質 ですが、こればっかりはどんなに嫌でも一 生付き合っていかなければなりません。 パーマや、縮毛補正など色々ありますが、 やはり根本は変わりません。 パーマをかけても、毛根から生えてくる新し い髪の毛はパーマなんざ関係ありませんから ね。 どうせ一生付き合うのなら嫌がるより、その 特徴をしっかりと把握して、上手にうまく付 き合っていった方が100倍よくありませんか? ということで今回は、髪の毛の質、特に柔ら かい髪の毛の質の猫っ毛にスポットライトを 当ててお話していこうと思います。 では、早速行ってみましょう。

NO IMAGE

猫っ毛はソックカールが有効!作り方や毛先の長さに注意!

どうも。いもづるです。 今回は、猫っ毛さんに有効なソックカール について解説していきます。 あまり聞き慣れない言葉だとは思うが、作 り方から毛先の長さに注意しないといけな いのがソックカールなんだが、ふんわりし た巻き髪を作るのって結構難しいですよな。 できても全然持続しなかったり、コテとか 使うと時間かかるし髪も傷んじゃいますよ な。 実は今ソックカールってのが注目されてい て、髪も傷まず簡単に巻き髪を作れちゃう から猫っ毛さんには持って来いの技術なん だな^_^ 早速見解していきたいと思いますな。

NO IMAGE

くせ毛 と猫っ毛 は全然違う!猫毛が絶対すべき髪型と注意すべきことを意識せよ!

どうも、いもづるです。 毎回、クセ毛についての検証を行っているわたくしですが クセ毛と一概に言っても種類や毛質も様々なので、その中の 「猫毛」、「猫っ毛」ともいわれる毛質について見ていきたいと 思いますが、 日本人にも多いこの毛質なんですが、よく聞かれるのが クセ毛と猫毛の違いというものを普段のサロンワークでも よく聞かれます。 今回はその辺も踏まえながら皆さんに取ってタメになることを レクチャーしていきたいと思います。 それでは早速タメして行きましょう!