髪を柔らかくするオイルはコレを使え!方法やオススメはコレ!

椿油や馬油




どうも。いもづるです。

今回は髪の毛を柔らかくする方法について、柔らかくするに便利なオイルや方法、オススメな製品などについてみて行きたいと思います。

 

髪の毛を柔らかくする方向はいくつかありますが、そのオイルやオススメはなんなのか?

 

あなたの髪の毛は柔らかいですか?

 

髪の毛の柔らかさってかなり重要ですわな。

 

メンズなんかはそこまで髪の毛の硬さを気にすることはないかと思います。

 

だってショートヘアーな人が多いですからそこまで髪の毛の硬さを気にしなくても問題ないですわな。

 

まぁ髪の毛の長さが短くても長くても柔らかいのはいいことだと思いますけどね。

 

でも、女性は気にしないわけにはいきませんわな。

 

女性にとって髪の毛の柔らかさは色々と心配、気にしていかないといけないですわな。

 

なぜそこまで気にしていかないといけないのか、それは女性の髪の毛はすべてにおいて武器になるからです。

 

メンズというのはかなり単純な生き物です。

 

あなたとすれ違いざまに髪の毛がいい匂いだったらそれだけですれ違ったメンズにあなたの印象を植え付けます。

 

さらにもしあなたの髪の毛をメンズが触る機会があったときに、あなたの髪の毛がサラサラすべすべだったらもうあなたに釘付けになる可能性はめちゃくちゃ上がります。

 

つまり異性にモテるために重要な要素になるわけですわな。

 

もちろん髪の毛が柔らかく、サラサラだと同性からも羨ましがられます。

 

ということで、今回は髪の毛を柔らかくする方法などをちょっと触れていこうかと思います。

 

一体髪の毛を柔らかくするにはどうしたらいいのか、またオススメの商品や方法など今回はそこをピックアップして見ていきたいと思います。

 

では、早速いってみましょう。

スポンサードリンク

そもそも髪を柔らかくする方法などあるのか!?

では、まず髪の毛を柔らかくする方法は実際に存在するのでしょうか。

そもそも柔らかくする方法がなければどうしようもありませんわな。

 

もちろん髪の毛を柔らかくする方法はあります。

 

ないともうこの話題が終わってしまいますからね笑

 

柔らかくする方法はいくつかあるのですが、そもそも髪の毛が硬い原因てあなたは知っていますか?

 

原因を知らないと対策かってわかりませんわな。

 

髪の毛が硬くなる原因というのは、キューティクルの厚さが一番の原因になります。

 

このキューティクルというのは髪の毛を構成するものの1つですが、髪の毛の一番外側にあります。

 

日本語では毛小皮といいますが、皮というだけあってうろこのような感じになっていて、このうろこが硬いことで髪の毛は硬くなってしまいます。

 

キューティクルが硬い原因としては遺伝もあるのですが、外部ダメージや体調の悪さ、手入れを行っているなどの原因があります。

 

つまり髪の毛を柔らかくするには、自分の体の改善や外部ダメージを減らすこと、しっかり髪の毛をケアすることです。

 

当たり前のことを当たり前にすれば髪の毛はそこまで硬くなりません。

 

それらを行ってもまだ硬い場合はシャンプーやオイルなどのヘアケア剤を使うことでキューティクルが削れたりキューティクルを柔らかくしたりして髪の毛を柔らかくすることが出来ます。

 

ちゃんと髪の毛を柔らかくする方法はありますわな。

スポンサードリンク

髪を柔らかくするオイルはコレを使え!

さて、髪の毛を柔らかくする方法はわかりましたが、どんなヘアケア製品がオススメなんでしょうか。

管理人のオススメはオイルなのですが、オイルの中でもモロッカンオイル オイルトリートメント100ml(洗い流さないヘアトリートメント)を強くオススメします。

 

なぜこのオイルがオススメなのか。

 

まず価格がかなりリーズナブルということです。

 

やはり普段から使うのものですから価格というのはかなり大事な要素になってくると思います。

 

内容量は100ml入っていてコストパフォーマンスはすばらしいと思います。

 

このモロッカンオイル オイルトリートメント100ml(洗い流さないヘアトリートメント)は国内のたくさんあるサロンで取り扱っていますし、海外のセレブなんかも愛用している人がいるぐらい人気です。

 

洗い流さないので簡単に施工することが出来ます。

 

使用感はサラサラとした使用感でオイルのようなベタつきはありません。

 

オイルだとヌメヌメしたイメージで嫌がる人も多いですわな。

 

でも、このオイルはそんなことはありません。

 

また、匂いはバニラムスクの匂いで甘いエクゾチックな香りがします。

 

まるで南国のリゾート地にきた気分にさせてくれます。

 

匂いというのはとても大事ですわな。

 

自分の気分を盛り上げる効果ももちろんありますが、周りの人の気持ちも左右する大事な要素になります。

 

パッケージの見た目も明るい水色になっていてかなりおしゃれになっています。

 

これなら家の景観にうるさい人でも洗面台に置いてあっても違和感はないと思いますよ。

 

騙されたと思って使ってみろ!

↓ ↓

オイルは苦手と言う奴のオススメ方法はコレ!

モロッカンオイル オイルトリートメント100ml(洗い流さないヘアトリートメント)というオススメのオイルを紹介しましたが、やはりどうしてもオイルが苦手という人はいるかと思います。

こればっかりは人によりけりなので仕方ないと思います。

 

オイルが苦手な人はもう方法はないのかというとそういうわけではありません。

 

オイルが苦手で使えない人はシャンプーやトリートメント、髪の毛を保湿するようなヘアケア製品を使いましょう。

 

髪の毛って水に濡れると柔らかくなりますわな?

 

でも、髪の毛を乾かすとパサつきが出てきてしまうものです。

 

つまり髪の毛を柔らかくするには保湿が大事になってきます。

 

トリートメントには保湿する成分も含まれていますのでトリートメントをするだけでもそれなりに髪の毛を柔らかくする効果はあります。

 

また、シャンプーにも髪の毛を柔らかくする目的で開発されているシャンプーがあります。

 

そういう製品を使うことによって髪の毛を柔らかくさせます。

 

そして、髪の毛用の保湿剤というのが存在します。

 

顔にする保湿剤の髪の毛バージョンと考えてもらえばいいかと思います。

 

お風呂上がりにこの保湿剤を使って髪の毛を乾かすことで髪の毛が柔らかい状態を維持することができます。

髪を柔らかくしすぎるな!逆効果だぞ!

髪の毛を柔らかくすることは女性にとってとても大事だという話はしました。

もちろん男性にとっても大事ですが、正直髪の毛を柔らかくしすぎるのはいけません。

 

なぜ髪の毛を柔らかくしすぎるのがいけないのか。

 

うどんに例えるとわかりやすいですが、うどんがおいしいのはコシがあるからですよね?

 

茹ですぎると柔らかくなりすぎておいしくなくなりますわな?

 

コシが命と言うぐらいですからね。

 

髪の毛も一緒なんですわな。

 

コシが大事なんです。

 

柔らかくなりすぎるとコシやハリがなくなってしまいます。

 

そうなるとヘアースタイルはうまく決まらなくなりますし、見た目もへにょへにょになってしまいます。

 

何事もほどほどがいいというわけですわな。

 

柔らかくすることも大事ですが、しっかり自分でここまでというところを決めて、しっかり見極めてハリやコシも残しておきましょう。

スポンサードリンク

最後に

どうだったでしょうか。

 

髪の毛を柔らかくする方法など少しはわかってくれたでしょうか。

 

髪の毛を柔らかくするといいことがかなり多いです。

 

しかし、柔らかすぎると逆にあまりよくない状態になってしまいます。

 

なにごともほどほどがいいのですが、ぜひ髪の毛が硬くて嫌という人は色々と試してみればいいのではないかと思います。

 

以上、髪を柔らかくするオイルはコレを使え!方法やオススメはコレ!の情報でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしろ!

スポンサードリンク