縮毛矯正ショートに失敗した奴は丸みや内巻きを意識しろ!

縮毛矯正




どうも。いもづるです。

今回は縮毛矯正や縮毛矯正のショートに失敗した場合の対処法、丸みや内巻きなどについてみて行きたいと思います。

 

あなたの髪質は天然パーマですか?縮毛矯正しないとヤバいとかショートのケースでは丸みや内巻きなどにとらわれすぎていないか?

 

天然パーマって本当にイライラしますよね。

 

朝起きても、シャワーを浴びてもくるくるしている髪の毛。

 

うまくヘアースタイルも決まりません。

 

どうしてこんな髪質で生まれてきたのかとくやしがったりしている人もたくさんいるかと思います。

 

でもね、そんな天然パーマを直せる方法があるのを知っていますか?

 

それは、縮毛矯正です。

 

天然パーマの人なら1度は聞いたことがある言葉ではないのかなと思います。

 

でも、この縮毛矯正も万能ではありません。

 

もちろんくるくるの天然パーマを真っ直ぐにしてくれる効力はありますが、人がやることですので失敗もあります。

 

せっかく天然パーマを直しにきたのに失敗されたらもう救いようがありませんよね。

 

でも、安心してください。

 

しっかりと解決策はあります。

 

今回はそんな解決策をちょっと見ていこうかなと思います。

 

一体どうしたら解決できるのか、なにがよくないのか今回はそこをピックアップして見ていきたいと思います。

 

では、早速いってみましょう。

スポンサードリンク

縮毛矯正のショートはリスクが大!

あなたの髪の毛をショートですか?ロングですか?

出典https://www.youtube.com

縮毛矯正をする場合この髪の毛の長さというのが結構重要になってきます。

 

一体なにが重要なのか、まずはそこを見ていきたいと思います。

 

まず認識していてほしいのがショートカットで縮毛矯正をするのはリスクがあるということです。

 

何が一体リスクなのかというと縮毛矯正は髪の毛を文字通り真っ直ぐすることができます。

 

思っている以上に真っ直ぐになります。

 

ショートカットで真っ直ぐになりすぎるとかなり違和感のあるヘアースタイルになってしまいます。

 

ヘアースタイルに凹凸もなくなってしまいますし、立体感がなくなってしまいます。

 

ロングヘアーだと芸能人の仲間由紀恵さんのようにキレイな日本人女性のような雰囲気になるのですが、ショートカットだとこうはいきません。

 

では、どうすればいいのか、答えは簡単で真っ直ぐにしすぎないということです。

 

縮毛矯正は真っ直ぐにするためのものですが、それを真っ直ぐにしすぎないようにするというちょっとちぐはぐな感じですが、真っ直ぐにさせすぎるというのも問題ということです。

 

なにごとも極端なのはいけない、ほどほどにしましょうねということです。

スポンサードリンク

縮毛矯正のショートに失敗した奴はとにかくワックスでクシャッとさせろ!

それでも、縮毛矯正で真っ直ぐにさせすぎた人というのも必ずいると思います。

というかそれを目的として縮毛矯正を行って家に帰って鏡で見たときなにか違うと思った人が多いと思います。

 

美容室で見るといい感じなのに家で冷静に鏡で見るとイメージと違うというときって結構あると思います。

 

では、そういうとき一体どうすればいいのか、それはしっかりセットするということです。

 

これまた縮毛矯正で真っ直ぐにしたのにセットしないといけないのなんて思うかも知れません。

 

でも、セットしないと違和感ありありな頭に見えてしまいますよ?

 

セットするときはワックスを使ってください。

 

間違ってもジェルは使わないでくださいね。

 

そして、できることならハード系のワックスを使うことをおすすめします。

 

ハード系のワックスを使うことによってよりその状態を維持することができます。

 

セットの方法としてはまず両手にワックスをしっかりと伸ばして手のひら全体にワックスを伸ばしてください。

 

そして、髪の毛を握るように髪の毛をくしゃくしゃにしてください。

 

くしゃくしゃにする部分は髪の毛全体です。

 

前髪などもしっかりとくしゃくしゃにしてください。

 

このセットはとにかくクシャッとした髪型、セット方法を意識してください。

 

これにより頭に立体感を出させます。

 

せっかく真っ直ぐにしたのになんでと思いますが、真っ直ぐにしすぎた髪型を見ればわかるはずです。

 

ヘアースタイルはやはり立体感が大事になります。

 

色々な角度からみて髪の毛がフワッと立体感があると雰囲気もよくなります。

 

2Dより3Dの方が臨場感もあっていいですからね。

スポンサードリンク

縮毛矯正のショートには自然な丸みや内巻きを意識しよう!

縮毛矯正は矯正というだけあって無理やり髪の毛を真っ直ぐにさせます。

あのくるくるの天然パーマが真っ直ぐになるのですが、かなりキツイ矯正だと思います。

 

人によったらかなり不自然な真っ直ぐさだと思います。

 

だからこそ縮毛矯正のショートカットの人はとにかく自然な丸みを意識してください。

 

美容室で縮毛矯正するときも決してピンピンの真っ直ぐにするのではなく、自然な感じで、丸みのある感じでお願いしますと頼んでください。

 

ピンピンの真っ直ぐだと不自然な感じになってきっと後悔すると思います。

 

何事も自然であることが大事です。

 

また、縮毛矯正は真っ直ぐ下に伸ばすイメージがあると思いますが、下に伸ばすのはやめてください。

 

これもかなり不自然な感じになってしまいます。

 

どうすればいいのかというと毛先に向かって内巻きを意識して縮毛矯正してください。

 

これにより不自然さはなくなり自然な形で丸みをおびたヘアースタイルになると思います。

 

ロングヘアーの人はそこまで厳密に考えなくてもいいと思います。

 

しかし、ショートカットは髪の毛が短い分頭の形や不自然さが際立ってしまいます。

 

できることなら縮毛矯正するなら髪の毛を伸ばしてからのほうが失敗も少ないと思いますが、ショートカットでも丸みや内巻き、自然な形でということを意識すれば失敗は少なくなると思います。

 

縮毛矯正は天然パーマの人にとっては心強いものですが、扱いを間違うと大変なことになります。

 

天然パーマより不自然な髪型になってしまいます。

 

しっかりと予習をしていきましょう。

 

真っ直ぐにしたい気持ちもわかりますが、不自然にならないようにしっかりと美容師に伝えてください。

縮毛矯正のショートでハネる奴は逆にハネさせろ!

縮毛矯正をしたときショートカットの人はハネてしまう人が一定数います。

これはどうしようもなくなってしまう人はどうしてもなってしまいます。

 

でも、そのハネを活かすも殺すもあなた次第です。

 

せっかく縮毛矯正したのにハネられると嫌な気分になりますか?

 

でもね、そのハネはあなたの武器になるんです。

 

先程から話していますが、縮毛矯正は真っ直ぐになりすぎるとかなり不自然になってしまいます。

 

わざわざワックスなどを使ってセットしなくてはいけません。

 

ですがハネがあるとそれが立体感を生み真っ直ぐにしすぎた縮毛矯正を自然に見せてくれます。

 

もし全体的にハネていないのであればこれまたワックスなどを使って全体的にハネさせるようにするのがベストだと思います。

 

縮毛矯正でハネる人はそれを逆に活かした方がかなりいいヘアースタイルになると思います。

 

ハネがあるからといって何回も何回も縮毛矯正をかけると逆に髪の毛が傷んでしまいますしね。

スポンサードリンク

最後に

どうだったでしょうか。

 

ショートカットでの縮毛矯正のこと少しはわかってくれたでしょうか。

 

縮毛矯正は天然パーマなどの人にとってはとても魅力的なものだと思います。

 

しかし、矯正というだけあってかなりキツめの真っ直ぐになります。

 

なにが大事といえばより自然に見せるとことが大事になってきます。

 

真っ直ぐにしたい気持ちはわかりますが、常に自然という2文字を頭に入れて縮毛矯正をかけてくださいね。

 

以上、縮毛矯正ショートに失敗した奴は丸みや内巻きを意識しろ!の情報でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしろ!

スポンサードリンク