髪質柔らかい奴はパーマをあてるな!すぐ取れる!逆だ逆!

どうも!いもづるです!

今回は髪質が柔らかい奴はパーマをあてるな!

と言う事を解説して行きたいと思います。

どう言う事かと言うと、髪質が柔らかい状態

でパーマをあてると直ぐにとれてしまうと言

う事です。

髪質柔らかいですか?

柔らかい髪質って触っていると気持ちいです

わな。

でも、柔らかい髪の毛を持っている人はそん

なこと、どうでもいいですわな。

柔らかい髪の毛の持ち主は絶対に思っている

はずです。

「髪の毛にボリュームがほしい。」

柔らかい髪質はワックスなどでボリュームを

出してあげてもすぐにへたってきてしまいま

す。

ぺったんこになってしまうということですわ

な。

一生懸命整髪料を毎日に毎日使ってセットし

ても、ひどい人だと午前中の間にぺったんこ

ですわな。

イライラしますわな。

それも周りからはサラサラでいい髪の毛、う

らやましいなどと言われ、こっちの悩みも知

らないで。

と、さらにイライラが溜まりますわな。

そんな、柔らかい髪質の持ち主は絶対に1度

は思ったことがあるはずです。

「ボリュームがほしいならパーマをあてれば

いいんだ。」

しかし、物事はそう簡単ではありません。

実際にパーマを当てた人どうですか?

最初は恐らく納得の仕上がりで満足したかと

思います。

しかし、日が経つにつれてどうですか?

あれ?あれ?

と、思いませんでしたか?

というわけでは、今回は、柔らかい髪質のパ

ーマについてスポットを当ててお話していこ

うと思います。

これからパーマをあてようと考えている人。

ちょっと待ってください。

この記事見てから行くかどうかの判断をして

みてください。

ではでは、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

髪質が柔らかい奴はパーマをあてるな!

もう、いきなりですが、そもそも髪質が柔ら

かい人はパーマを当てないで下さい。

出典https://www.youtube.com

いきなりきついことを言いましたが、怒らな

いで下さい。

まず、あなたがパーマをかける理由ってなん

ですか?

あのふんわりした感じがかわいい、くねくね

の髪の毛がかっこいいという理由でしょう。

ふんわりがかわいい、つまりボリュームが出

るということです。

喉から手が出るほどボリュームを欲している

、柔らかい髪の毛の人にはもってこいの施術

だと思われます。

しかし、このパーマですが、もちろん日が経

つにつれてとれていってしまいます。

それは、髪質が柔らかくても硬くても関係あ

りません。

問題なのはとれてしまうまでの期間です。

硬い髪質の人はパーマがとれるまでの時間は

長いです。

しかし、柔らかい髪質の人はすぐにとれてし

まいます。

びっくりするほどの期間でとれてしまう人も

います。

なぜなのか、それは柔らかい髪質の性質にあ

ります。

簡単にいうと硬い髪質は、針金。

柔らかい髪質は、毛糸。

ちょっと例えが極端ですが、針金の方が曲げ

たときその形を維持し続けますわな。

髪の毛も一緒です。

柔らかい髪質の髪の毛は、最初こそはしっか

りとパーマがかかりますが、すぐにとれてし

まいます。

とれたらまたあてれないいやと、思っている

人もいますが、パーマはあてればあてるほど

髪の毛にダメージがはいります。

さらにお金もその都度かかりますから経済的

ではないですわな。

決してパーマを絶対にあててはいけないわけ

ではないですが、もったいないです。

お金に余裕があって髪の毛のダメージを気に

しない人なら別に構いませんが。

スポンサードリンク

髪質が柔らかい奴は逆の発想でボリュームを出せ!乾かし方を極めろ

では、一体髪の毛が柔らかい人はどうしたら

いいのか、どうやってボリュームを出してい

けば良いのか。

答えは簡単です。

それは、パーマではなく、ブローです。

ブロー、つまり髪の毛を乾かすことです。

では、どうやってブローでボリュームを出す

のか。

⇒オーガニックパーマは持ちがいいのか?デメリットやデジパーとの違いは?

まず1番大事なのが、根本から乾かすことで

す。

クシなどを使うとより簡単にできますが、基

本は根本から髪の毛を立ち上げるようにして

ブローをします。

さらに、温風でブローしたあと、冷風で同じ

箇所をブローします。

こうすることによって、立ち上がった根本が

固定されて、ふんわり感が出て、持続されま

す。

髪の毛は温められてから冷える時に形を記憶

します。

温めたらしっかりと冷やしましょう。

もし、うまく出来ないということがあったら

、下を向いてブローすることをおすすめしま

す。

やはり、頭のてっぺんや、後頭部は鏡を見な

がらでもなかなか難しいです。

しかし、下を向けば嫌でも髪の毛は立ち上が

ります。

うまく出来ないという人は、下を向いてブロ

ーをするということを1度お試しください。

ブローの注意点としては、髪の毛にドライヤ

ーを近づけすぎないでください。

また1箇所に集中してかけるのもダメです。

どちらもダメージの原因になってしまいます

からね。

⇒うねる髪の毛にはあえてパーマをあてろ!ストレートパーマはNG!

髪質が柔らかい奴はほとんどの施術ですぐ取れる

よく髪質が柔らかい人はほとんどの施術、ど

んなパーマ方法でも基本的にすぐとれてしま

うと思って下さい。

パーマには色々な種類があります。

しかし、基本的には2種類に分けられます。

ダメージは少ないが、パーマの持続力、パー

マ力が少ない水パーマ。

ダメージは大きいが、パーマの持続力、パー

マ力が強いホットパーマ。

があります。

よくネットでは、

「髪質が柔らかい人におすすめホットパーマ

「簡単にとれないデジタルパーマ」

などの言葉が並んでいるものがあります。

しかし、髪質が柔らかい人には正直どれも変

わりません。

結構酷なこと言いますが、水パーマだろうが

ホットパーマだろうが持続力はないです。

そりゃ水パーマよりホットパーマの方が多少

なり持続力はあるかもしれません。

しかし、他の髪質と比べるとその持続力は歴

然です。

わざわざ高いお金を払い、髪の毛にダメージ

まで与えてパーマをあてたのに、持続力がな

くてすぐとれる。

悲しいですわな。

そんなにパーマに種類はありませんが、どの

施術でも一緒と思っていて下さい。

スポンサードリンク

髪質が柔らかい奴は硬い奴ほどメリットがあると認識しよう

髪の毛が硬い人は、柔らかい人を羨みます。

髪の毛が柔らかい人は、硬い人を羨みます。

ないものねだり、隣の芝はよく見えるという

わけですわな。

どちらの髪質にもメリットデメリットはあり

ます。

特にボリュームや、クセ付けのし易さの点で

言えば明らかに硬い髪の方がいいです。

しかし、硬い髪の毛は寝癖がつきやすい、1

度ついてしまったクセがなかなかとれない。

帽子などで潰れてしまった髪の毛も元に戻ら

ないなど扱いにくい点も多々あります。

どちらの髪質がいいのかと言われれば、こち

らがいいという答えは出てきません。

あなた次第です。

どの髪質がいいかなんて誰にもわかりません

し、誰にも決められません。

なにかいい部分があれが絶対にダメな部分も

あるのが髪質です。

いいも悪いも決めるのはあなた次第というこ

とですわな。

生まれ持ったその髪質、しっかり自分の思い

通りにいくように、特徴を覚え、扱い方を覚

え、納得のいくスタイリングが出来るように

していきたいですわな。

きっと柔らかい髪質のあなたが硬い髪質を手

に入れた所で別の悩みが出てくるだけです。

人の髪質を羨む前にあなたの髪質の事を考え

てあげてくださいね。

⇒顔周りの髪の毛がくせ毛の奴!原因や対処法を見ろ!

最後に

どうだったでしょうか?

柔らかい髪質にパーマの施術は無駄だという

ことがわかりましたか?

無駄ではないですけど、思うような結果は間

違いなく出ませんわな。

しかし、ブローという方法があるように、対

策が全くないわけではありません。

ふんわりとボリュームを出して、なおかつ長

持ちさせる方法はいくらでもあるんです。

安直な考えでパーマに逃げてはいけません。

しっかりと自分の技術を使ってふんわりした

ヘアースタイルを確立していきましょう。

技術を会得するには練習あるのみです。

幸いブローは毎日練習ができます。

ワックスなどの整髪料を使うわけではないの

でお金もそんなにかかりません。

電気代ぐらいです。

毎日しっかりと練習して、自分だけのふわふ

わヘアースタイルを習得しましょう。

最後までご覧いただき本当にありがとうござ

いました。

その他の関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする