軟毛のセットや短髪で崩れる時の対処法!まず学べ!

種類




どうも。いもづるです。

今回は軟毛の人のセットや短髪と髪型が崩れる場合の対処法についてなどを見て行きたいと思います。

 

あなたの髪質は柔らかい軟毛ですか?

 

それともガチガチの剛毛ですか?

 

もちろんこの中間ぐらいの髪質の人もたくさんいるかと思います。

 

剛毛で頭を悩ましているあなたは軟毛の人人が羨ましいですか?

 

風に吹かれて揺れる髪型が羨ましいですか?

 

そんなこと思っていたら軟毛の人に怒られますよ?

 

軟毛の人にかって剛毛の人並に悩みはあるものです。

 

剛毛の人からするとなんて贅沢な悩みと思うかも知れませんが髪質の悩みというのは人それぞれです。

 

自分の髪質とうまく付き合って、うまく手なづけていかなければいけません。

 

自分の髪質に悩んでいる人というのはまだまだうまく付き合えていない証拠でもあります。

 

今回はそんな軟毛という髪質で悩んでいる人にスポットライトを当てていこうと思います。

 

軟毛はしっかりとその付き合い方を知ればとてもいい髪質だと思います。

 

もちろんそれは剛毛の人にも言えることですが。

 

この軟毛の一体なにがよくないのかまた、うまく付き合っていけばいいのか、髪型が崩れるときはどうしたらいいのか。今回はそこをピックアップして見ていきたいと思います。

 

では、早速いってみましょう。

スポンサードリンク

軟毛のセットは難かしく考えるな!

軟毛の人は髪の毛のセットを難しく考えてはいませんか?

出典https://www.youtube.com

髪の毛はセットしないよりもセットしたほうが100倍マシに見えます。

 

女性が化粧するのとしなのとでは見た目が全然違うのと一緒です。

 

しかし、このセットは難しく考えすぎていては元も子もありません。

 

例えばクネクネのくせ毛の人が真っ直ぐストレートな髪型にセットしようと思って出来ると思いますか?

 

普通のセットでは出来るわけありませんよね。

 

ストレートパーマなどをかければ話は別ですが、ドライヤーやワックスを使っただけではそんなヘアースタイルはほぼ100%不可能になってきます。

 

そんなことわかってるよと思っている軟毛のあなた。

 

あなたも同じようなことしていませんか?

 

人それぞれ髪質は違っています。

 

つまり髪質に1つ1つに似合うセットの方法と似合わないセットの方法があるのです。

 

軟毛なのに髪の毛を立たせてセットしたいと思ってもそれは難しいのです。

 

難しいことをしようとするからうまくいかないのです。

 

それはくせ毛の人がストレートヘアーにセットしようと思うのと同じことです。

 

軟毛には軟毛の似合うセットの方法がいくらでもあります。

 

出来ることと出来ないことをしっかりと把握することが大事です。

 

自分の髪質ではこういうセットは無理だと諦めることから始めましょう。

 

そうすればおのずとセットに対する考え方はシンプルになってくると思います。

 

このシンプルな考え方こそがとても大事なのです。

 

髪の毛のセットを難しく考えてもいいことなんて1つもありませんよ。

スポンサードリンク

軟毛だから短髪にしたらいいものでもない!

軟毛の人がよくいうのが、軟毛で悩んでいる、髪の毛を立たせたいなら短髪にすればいいということです。

でもねその考えはかなり危険です。

 

なぜ危険なのか。

 

もちろん軟毛にも色々な種類があります。

 

しかし、軟毛のだいたいの共通点が髪の毛が細いということです。

 

髪の毛が細いからコシやハリがあまりなく髪の毛が柔らかくなってしまいます。

 

剛毛の人なんか髪の毛が皮膚に刺さるほど太くて硬い人もいます。

 

髪の毛が細い人が短髪にするとどうなると思いますか?

 

短髪にするということは髪の毛の量が減ります。

 

もちろん物理的に減るというわけではなくて、カットの方法(すきバサミですくなど)でボリュームダウンするということです。

 

そんな中、髪の毛1本1本が細いとどうなるのか、そう薄毛に見られてしまうというわけです。

 

決して薄毛ではないんですよ。

 

あなたの髪質がそう見せさせてしまうのです。

 

せっかくきれいに髪を切ったのにハゲて見られたらたまったもんじゃありませんよね。

 

じゃあ軟毛はショートカットに出来ないのかと言われれば決してそうではありません。

 

軟毛の人がショートカットにしたいないらすくというカット方法を極力減らしてもらうのが1番です。

 

もちろんこれはカットする前に美容師さんに相談するのが一番いいと思います。

 

髪の毛の量が多い人と少ない人のカット方法が違うように、髪質でもカット方法をしっかり変えてもらってください。

 

しかし美容師さんは言わないとわかりません。

 

言わないと普段通りカットしてしまうのでカット終了後に悲惨な目にあいます。

 

自分の髪質を一番知っているのは自分です。

 

カットする前にしっかりと美容師と打ち合わせしてください。

スポンサードリンク

軟毛でのセットが毎日崩れる!?対処法はコレ!

軟毛の人がセットをしても毎日崩れて大変だという話を聞きます。

確かに軟毛の人は髪質が柔らかいですからワックスなどで固めても、その重みなどで髪型が崩れてしまいます。

 

また、少しの風でもかなり影響されて簡単に髪型が崩れてしまいます。

 

これが毎日続くのですからたまったもんじゃないと思います。

 

しかし、もちろん対処法はあります。

 

それはワックスの選び方です。

 

ワックス選びの第一条件として、キープ力の強いハード系ワックスを選んでください。

 

これだけでもかなり改善されると思います。

 

また、伸びの良いタイプのワックスは軟毛には不向きです。

 

そしてジェルなどもおすすめしません。

 

ジェルはワックスと違って水分を多く含んでいます。

 

この水分が重りとなり髪の毛をぺたんこにしてしまいます。

 

軟毛にジェルは相性が悪すぎます。

 

セットの方法ですが、いきなりワックスをつけるようなことはやめてください。

 

まず髪の毛を濡らし、タオルである程度水分を飛ばしたら必ずドライヤーで根本を持ち上げて風を当ててください。

 

こうすることにより髪の毛全体にボリュームが出てきます。

 

また、ドライヤーで乾かしたことにより髪の毛がキープされセットが崩れにくくなります。

 

これが出来ればあとはワックスをつけるだけです。

 

ここでも1つ注意ですが、ワックスを手のひら全体に伸ばして薄く付ける感覚で髪の毛につけてください。

 

間違ってもたっぷりつけるようなことはしないでくださいね。

 

ワックスは薄く伸ばすのが基本です。

 

まさにこのワックスが最高だ!

軟毛のセットで上手くいくコツはまず基本を学べ!

何事も基本は大事になってきます。

それは髪の毛のセットでも同じことが言えます。

 

では、軟毛のセットの基本とは一体何なのかと言いますと、それはズバリドライヤーです。

 

ドライヤーでしっかりと髪型の基礎を作ってあげることが大事になってきます。

 

このドライヤーでの型造りが髪の毛のセットの8割を占めていると言っても過言ではありません。

 

方法としては、しっかりと髪の毛を濡らして、タオルである程度の水分を拭き取ります。

 

そしてドライヤーで乾かしていくのですが、このとき大体の水分がなくなるまでは普通に乾かしてください。

 

そして、根本にしっかり熱を与えながら指で立たせます。

 

ある程度温まったら髪の毛を立たせながらキープさせます。

 

髪の毛というのは冷めるときに形を覚えます。

 

あとは全体にこれを繰り返し行っていくだけです。

スポンサードリンク

最後に

どうだったでしょうか。

 

軟毛のあなた少しは悩み解決できましたか?

 

他にも色々な悩みがあるかもしれませんが、セットの方法の悩みとしてはこの方法を行っていれば解決できるかと思います。

 

そんな難しいことではないので毎日のお風呂上がりのドライヤーで練習すればいいかと思います。

 

軟毛の人の悩みが少しでも軽減されればなと思います。

 

以上、軟毛のセットや短髪で崩れる時の対処法!まず学べ!の情報でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしろ!

スポンサードリンク