どもっ!いもづるです。

クセ毛の人がスタイリング(セット)

や朝の忙しい時に髪型が決まらなけれ

ば、ほんとストレスがたまりイライラ

しますよね。

 

 

広がったり、うねったり、ぺたんこに

なったりと数えればきりがないのです

が、実はクセ毛のスタイリングってス

トレートな直毛よりもセットがしやす

い場合もあるんですな。

 

「絶対うそ!」とぼやかれそうな勢い

ですが、今回はなぜクセ毛の方がスタ

イリングしやすいのか?と言う事とタ

メになる朝の手っ取り早いセット方法

を検証していきたいと思いますな。

 

それでは今回も早速行ってみよう。

スポンサードリンク

クセ毛の方が直毛よりもスタイリングしやすい!?

基本的に髪の毛は、ウエット(濡れて

いる時)よりもドライ(乾いている時

)の方がその人が持っている本来のク

セが出て立ち上がり、ボリュームが出

たり、逆にうねりが出たりするんだな。

 

つまり、髪はお風呂上りの濡れた状態

から自然乾燥で乾いていく段階でその

人のクセが出たり、直毛の人はそのま

まぺたんこの状態になりそのまま髪型

として定着するんですな。

 

したがって、濡れている段階から乾い

ていく段階までの過程が一番髪型を作

る上では重要なポイントとなるわけだ

な。

 

では、クセ毛よりも直毛の方がセット

をしやすい点はどう言うことなのか?

と言った事を見て行きたいと思うんだ

な。

 

何度も言いますが、髪の毛は乾ききる

過程でスタイルが決まってしまいます

から、必ずドライヤーで乾かしていく

と言うことが大前提になってくるんだ

な。

 

全く乾かしもしないで自然乾燥をしてし

まうと上記でもありましたが、クセが出

た状態になり、そのまま髪型として完成

してしまうからです。

 

ただ、ちゃんと濡れている状態から

すぐにドライヤーで乾かしてあげる

と、意外にもストレートな直毛より

もある程度のクセ毛の方がセットし

やすいです。

gahag-0043149067-1

直毛の場合は、どんなに頑張っても

元々クセがなくボリュームが出ずら

い髪質であるためかなり根元から髪

を立ち上げ、ブローをする必要があ

るんだな。

 

そうしないとボリュームがなく、ぺ

ちゃんこの髪型になり何かしらそっ

けないスタイルになってしまうから

ですな。

 

逆にクセ毛であれば、元々ボリューム

が出やすい髪質であるため、そんなに

根元を起こす作業が必要なくほとんど

毛先の処理だけの作業になるため、比

較的直毛の作業に比べて楽です。

 

ブラシを使ってブローが出来ない人でも

、後ろから前にむかって根元から毛先ま

でしっかり手を通してあげてドライヤー

を当てることによってツヤが出てきて

ハンドブローだけでも十分な出来にな

るんだな。

 

⇒くせ毛美容師VAN(Cocoon)の評判や経歴と技術がヤバい!?

しかも、クセ毛の毛先はハネたり

うねったりしますからそれがまた

内巻きにしたり、毛先に動き(巻

き髪みたいな)が付きやすくなる

原因にもなってくれるんだな。

 

まとめると、

直毛は髪にクセがなく動きもない

ことからボリュームも出にくい髪

質なため、内巻きにしたり巻き髪

にしたりするのがかなり手間とテ

クニックが必要になってくる。

 

逆にクセ毛は、既にクセがあり毛先

に動きが最初からあるので、ボリュ

ームも出やすいですし、綺麗に内巻

きになりやすいですな。

 

アップスタイルでパーティーヘアや

和装の夜会巻きなんかはすべてカー

ラーでクセ付けをしてからアップに

したりしますよね?

 

これはすべて、直毛のまっすぐな

毛先よりもカーブしている毛先の

方がセットしやすいからなんだな。

 

クセ毛のスタイリングもこれと全く

同じ原理で、毛先はまっすぐよりも

多少カーブしている方が全然やりや

すいし、楽なんですな。

 

お風呂上りにタオルドライをし、ア

ウトバストリートメント(洗い流さ

ないトリートメント)を付けて乾か

すと、より一層クセ毛のスタイリン

グが楽になり、ブロー時間や作業効

率が格段にアップするんだな。

スポンサードリンク

朝の爆発を手早くセットする方法

朝のセットはどの髪質でも共通する

ことですが、やはり時間がないもの

で手っ取り早く解決して欲しいもの

ですわな。

 

時にクセ毛の構造やハネを直すやり

方を知らなければ余計に時間ばかり

すぎて行きイライラの原因になりま

すな(^_^;)

 

なので、一番手っ取り早い方法は髪

の乾燥を防ぎ水分量の維持こそがク

セ毛で朝のセットが格段に改善され

る方法の一つだと私は思っています。

 

ただ、髪の毛に関して言えば色んな

意見もあるますから一概に絶対これ!

といかなくてもあくまで、管理人のや

り方として認識してもらえたら幸いで

すな。

 

クセ毛は特に水分量が不足していて、

そのために乾燥が普通の髪に比べて

数倍も早いのですな。

 

⇒くせ毛にブロー?前髪や内巻きできるわけねーよ!

この乾燥から守るためには、水分量

を維持する必要があり普段の私生活

であれば、お風呂上りや朝髪を濡ら

す人なんかがドライヤーを使うとき

にオーバードライ(乾かしすぎ)に

注意して乾かす必要があり、これが

水分量に大きくかかわってくる作業

なんです。

 

朝は何かしら寝グセがついてしまう

ものなので、出来るだけ一度濡らし

て水分量を補い、オーバードライに

気を付けて乾かしてもらうと、乾燥

を防ぎなおかつクセ毛でも綺麗なス

タイルが一日中キープできるんです。

 

ちなみにクセ毛の大事な乾かし方は↓↓

  • 乾かす時は根元から毛先に向かって手をいれ引っ張りながら乾かす
  • 引っ張ることでクセが伸び綺麗に動きがつく
  • オーバードライに気を付ける
  • 1か所に集中して乾かしすぎない
  • タオルドライはしっかりと行う

と言う事を意識してふだんの私生活

でも取り入れてみて下さいな。

 

なにも考えずにただ単にドライヤーを

当てているのとは格段に仕上がりに差

がでてきますからね。

 

ただ、濡らすのがどうしても抵抗が

ある人はアイロンでスルーし毛先を

内巻きにすれば簡単にセットできま

すが、毎日アイロンを使うとすれば、

髪に負担がかかりますのでほどほど

するのがいいですな。

 

ちなみに一番よく聞く悩みがこれだ

と思いますな。

私の髪型はミディアム(後ろは首が隠れる、

横はあごぐらい)で髪質は細い方でよく

友達からはサラサラだねーとか

言われます。

でも朝は決まってなぜか右側の

毛先が司法八歩にはねています。
(ばさーではなく、くるんくるんという感じです)

と言う状態の女子はかなり多いんで

はないでしょうか?

 

これも朝の寝グセがほとんどで、サ

ラサラヘアの人でもこんな状態にな

ってしまうわけですから、結局のと

ころ直毛の人でも朝は毛先がハネて

スタイリングに時間をかけていると

言うことになりますな(^_^;)

 

なので、いくらクセ毛であっても直

毛の人は直毛でこのような悩みを持

っているわけですから、あまり悲観

的になる必要はないと個人的には思

いますな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、クセ毛のスタイリングは直毛

よりも楽だったことに関して検証して

みました。

 

クセ毛の人がよく縮毛矯正なんかを

施術したりしますが、個人的にはあ

まりおススメしませんな。

 

なぜならば、今の時代の美容室は低

料金サロンが急激に増え明らかに安

すぎるお店もいっぱいあり、そのよ

うなお店はやはりスタイリストの質

や薬剤等がどうしても高単価サロン

と比べて安易な場合がありますから

な。

 

すべてがそのようなお店ばかりでは

ないのですが、やはり安いと言うこ

とは単純に経費をかけていないわけ

ですから縮毛矯正=ダメージと言う

認識になってしまい実際仕上がりを

見てみると、思っていたような仕上

がりにならなかったと言うことは日

常茶飯事に起きていますな(^_^;)

 

ですので、どうしても縮毛矯正をあ

てないと修習が効かないと言う髪質

であれば、いくら料金が高くてもち

ゃんと自分に向き合ってくれて、髪

に対する知識も高くダメージ改善も

徹底的にやってくれるお店を選ばれ

たほうがあとあとの事を考えると絶

対いいと思いますな。

 

そして、それに関してイイお店を見

つけたけど遠いからとか料金が高い

からとか、予約するのが面倒くさい

からとかと言う妥協は絶対にしない

ほうがいいですな。

 

結局、そういう妥協をしているから

いつまでたっても自分のコンプレッ

クスは改善出来ないんだな(^_^;)

 

なんでもそうですが、何かを解決し

たければ多少なりの努力は必要です

な。

 

その努力をした人だけが色んなものを

手にいれることができますし、コンプ

レックスも解消できるんだな。

 

なので、こんなものと言ってしまえ

ば努力の内には全然入らないと個人

的には思いますので、クセ毛を解決

出来る方法なんて探せばいくらでも

あると言うことですな。

 

なので、めげずにクセ毛の人は頑張っ

て下さいな。

 

それでは今回はこの辺にしておきます。

最後までご覧いただき本当にありがと

うございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!