猫っ毛は栄養補給やハリコシを出せ!束感や外ハネもアリだ!

コンプレックス




どうも。いもづるです。

今回は猫っ毛のことや、栄養補給、ハリやコシ、束感や外ハネなどについてみて行きたいと思います。

 

あなたの髪質はどんな髪質ですか?

 

髪質にも色々な種類がありますよね。

 

剛毛の人、薄毛の人、ストレートな髪の人、くせ毛の人、天パの人。

 

人によって同じ髪型はないと思っていいとは思いますが、多かれ少なかれ髪質というのはその人の悩みの1つでもあります。

 

くせ毛の人はまっすぐサラサラの髪質に憧れますし、サラサラの人はちょっとくせ毛のある髪質に憧れます。

 

いわゆる無いものねだりというわけですね。

 

でも、髪質は生まれもったもので、それが別の髪質に変わることはまず間違いなくありません。

 

それは仕方のないことです。

 

しかし、なにかの影響で髪質が悪くなったり、別の髪質に変化してしまうことはあります。

 

いい意味で変化してしまうのならいいのですが、大抵元の髪質から変化するときは何かしらの悪影響があって変化してしまいます。

 

そんな髪質で今回は猫っ毛について詳しく見ていきたいと思います。

 

猫っ毛といえば柔らかい髪質で有名ですが、一体この猫っ毛を改善する方法はあるのか、また何が原因で猫っ毛になるのか今回はそこをピックアップして見ていきたいと思います。

 

では、早速いってみましょう。

スポンサードリンク

猫っ毛にはまず栄養補給だ!

出典https://www.youtube.com

猫っ毛って周りから見るとものすごく髪質が柔らかくて羨ましく思われる髪質の1つだと思います。

 

しかし、当の本人はそんなこと微塵も思っていないと思います。

 

髪の毛を立てたくても立たない。

 

ワックスを使ってもへにょへにょの髪型。

 

いいことなんてないと思っている人も大勢います。

 

そんな猫っ毛の人に言いたいのがまずは栄養補給をしましょうということです。

 

髪にしっかりと栄養補給をしてあげて元気な髪質にしてあげれば髪にハリやコシが出てきます。

 

でも、栄養補給と言ってもどんなことをすればいいのでしょうか。

 

髪に栄養を与えるというとなんとなく最初に思い浮かぶのがトリートメントだと思います。

 

しかし、それは間違いです。

 

基本的に今あなたの頭に生えている髪の毛を修復したら、その髪の毛に栄養を与えることは出来ません。

 

髪の毛というのは伸びてきた先からダメージを負います。

 

そしてそのダメージは基本的に回復することは出来ません。

 

つまり最初の髪の毛の調子が一番重要になるということです。

 

その最初の髪の毛の健康具合を決めるのが頭皮です。

 

そう、つまり栄養補給は髪の毛にするのではなく、頭皮にするということを覚えておいてください。

 

では、頭皮の栄養補給は具体的にどうするのかと言うと、まずはマッサージです。

 

頭皮をマッサージして結構をよくしてあげていい環境を整えてください。

 

次に睡眠です。

 

あなた自身がしっかり睡眠を取ることで頭皮に十分な栄養が行き渡ります。

 

最後に髪の毛の成長にはタンパク質、ビタミン、亜鉛などの栄養素が不可欠ですので、これらの栄養素をしっかりと摂取してあげてください。

 

そうすれば頭皮にしっかりとした栄養が行き渡ります。

スポンサードリンク

猫っ毛にはとにかくハリ・コシを出せ!

猫っ毛ってなぜあんなに柔らかいのでしょうか。

 

その原因として一番あるのが髪の毛自体が細いからです。

 

髪の毛が細いからハリやコシがなくへにゃんとした髪型になってしまうのです。

 

猫っ毛の人はとにかく髪の毛にハリやコシを出すことを意識しましょう。

 

では、具体的に方法を見ていきましょう。

 

まず、絶対的にあるのが上記で話した栄養補給をしてあげるということです。

 

頭皮にしっかりとした栄養が行き渡ればそれだけで髪は太くたくましく生えてきます。

 

次に大事なのがシャンプー選びです。

 

シャンプーは毎日使うものです。

 

そのシャンプーがもし髪の毛にダメージを与えるものだとそれはもう最悪です。

 

しかしながら現代のシャンプーはかなり品質のいいものが多いですからシャンプーで髪の毛を傷つけるということは少ないと思います。

 

ですが、自分の髪と合う合わないはもちろんあります。

 

それらをしっかり判断したうえでシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

また、普通のシャンプーでは洗浄力が強すぎる場合というのがあります。

 

そういった場合は石鹸シャンプーがおすすめです。

 

石鹸シャンプーは、洗浄力はシャンプーほどはありませんが、髪に優しいシャンプーになっています。

 

実際に使って髪が太くなったという人もいます。

 

しかし、石鹸シャンプーはゴワゴワしたり、石鹸のにおいがしたり、石鹸カスが残ったりと使いにくい部分もあると思います。

 

そこは実際に使って個人の判断でいくしかないとは思います。

 

そして、最後に髪へのダメージです。

 

髪は毛は毎日の生活で常にダメージを受けています。

 

それらのダメージをなくすことはほぼ不可能です。

 

しかし、ダメージを減らすことはもちろんできます。

 

トリートメントをする、自然乾燥ではなく、しっかりとドライヤーを使って髪の毛を乾かすなど当たり前のことを普通にしていればダメージを常に減らすことが出来ます。

 

当たり前のことを当たり前にしていれば問題はないと思います。

スポンサードリンク

猫っ毛には束感も重要だ!

猫っ毛の髪型の人は束感もものすごく大事な要素になってきます。

束感とは字の通りですが、束のことです。

 

つまり簡単にいうと1本1本が細く柔らかいのであればまとめてしまえばいいという法則です。

 

この束感をうまく出すには髪型、ヘアースタイルがとても重要になってきます。

 

ただ普通のヘアースタイルをしていても束感は生まれてきません。

 

特にパーマなんかを当てるととてもいい雰囲気になります。

 

パーマはフワッとすることも可能ですし、同時に束感も出すことができる猫っ毛にはおすすめの髪型になります。

 

また、ストレートのロングよりはボブ系のほうがいい場合があります。

 

これは猫っ毛は髪の毛自体が細いのであまりすきすぎると全体のボリュームがなくなってしまいます。

 

かといってある程度はすかないと頭が重くなってしまいます。

 

ストレートのロングであまりすかないとかなり思いイメージになってしまいますよね。

 

ですから髪の毛自体をボブ程度の短さにすることによってあまりすかなくても重くならないようにします。

 

これで猫っ毛でも大人の雰囲気を出すことができます。

スポンサードリンク

猫っ毛に外ハネはアリか?アリだ!

髪の毛がハネていたらあなたは気になりますか?

気になる人はたくさんいるかと思いますが、このハネが猫っ毛にはかなり重要になってきます。

 

もちろん意図しない寝癖のようなハネではなくて自分で計算したハネであることが前提です。

 

このハネをうまく利用することで猫っ毛の柔らかい髪の毛を十二分に活かすことが出来ます。

 

ハネをわざと作るようなパーマをかけてもいいと思います。

 

これならわざわざ自分でいちいちハネを作らなくてもいいですからね。

最後に

どうだったでしょうか。

 

猫っ毛のことすこしはわかってくれたでしょうか?

 

猫っ毛の人は周りから羨ましがられることも多々あります。

 

しかし、周りが思っている以上に色々な悩みを抱えています。

 

そんな悩みを少しでも解決できたでしょうか?

 

猫っ毛はヘアースタイル1つでとても魅力的な雰囲気にさせてくれます。

 

行きつけの美容師でしっかり相談をしてヘアースタイルを決めていきましょう。

 

管理人のおすすめはやはりパーマスタイルです。

 

もしまだ挑戦したことがないという人はぜひ挑戦してみてくださいね。

 

気に入ること間違いなしだと思います。

 

以上、猫っ毛は栄養補給やハリコシを出せ!束感や外ハネもアリだ!の情報でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしろ!

スポンサードリンク