どうも。いもづるです!

今回は白髪染めのセルフと言うこと

で、後ろの染め方や襟足の正しい方

法などを見て行きたいと思います。

 

染め方に関してのテクニックなどは

色んな手法があるので一概には言え

ないが、基本的なベーシックな部分

は同じなので解説して行きたいと思

います。

 

では早速。

スポンサードリンク

白髪染めセルフでは後ろの染め方が超重要!

出典https://www.youtube.com

「白髪染めをするタイミングで、襟足

や後ろの染め方はなかなか難しい」ヒ

トが、ビックリするほどさまざまいる

はずです。

 

「存在するスケールでは染まっていれ

ばベター」と言われるケースでは気に

ならないでしょうが、隅々に至るまで

染めたい人間にとりましては、それが

セルフヘアカラーをするケースでので

っかいネックなのだということではな

いでしょうか。

 

だとしても襟足や後頭部は、マニュア

ルさえ間違えなければ、自分自身でも

効果的に染めることが可能ですが、あ

まりオススメはしない。

 

ここでは敢えて言うが、1剤と2剤を混

ぜて実践する、ありふれた白髪染めの

染め方を例に、ご説明しておきましょ

う。

 

トリートメントカテゴリーの白髪染め

も、このスキームで実施すると、予想

外に効果的に染めることが難しくあり

ません。

 

ブロッキングするのには、正しく言う

ともう1つのポイントも存在します。

 

後頭部は手が届きにくいお蔭で、ブロ

ッキングをしないで染めて見受けられ

ると、是非とも腕が疲れてしまうよう

です。

 

ささいなこととささやかれていますが、

想定外にこのようなプロセスが白髪染

めをすると同時にあるだけで難しくし

てしまう人間が見受けられます。

 

その点、以前からブロッキングをして

おけば、そのポイントだけに的を絞っ

て染められるということより、手が疲

れにくくなると考えられる根拠です。

 

ゴムでブロッキング為すべきことも困

難ではありません。

 

これだけでも、何もしないよりは長い

間プロセスがしやすくなると思います

な。

スポンサードリンク

白髪染めのセルフでは襟足の正しい染め方も知っておけ!

家庭で白髪染めを上手にする成功メソ

ッドは、可能なだけ美容室で実践中の

ことを再現することかと断言します。

ロングヘアのケースでは、トータル染

めは難関であるし、家庭ではそこらへ

んが汚れてしまうパーセンテージも見

ることができますから、それと同じ様

なスキームも要求されることになりま

す。

 

美容院で染めるケースもそうですが、

どこにでもあるファッションカラーの

ケースでは、カラーリングが入りづら

い襟足や頭の後ろ側から染めていくの

が常識だと思います。

 

逆に言えば、白髪染めのケースではそ

の逆ではないでしょうか。

 

白髪がダントツに高いのは前髪やこめ

かみ等の顔近隣。そうするために、フ

ァッションカラーのケースとはかけ離

れていて、顔周りから均一に染めてい

ますな。

 

襟足のポイントにおいて、このように

パーフェクトなまでに染めても、全く

もって根元のポイントが白く残ってし

まうことが存在します。

 

そのケースではの裏ノウハウがあり、

髪全部を手で上に上げてアップヘアに

なったシーンで、コームに薬剤を付け、

襟足箇所に塗っていきます。

 

こう施すことで、襟足の染め残しを予

防することが可能だという事です。

 

一層髪を上げられることが豊富な夏場

と言えるものは、このメソッドで襟足

のヘアをキープ出来てしまうと想定さ

れます。

 

⇒セルフカラーでラップしてドライヤーする奴はアホ!白髪染めもだぞ!

白髪染めセルフでキレイに染めるコツは結局テクニックなのか?

「自分自身でやると失敗してしまう」

「セルフカラーだとうまくできない」

安く手っ取り早く白髪を染められるの

が満足してもらえるセルフカラーとは

言え、自分自身で開始する白髪染めに

トライした人間からよく上手くいかに

声も聞かれていると推定されます。

家庭で白髪染めを効果的にトライする

には、どんなポイントを気をつけたら

良いんでしょうか?

 

セルフカラーに関しての白髪染めを成

し遂げるために、何はともあれチェッ

クしたいのが事前準備ではないでしょ

うか。

 

白髪染めの仕上がりをワンカテゴリー

上向かせるために、グッズ選択を見直

しましょう。

 

染めるケースでは、ファッションカラ

ーではNGとなります。

 

必ず「白髪染め」と書かれているもの

を利用してください。

 

後は量ですが、女性向けという形でリ

リースされているものは、一箱あたり

がセミロングに特化した量と言えるで

しょう。

 

髪が肩と比較しても長いセミロングで

も髪の量が思っている以上に人並み以

上に限れば同色2箱を据え置いておいた

方が不安や心配はいりません。

 

もっと言うなら男性向けの白髪染めの

ケースでは、やあるいは量が少なめで、

ショートに特化した量となっていると

いうのも普通です。

 

男性でも髪が長めと考えられる人間は、

女の人向け製品から選ばれた方が妙案

かもしれません。

 

ヘアカラーの失敗は、前もってオーダ

ーのアプローチが問題点と言われるケ

ースも存在します。

 

換言すれば、「今これまで以上に少し

明るめに」と言われるような伝え方は、

自分自身と美容師とで「少し」の判定

が別々のシーンも存在します。

 

もっと言うなら、「ピンクが入った茶

色」という様な指定も避けたほうが手

堅いです。

 

色のインプレッションは、人間に左右

されてばらつきが所有していますから。

 

こうしたオーダーが、「イメージして

いたのと別個」と言われるインパクト

になりがちだと思います。

 

別の言葉で言えば、カラーオーダーを

するときは、望む色を自分自身と美容

師が目でチェックできるというプロセ

スが重要事項だと断定できます。

 

施術前に、美容師とフィニッシュイメ

ージを共有施すこと。

 

これが失敗の可能性を減らすカギです。

 

ヘアカラーを長持ちさせる成功メソッ

ドは塗り方にあり カラーリングの発色

や色持ちをUPする攻略法は、施術する

美容師の腕にかかっていると推定され

ます。

 

その他には、色持ちはカラー剤の「流

し方」にも左右されると思います。

 

その糸口となるのが、シャンプー以前

にスタートする「乳化」だと思います。

 

これに関しては、頭皮や地肌に付着し

た薬液を理想的に間違いのないように

取り除く目標と、染毛されていないポ

イントがないように、カラー剤をまん

べんなくトータルになじませるもくろ

みを兼ねていると推定します。

 

この地位が入ることで、シャンプーで

必須をオーバーして洗うことなく、髪

への負担が抑えられ、色を定着させる

ことが可能に違いありません。

 

ヘアカラーを長持ちさせるにためには、

家庭でのお手入れも想像以上に必須。

スポンサードリンク

白髪染めセルフで一番やっかいなのがロングヘア!

ロングヘアの髪をトータルで上手く

染めるテクニックではありますが、

おのおのどのように活用すれば、髪

総合を効率的に染めることが可能な

のかチェックしていくことが必要な

のです。

泡バリエーションのヘアカラーを用

いるケース、ロングヘアの人間は2箱

調達することを勧めたいと考えてい

ます。

 

その理由は、1箱の量はセミロングの

人間でちょうど結構な量ですから。

 

色ムラを防御する目的のためにも必ず

2箱準備しておきましょう。

 

活かす前のケア・セットは? 実践する

前に是非とも手袋は必須。

 

また髪を間違いなくブラッシングして

というようなケースも必須です。

 

ワンプッシュバリエーションのヘアカ

ラーだったとしても、髪総合を染める

なら2箱以上要求されることになりま

すが、根元のみを染めるのでしたら1

箱で十分となります。

 

採用するケースでは開始するにあたり

パッチテストも時には必須。

 

結局頭髪全体を上手に染めていく為に

要されることは、染める以前に髪を整

備すると効果的にムラ無く染めること

が実現可能ということです。

 

髪を中央から分け、耳の上から頭頂部

ルートの前と襟足を残した後ろ、ある

いは襟足に進む。

 

その他には襟足から順番にコンスタン

トに小分けにして、塗り残しが出てこ

ないのと同様に染めていくとトータル

を染めるというプロセスが可能となり

ます。

 

もっと言うなら、トータルを染めるケ

ースでは液状バリエーションがちょう

どいいと思います。

 

セルフカラーをするケース、染める順

番はバック、サイド、トップの順番で

カラーリングするのがファクターです。

 

担当直入に申し上げると、温度の高レ

ベルであるポイントの方が、カラー剤

がすぐに反応します。

 

そうするために、体温の低い後ろから

前のトップにかけてカラー剤を乗せて

行きことが必須です。

 

染めるケースで部屋の温度を高いレベ

ルにチョイスしたりすると薬剤も予想

以上に反応してイメージより明るくな

りすぎる傾向があります。

 

根元から毛先まで間違いのないように

なじませるのがメソッドとなります。

 

そのようなセンスで実践するとシンプ

ルなのかもしれませんな。

 

最後までご覧いただきありがとうござ

いました。

その他の関連記事は下をスクロール!