ヘアマニキュアで赤やピンクと青などやめろ!アホ丸出しだぞ!

セルフカラー危険




どうも。いもづるです。

今回はヘアマニキュアの赤やピンク、青のことについて少し話していきたいと思います。

 

あなたはヘアマニキュアの赤やピンク、青などの色の髪の毛を染め上げていますか?

 

染め上げる目的としてはおしゃれや白髪隠しなどありますけどあなたはどうっちですかね?

 

女性の人なんかはおしゃれ目的で若い時から染め上げている人が多いかと思います。

 

では、その髪の毛どこで染め上げていますか?

 

普通は美容室で染め上げていると思いますわな。

 

自分で・・・なんてないですよね?

 

美容室で染め上げているという前提で話しますが、染め上げる方法って種類があるのをあなたは知っていますか?

 

いつも何気なく色だけを選んで染め上げていませんか?

 

ちょっと普通とは違うというわけではありませんが染め上げ方にも選択の余地があるということを覚えておくといいかもしれませんわな。

 

それしかないと思うのと他にも方法があると思うのでは心の持ちようが違いますからね。

 

さて、そんな染め方の話ですが今回はヘアマニキュアのお話を少ししていきたいと思います。

 

マネキュアと聞くと爪に塗るあれを思い浮かぶかもしれませんが、ヘアマニキュアも爪のマネキュアと似たようなものと考えても間違いではありません。

 

では、このヘアマニキュアとは一体なんなのか、またなにがよくないのか今回はそこをピックアップして見ていきたいと思います。

 

では、早速いってみましょう。

スポンサードリンク

ヘアマニキュアの色味で赤や青などやめろ!邪道すぎる!

そもそもあなたはヘアマニキュアという言葉を聞いたことがありますか?

マネキュアと言ったら塗るというイメージがあるかと思いますがそのイメージと思っていていいと思います。

 

髪の毛に塗るマネキュアというわけですわな。

 

普通に髪の毛を染め上げる場合は髪の毛の芯の方まで色を入れていきます。

 

だから時間がかかるというわけですわな。

 

またこの芯まで色を入れていくという工程で髪の毛にはダメージが入ってしまいます。

 

髪の毛のダメージがかなりあると染め上げることを断られる場合もありますわな。

 

ダメージというのはとても大事で溜まりすぎると取り返しのつかないことになりますよ。

 

そして、このヘアマニキュアというのは髪の毛に塗るというタイプの染め上げ方をします。

 

それにより髪の毛にダメージが入りにくいという特徴を持っています。

 

もちろん髪の毛を染め上げますからダメージはそれなりには入りますが、普通のよりは少ないというわけです。

 

もちろんこのヘアマニキュアにも色々な色が存在します。

 

普通のものよりかは少ないかも知れませんが十分すぎる種類はあります。

 

その中でも赤や青といった原色系の色もありますが、ヘアマニキュアでこの色を選択するのは絶対にやめましょう。

 

なぜやめたほうがいいのかというと良くないからです。

 

ヘアマニキュアはマネキュアのように髪の毛に塗るタイプだという話をしましたが、それゆえに染まり方が普通に染めるよりキレイに染まりません。

 

こればかりは仕方ないことですが、それにより黒髪がちらちらと見えてしまう場合があります。

 

赤や青の原色系の色がこの黒髪と混ざってかなりダサい感じになってしまいます。

 

やはり原色系で髪の毛を染め上げたいと思うならしっかり芯まで染めたほうがかなりキレイな色味になります。

 

どうしてもというなら止はしませんがヘアマニキュアで原色系は邪道と思っていたほうがいいかと思います。

 

また、キレイに染められたと思っても時間が経つと黒髪が目立ってくる場合がほとんどです。

 

パンダ以上にみっともない感じになってしまうことがありますのでやっぱりヘアマニキュアで赤や青はおすすめしません。

スポンサードリンク

ヘアマニキュアの色味でピンクはすぐに落ちる!

ヘアマニキュアでもキレイなピンクにしたい!と思う人は結構いると思います。

しかし、ヘアマニキュアのピンクはすぐ落ちるということを覚えておいてください。

 

というかまずヘアマニキュア自体が結構すぐ落ちてしまいます。

 

なぜすぐ落ちてしまうのかは簡単です。

 

ただ髪の毛の表面に塗っているだけだからです。

 

爪に塗るマネキュアかって塗るのは簡単だし、除光液などを使えばツルンと簡単に取れるじゃないですか。

 

それと同じように考えてもらえばわかりやすいかと思います。

 

まぁそれがヘアマニキュアの良いところであり悪いところでもあるんですけどね。

 

そして、この落ちやすいヘアマニキュアの中でもピンクという色味は特に落ちやすいです。

 

言ってしまうと今日ピンクのヘアマニキュアで色をつけて夜シャワーを浴びたらもう落ちてくるというレベルで落ちやすいです。

 

もともとピンクというのは濃い色ではありません。

 

ただでさえ落ちやすいヘアマニキュアで色が薄いピンクにするからすぐ落ちてきてしまうというわけですわな。

 

おしゃれな色味かもしれません。

 

毛先だけちょっとピンク色にして変化をつけようと思うかも知れませんがすぐに落ちてきてしまうということを頭に入れて施工してくださいね。

スポンサードリンク

ヘアマニキュアは基本カラーリングではない!そこを理解しろ!

ヘアマニキュアってカラーリングのイメージがありますか?

髪の毛の色を変えるからカラーリングでしょと思っているあなた、その考えを改めたほうがいいと思いますよ。

 

よくヘアマニキュアをする人で美容室に怒鳴り込む人がいます。

 

その内容としては「染めたのにすぐ色が落ちた」というのがほとんどです。

 

美容室ではヘアマニキュアはカラーリングという分類をしているところもあります。

 

しかし、ヘアマニキュアはカラーリングと思わないでください。

 

ヘアマニキュアは色をちょっと変えれるものぐらいと思っていてください。

 

決してカラーリングとは思わないでください。

 

そう考えればすぐに色が落ちてもしょうがないと思えると思いますし、ヘアマニキュアで髪の毛の色を変えるという選択肢はよっぽどのことがないと出てこないと思います。

 

ヘアマニキュアって下手をしたら2週間ほどで色が落ちてきてしまいますからね。

 

そうなるとかなり悲惨ですよ。

ヘアマニキュアの市販や泡など間違っても手を出すな!

髪の毛を染め上げる商品が市販品で出回っているのと一緒で、ヘアマニキュアも市販品がたくさん出回っています。

それも泡で簡単に染められるなんていうキャッチフレーズで出ているものもあります。

 

しかし、絶対に市販品のヘアマニキュアは手を出してはいけません。

 

その理由はすごく簡単です。

 

キレイに染め上げられないということもありますが一番はすぐに色が落ちてしまうということです。

 

ヘアマニキュアは美容室で染め上げたとしても簡単に色が落ちてしまいます。

 

これは仕方のないことですが、市販品のものはさらにはやくなります。

 

普通に考えればわかりますわな。

 

市販品とプロが使っているものではもちろんプロが使っている製品の方がいいものです。

 

さらにプロが仕上げるのですからムラなどもありません。

 

それでも落ちやすいのですから市販品で自分でやった場合どうなるかは目に見えています。

 

普通のカラーリングももちろん美容室でやってほしいですが、ヘアマニキュアは絶対に美容室でやってください。

 

もちろん美容室でやっても色が落ちるスピードははやいですよ。

スポンサードリンク

最後に

どうだったでしょうか。

 

ヘアマニキュアのこと少しはわかってくれたでしょうか。

 

ヘアマニキュアをカラーリングと思っている人は結構たくさんいます。

 

しかし、同じようにものと思ってしまうと後悔しか残りません。

 

もちろん髪の毛のダメージが深刻な人は選択肢に入れなければいけない方法ですが、それ以外の人は選択肢にはあまり入れないほうがいいかと思います。

 

これから髪の毛を染めようと思っているあなたしっかり考えてくださいね。

 

以上、ヘアマニキュアで赤やピンクと青などやめろ!アホ丸出しだぞ!の情報でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロールしろ!

スポンサードリンク