どうも。いもづるです!

今回は、縮毛矯正後のヘアカラーは明る

くならない事や入らない理由と逆に暗く

なる事について解説して行きたいと思い

ます。

 

「くせ毛がずっとコンプレックスだった

」、「さらさらなストレートヘアが憧れ

だった」という人も多いのではないでし

ょうかね。

 

そんな悩める人たちの救世主として今で

はもう当たり前に耳にするようになった

「縮毛矯正」

 

縮毛矯正は形状記憶系の施術のため、か

けたところはかかったままの状態になり

ますし、持ちもいいのが特徴です。

 

しかし、縮毛矯正されている髪は熱変性

を起こしているので、カラーリングの際

にいろいろな影響が出てきますな。

 

今回は縮毛矯正後のカラーについてご紹

介します。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

縮毛矯正後にカラーしても明るくならない理由!

縮毛矯正後にカラーをしても明るくなら

ない理由としていろいろな諸説がありま

すが、その一つに髪の毛のタンパク質変

性が起こり(炭化)、固くなるからなの

ではないかという考え方がありますな。

 

髪の毛は約80%以上がタンパク質からで

きています。

 

タンパク質を表す例として卵をイメージ

していただきたいのですが、熱したフラ

イパンに卵を落とすと目玉焼きができま

すよね。

 

もともと液体であった生卵に熱が加わる

ことにより固まって目玉焼きになる。

 

これが「タンパク質の熱変性」ですな。

 

そして、目玉焼きの表面に醤油をかける

ことは簡単ですが、内側に染み込ませる

ことはなかなか難しいですよね。

 

髪の毛の中でも同じようなことが起きて

いて、縮毛矯正をすると髪内部のタンパ

ク質が熱変性を起こし固まってしまい、

カラーリング剤の浸透が悪くなってしま

うのですな(^_^;)

 

この熱変性が髪の内部で均等になってい

ればいいのですが、なかなか全体が同じ

状態になることはありません。

 

そのため縮毛矯正はどうしてもムラにな

りやすくなってしまうのです。

 

この原理で言うと縮毛矯正以外にも、デ

ジタルパーマなどの熱処理を加えたパー

マは基本的に明るくなりにくいというこ

とになりますな。

 

縮毛矯正の施術をする際に使用するアイ

ロンの熱でギュッとなってしまい、カラ

ーリング剤の成分である酸化脱色をさせ

ようとしても色素が頑丈になってしまう

のではないかという見解もあるようです。

[ad#1]

縮毛矯正後のカラー自体希望の色に入りにくい!

縮毛矯正した状態で髪の毛を明るくしよ

うとする場合は、矯正されている部分の

髪が必ず暗く残ってしまうので、まずは

矯正部分に明るくするカラーリング剤を

塗布し、染まり方をチェックします。

そして、どの程度明るくなるのかを確か

めたらその明るさに合わせて矯正されて

いない根本を染めますな。

 

これが美容室で縮毛矯正された髪にカラ

ーをする時の一連の流れになるのですが

、市販のカラーリング剤で一般の方が行

う場合は基本的に何も考えず根本も毛先

も一緒に塗ってしまうと思うので、大体

根本だけが明るくなってしまう「根もキ

ン」状態になってしまうのです。

 

⇒ヘアカラー赤系は色落ちするので暗めに染めろ!

ここまではよくあるパターンですが、そ

の根本を直そうと思って今度は全体を黒

染めしてしまうと一度暗くなった矯正部

分はその暗さから明るくすることが困難

になってしまいます。根もキンになった

からといって安易に黒染めをすることだ

けは避けましょう。

縮毛矯正後のカラーは逆に暗くなる?

縮毛矯正をした髪の毛はタンパク質変性

という焦げたような現象が起こるため、

どうしても色味に濁りが出てしまいます。

イメージとしてはまるでくもりガラスの

ような状態になってしまうので、どんな

に明るいカラーリング剤を使用しても暗

かったり、黒っぽく見えてしまうのです。

 

⇒市販ヘアカラーの放置時間が長いと根元だけ明るく逆プリンになるぞ!

(いろんな色が混ざった感じという表現

が近いのかもしれません。)

 

特に白髪染めと縮毛矯正の両方をしてい

る方に多く起こる現象のようですな。

 

基本的には、根本は明るく、毛先は暗い

ケース。

 

このように染まってしまって見受けられ

るケースでは、想定されるのは2つ。

 

1つはシンプルに黒染めして濃い色素が

残っているケース。

 

もう1つは熱系のダメージの作用。

 

つまり、毛先に過剰なアイロンの使用や頻

繁なカラーチェンジなどが考えられますな。

 

毛先が黒く沈まないように気をつける方法

は大きく濃い色の薬で毛先をカラーしない

と言う事です。

 

ストレートしているポイントという形で足

りないポイントで薬を変える。

 

寒色系の方が黒くなりやすいので赤みの存

在する暖色系で染めていく。今までよりベ

ーシックな色素を吸い込みやすい毛先にし

ないために、そこまで必要なければ縮毛矯

正をしない。

 

コテを用いるケースだと1ヶ所にじーっと

とどまることを避け、髪が熱変性しないよ

うに気をつける。

 

という様なところがキーポイントになって

くるかと考えます。

[ad#1]

じゃあブリーチなの?絶対やめとけ!

「縮毛矯正した髪は暗くなるならブリーチ

しちゃえば明るくなるんじゃないの?」と

考えたくなりますよね。

 

確かにブリーチはどんな髪でも明るくす

ることができます。

 

ですが、基本的に縮毛矯正をかけた髪に

ブリーチをすすめる美容師はあまりいな

いでしょう。

 

⇒縮毛矯正失敗でチリチリになり返金は可能なのか検証してみた!!

それくらい縮毛矯正された髪にブリーチ

することはデメリットが多いということ

ですな。

 

具体的にどんなデメリットがあるのかと

いうことですが、まず「矯正縮毛は強い

薬剤を使っている」ということですな。

 

そして縮毛矯正をする際に高温のアイロ

ン等で髪を固めていますので、それだけ

でも髪に相当なダメージが加わりますよ

ね。

 

そこにまた強い薬剤のブリーチ(脱色剤

)を使用すると通常のカラーよりもダメ

ージを受けるのはもう必然的です。

 

また、縮毛矯正をしている髪はベースと

して明るくなりにくく、赤みが出やすい

という性質があります。

 

髪質がもともと硬い人や黒染めをして

人は2回~3回はブリーチをしないと、

きっと希望の明るさは難しいと思います

な。

 

そして、ブリーチ自体が髪に対するダメ

ージがかなり強烈なため、退色もしやす

いです。

 

基本どんな色をいれてもすぐに色落ちし

てしまいますね。

 

でもブリーチをしないと出せない色味も

あるのでやりたいという気持ちはとても

よく分かりますが、その結果髪の毛がボ

ロボロになったり溶けてしまっては元も

子もないと思うので、安易に手を出すこ

とはやめたほうがいいでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

縮毛矯正をしたら髪自体はストレートに

はなりますが、どうしても髪はダメージ

を受けてしまいますな。

 

健康な髪の毛は11~15%ほどの水分量を

保持しているのに対して、ダメージを受

けた髪は水分量がどんどん低下していき

ます。

 

髪の毛が保持している水分量が減ってく

ると髪の毛は水を吸いやすくなります。

 

(ダメージを受けた髪の毛は中の栄養分

が抜けたり、メラニン色素が分解されて

穴だらけになってしまうのでイメージは

スポンジですね。)

 

水をたくさん吸うということは、同じく

らい水を吐き出すということです。

 

この状態のことを「親水性」と呼び、

ダメージを受けた分だけ髪の毛は親水性

になっていきますな。

 

縮毛矯正とカラーリングをした髪はダメ

ージが大きいので、自分でやるよりプロ

の人とよく相談して施術してもらうこと

をおすすめしますな。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!