セルフカットボブでカチューシャやレイヤー(段)とすくのはやめろ!

セルフカット




どうも。いもづるです。

今回はセルフカットボブやカチューシャなどとレイヤー(段)梳くなどについてみて行きたいと思います。

 

セルフカットのボブは禁物です。梳くことや、カチューシャなどのアイテムやレイヤー(段)などは特にです。

 

あなたは普段自分で髪の毛を切ること、つまりセルフカットということをしていますか?

 

おそらくあなたが小さい、まだ保育園や幼稚園に行っている時期などはあなたのお父さんやお母さんがあなたの髪の毛を切っていたかもしれません。

 

しかし、あんたはが成長すると髪の毛を切りに行くのは美容師とか床屋だったと思います。

 

でも意外に社会人になってから自分で髪の毛を切るということをするときって増えたりしませんか?

 

特に女性の人なんかは前髪がちょっと気に入らない、長いと思うからチョッキンとやることってありますわな。

 

それも立派なセルフカットですわな。

 

でもね、それぐらいは簡単だし気軽にできると思いますけど、がっつりと自分で髪型まで決めて自分で髪の毛を切るという人はほとんどいないと思います。

 

いやこれだけの人がいれば意外にいるかもしれませんわな。

 

もしくはこれから挑戦しようと思っている人もいるかもしれませんわな。

 

今回は自分で髪の毛を切るというセルフカットについてちょっと触れていこうとかと思います。

 

その中でも、セルフカットボブやカチューシャ、レイヤーについて触れていこうかと思います。

 

セルフカットボブの一体なにがよくないのかまた、カチューシャやレイヤーがどうだめなのかをピックアップして見ていきたいと思います。

 

では、早速いってみましょう。

スポンサードリンク

そもそもセルフカットでボブほど難しいものはない!プロでもやらない!

出典https://www.youtube.com

まず、セルフカットのことですが、あなたはセルフカットの経験がありますか?

 

おそらくセルフカット自体はけっこうな人が経験があると思います。

 

だって前髪を少し切るだけでもそれはセルフカットになりますからね。

 

前髪やもみあげなんて誰でも自分でカットした経験ぐらいあるでしょう。

 

それすらやったことないという人は自分のヘアースタイルに興味がないか、気に入らないとすぐ美容室に行けるお金持ちぐらいだと思います。

 

前髪をちょろっと切るぐらいなら簡単ですしいいんですけど、本格的なセルフカットをする人はなかなかいないと思いますわな。

 

でも、そんな本格的なセルフカットをする素人はいるのです。

 

別にそれが悪いとはいいません。

 

正直頑張れば2ブロックぐらいならセルフカットが出来るかも知れません。

 

でもね無謀な挑戦をする人もいます。

 

それはセルフカットでボブをするという人です。

 

あなた信じれます?

 

セルフカットでボブですよ?ありえないですわな?

 

管理人も耳を疑いますよ。

 

セルフカットですら難しい部類なのにそれでボブって、坊主になってもいいんですか?

 

と聞きたくなります。

 

セルフカットですらプロでする人は少ないのに、それでボブなんてプロは間違いなくしません。

 

そんなことをするのは、自分の髪型がどうでもいいと思っている人か、よっぽどのチャレンジャーかちょっと頭のネジが外れかかっている人だけだと思います。

 

ここまで話してなんでボブのセルフカットはダメなの?って思う人いますか?

 

はい、ダメです。

 

セルフカットのボブなんてプロもしないめちゃくちゃ難しいというか失敗率99.9%の挑戦ですからやめてください。

スポンサードリンク

セルフカットボブでカチューシャはやめろ!

あなたはカチューシャということば知っていますか?

そうあの、髪の毛にかけるアクセサリーのことですわな。

 

あなたはカチューシャをした経験がありますか?

 

経験だけでなく、今現在もカチューシャしているよって人いますか?

 

これまた悪いことはいいませんので今すぐやめてください。

 

かわいくありませんし、男子ウケはめちゃくちゃ悪いですよ。

 

男子の目なんか気にしてないしという人は別にしていてもいいかもしれませんが、女子ウケもそこまでよくありませんからね。

 

では、なぜボブカットのカチューシャの評判がよくないのでしょうか。

 

それはかなりぶりっ子に見えてしまうからです。

 

あなたがもし別にぶりっ子でなくてもぶりっ子に見えてしまう可能性100%です。

 

もしあなたがヘアースタイルの維持のために仕方なくカチューシャをしているのだというならばそれは仕方ないと思います。

 

でも、ヘアースタイルの維持のためにカチューシャをするのであればカチューシャと目立たないカチューシャを選択するべきだと思います。

 

絶対にあの人はカチューシャしているとバレてはいけません。

 

バレてしまうとちょっとあれだなと思われてしまう可能性がありますからね。

 

もちろんカチューシャがいけないというわけではありませんよ。

 

似合う人には似合いますしいいですけどね。

 

でも、どうしてもちょっとかわいらしい路線を走りすぎているイメージがあるアイテムですわな。

 

もし使わないといけない状況になるのであればあまり目立たないものを選択しましょう。

 

間違えても花とか装飾がついているのはダメですよ。

 

もし持っているならそんなもの捨ててしまってください。

スポンサードリンク

セルフカットボブでレイヤー(段)カットなど論外!99%失敗する!

前半でセルフカットボブがどれだけ難しいのか説明しました。

ただでさえ難しいセルフカットをさらにボブという難易度の高いヘアースタイルで挑むという無謀としか言えないセルフカットボブですが、さらに追い打ちをかけるように難しいことに挑戦しようとする猛者はいます。

 

それはなんとセルフカットボブでのレイヤーカットです。

 

レイヤーカットってあなた知っていますか?

 

簡単に言うとレイヤー(段差)をつけたカットのことですわな。

 

これがどれだけ難しくて相当な技術がいるカットかわかりますか?

 

普通に考えればわかりますわな。

 

これをわからずに、セルフカット(難しい)+ボブ(難しい)+レイヤーカット(難しい)というもう失敗率99%を超えて99.999999%ですわな。

 

でも不思議なことに色々なネット情報や雑誌には「自分でできるレイヤーボブカット」みたいな感じで載っているんですわな。

 

もう何を言っているの?本気で言ってるの?

 

頭大丈夫?となりますわな。

 

何をもって出来るというのは、一体何を流行らせたいのかわかりませんが、間違いなくプロでもやりませんからね。

 

プロが出来ないのにズブの素人が出来るわけないですわな。

 

絶対にやめてくださいね。

セルフカットボブで梳くのはやめろ!

セルフカットボブが難しいとわかったのにそれでもする人はいます。

別にそういう人を止めることはしませんが、1つだけ注意点があります。

 

それは梳かないでください。

 

セルフカットボブで髪の毛を梳くと必ず悲惨なことがおきます。

 

なぜセルフカットボブで髪の毛を梳くといけないのか、その理由はすごく簡単です。

 

それは、髪型ヘアースタイルがガタガタになるからですわな。

 

あなたはセルフカットボブが成功してなにを思いますか?

 

ちょっと髪の毛の量が多くて重いなと思いますか?

 

別にそれを思うのは自由ですが、重いからと言って髪の毛全体を均一に梳くことができますか?

 

そんな技術あるわけありまえんわな。

 

おそらくセルフカットボブだけで結構ガタガタになっていると思います。

 

そこに梳きなんていれたらガタガタ祭りの開始ですわな。

 

おそらく取り返しのつかないことになると思いますわな。

 

セルフカットボブをするのは自由ですが、梳くということはやめてください。

 

あなたのために言っているのですよ。

スポンサードリンク

最後に

どうだったでしょうか。

 

セルフカットボブのこと少しはわかってくれたでしょうか。

 

というかセルフカットボブのおろかさがわかってくれたでしょうか?

 

セルフカットは結構どんな情報でも簡単に出来ると書いてある場合が多いです。

 

しかし、絶対的に簡単ではありません。

 

簡単ではないですしコツなんてものもないと思ってくれていいと思いますわな。

 

セルフカットはすべてが自己責任ですわな。

 

自分でどこまでやるかしっかり見極めてしてください。

 

以上、セルフカットボブでカチューシャやレイヤー(段)とすくのはやめろ!の情報でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしろ!

スポンサードリンク