髪の毛自然乾燥がメリットだと?バカか!痛むしデメリットしかない!

どうも。いもづるです。

今回は髪の毛の自然乾燥やメリット、痛むデメリットについてなどみて行きたいと思います。

あなたは普段髪の毛をどうやって乾かしていますか?

髪の毛の長い人も短い人もちゃんとドライヤーで乾かしていますよね?

髪の毛をドライヤーで乾かさない人なんているのでしょうか?

髪の毛をドライヤーで乾かさくてもいいのはスキンヘッドだけだと管理人は思っています。

まさか髪の毛があるのにドライヤーを使わずに自然乾燥で乾かしているなんてないですよね。

もしそんな人がいたらバカですかと言ってあげたいものです。

髪の毛を自然乾燥するなんてデメリットしかありません。

メリットなんて微塵もありません。

むしろ自然乾燥をする人の思考がわからないとまで言えます。

では、自然乾燥の一体なにがよくないのか今回はそこをピックアップして見ていきたいと思います。

では、早速いってみましょう。

スポンサードリンク

髪の毛の自然乾燥にメリットがあるだと?バカか!

髪の毛を自然乾燥するあなたに聞いてみたいのですが、自然乾燥をするメリットってなんですか?

流石にタオルで拭かないというわけではないと思いますが、タオルで吹いてから放置ですよね?

メリットってどんなことを感じているのですか?

管理人が思うに髪の毛を自然乾燥させるメリットは2つしかないと思います。

  • 電気代の節約

  • 時間の節約

あってこの2点かなと思います。

まず、電気代の節約ですが、ドライヤーを使って髪の毛を乾かすのに大体長くても10分ぐらいだと思います。

その10分でかかる電気代なんて数円の問題です。

この数円がもったいないと思いますか?毎日使っても月100円もいかないと思いますよ。

それぐらいの電気代をケチるなら毎日買うジュース1本を我慢しなさいよという感じです。

それなのに頑なにドライヤーを使わない人の気が知れません。

次に時間の節約という言い訳があります。

でもね、髪の毛を乾かす時間なんて10分程度でしょ?

この10分がもったいない?あなたは何を言っているのですか?

髪の毛を乾かすことよりユーチューブの動画1本見るほうが大事なんですか?

ユーチューブの動画見ている方がよっぽど無駄な時間だと思いますよ。

東大受験のために髪の毛を乾かす10分を勉強にあてたいと言うのであれば止めはしません。

でもそんな人いないでしょ?だったら大人しくドライヤー使って髪の毛を乾かしてください。

スポンサードリンク

髪の毛の自然乾燥はもはやデメリットしかない!

では、ここでドライヤーを使わずに自然乾燥を続けた場合どんなデメリットがあるのかを見ていこうと思います。

  • 髪が痛みやすくなる

髪の毛にはキューティクルという髪の毛を守る膜のようなものがあります。

このキューティクルは髪が濡れると開いた状態になります。

開いた状態のキューティクルは剥がれやすく、傷つきやすくなります。

このキューティクルが傷んでくると一気に髪の毛が傷んできます。

キレイな髪の毛というのはキューティクルもキレイで傷んでいません。

髪のが濡れている状態がキューティクルの開いている状態と考えると自然乾燥では長時間キューティクルが傷んでいる状態が続くとわかりますよね。

  • かゆみの原因になる

髪の毛が濡れているということは頭皮も濡れているということになります。

この頭皮が濡れているという状態が長く続くとなんと菌が繁殖します。

その菌が悪さをしてかゆみの原因になってきます。

頭で菌が繁殖していると思うと寒気がしませんか?

  • においやフケが出る

においやフケが出る原因としては、かゆみの原因と同じように菌が原因になってきます。

かゆみがでる、頭をかく、フケが落ちる、においが充満する。

もう最低最悪の不潔人間の出来上がりですよ。

ハラスメントの塊だと思っていいと思います。

  • 寝癖がつきやすくなる

まったく自然乾燥とは関係ないと思っているかも知れませんが、意外に関係しています。

髪の毛にはタンパク質の水素結合というものがあります。

どういうことかというと簡単に言えば、乾いたときに結合して髪の形が決まるということです。

つまり半乾きで寝てしまうと変な形で髪の毛が決まってしまうということです。

  • まくらなどが不衛生になる

髪の毛は乾いたと思っても頭皮が乾いていないときは多々あります。

つまり自然乾燥で乾いたと思っても頭皮が濡れている、湿っている状態になっているということです。

そのまままくらに頭を置くともう大変です。

まくらが濡れますよね?濡れたら菌が繁殖する可能性がありますよね?

まくらが不衛生になってしまいます。

これらのデメリットを見る以上髪の毛の自然乾燥なんていいことありません。

むしろなにを思ってメリットがあると思っているかが理解できません。

スポンサードリンク

逆にドライヤーを使えば痛むだと?その呪縛からさっさと抜け出せ!

頑なに自然乾燥を勧める人たちがよく言うのがドライヤーを使うと髪の毛が痛むという情報です。

なんですかその都市伝説はといいたくなりますが、そんなことは絶対にありません。

自然乾燥の方が100%髪の毛を痛めます。

しかしですよ、ドライヤーが髪の毛痛めさせないというのは嘘です。

ドライヤーの熱は髪の毛を少なからず痛めます。

でもそれはしょうがないことです。

もちろんドライヤーの使い方を間違えると痛み度も大きくなります。

間違っても長時間ドライヤーを髪の毛や頭皮に当てるようなことはやめてくださいね。

コツとしては、ドライヤーを常に動かしながら髪の毛を乾かすということです。

また、温風で乾かし終わった後に冷風で髪の毛全体を冷やすととてもいいですよ。

うどんを締めるとかそういうわけではありませんが、冷風を当てることでキューティクルがキュと引き締まり、ツヤのある髪の毛にしてくれます。

それさえ守ればドライヤーの熱で髪の毛が痛むことはほぼありません。

仮に傷ついたとしても自然乾燥の方が何倍も傷つく度合いは大きいです。

スポンサードリンク

髪の毛にドライヤー使わない派はほぼ将来ハゲるぞ!

さて、色々と自然乾燥のデメリットを話してきましたが、一番のデメリットと言えることそれはハゲるということです。

髪の毛の自然乾燥はドライヤーを使っている場合と比べて格段に将来ハゲやすくなります。

もちろん自然乾燥でもハゲない人、ドライヤーを使ってもハゲる人はいます。

それは遺伝とかありますから仕方ありませんが、割合でいけば確実に自然乾燥の人の方がハゲやすいです。

まず、髪の毛が濡れた状態だと頭は冷えます。

もちろん頭にも血管はありますし、発毛には、頭皮の血行が重要です。

したがって、血行が悪くなると薄毛の原因になる可能性があります。

また、菌の繁殖に繋がるという話もしましたが、菌が繁殖している頭、頭皮で元気よく髪の毛が育つと思いますか?

普通思いませんよね?つまりハゲに繋がります。

もし、将来ハゲても構わないというならばそのまま自然乾燥でどうぞ。

最後に

どうだったでしょうか。

髪の毛の自然乾燥がいかによくないかということがわかってくれたでしょうか?

自然乾燥をしている人は何を思ってドライヤーを使わないかはわかりません。

電気を止められているのならばそれは仕方ありませんが、そうでないなら絶対にドライヤーを使ってください。

自然乾燥でのメリットなんて何1つないと思っていてください。

髪の毛は自分の大切な1部です。

女性になんて髪の毛は命なんて比喩もされるぐらいです。

大事な髪の毛をしっかり守ってあげてくださいね。

以上、髪の毛自然乾燥がメリットだと?バカか!痛むしデメリットしかない!の情報でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしろ!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする