どうも!いもづるです!

今回は直毛で硬い髪型や髪質、決まらな

い男女の特徴などを見ていきたいと思い

ます。

 

毎日髪型決まってますか?

 

毎日の朝髪型をセットする人は多いと思

います。

 

髪の毛を濡らし、ドライヤーで乾かし、

整髪料を使ってセットする。

 

毎日の日課ですわな。

 

もちろんしっかりセットするのは休日だけ!

なんて人もいるでしょう。

 

でも毎日やっていても、今日はうまく出来

た!今日はなんか変・・・。失敗した・・・

 

と、日々変化するのはなぜなんでしょうか

ね?

 

自分では毎日同じようにスタイリングして

いるはずなんですがね。

 

やっぱりその原因は、髪は毎日同じ状態で

はないと言うことだと思います。

 

髪は毎日ダメージなどを受けています。

 

つまり髪の毛にも調子がいい悪いがあると

いう事です。

 

それに、毎日髪の毛は同じクセ、同じ方向

を向いているわけでもありません。

 

その状態を毎日把握して、その状態に合わ

せたスタイリングが出来るのはとてつもな

く難しい事だと思います。

 

恐らくプロでもなかなか難しいと思います。

 

そんな髪の毛のセットですが、クセなど以

外にもやはり髪の毛の質でスタイリングが

しやすい、しにくいがあると思います。

 

天然パーマなんか一番最初にスタイリング

しにくいと思い浮かぶ人がたくさんいるか

もしれませんが、意外にもそんなことはあ

りません。

 

パーマは元々スタイリングしやすい部類に

入ります。

 

それが天然でかかっているだけですから理

屈は一緒ですわな。

 

では、一体スタイリングしにくいのは何か

と言いますと、それは直毛です。

 

直毛はまっすぐの状態を維持しようとしま

す。

 

髪の毛に動きをつけたり、流したりという

スタイリングが難しくなってきます。

 

もちろん難しいというだけで、方法はあり

ます。

 

今回は、そんな直毛の髪型にスポットを当

ててお話していこうと思います。

 

では、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

直毛で硬い髪型が決まらない男女はこれをやれ!

直毛で髪の毛の質が硬い人っていますよ

ね?

出典https://www.youtube.com

頑張っても頑張ってもまっすぐに戻って

しまいますよね?

 

本当に嫌気がさしてきますよね?

 

特に男性にはこの直毛で髪の毛の質が硬

いという方多いと思います。

 

そんないつも苦しんでいる男女のあなた。

 

そんな時は一度自分の髪型を見直して見ま

しょう。

 

もしかしたらその髪型が直毛の髪の毛の質

に合っていなのかもしれませんよ?

 

じゃあどんな髪型にすればいいの!という

話ですが、まずは男性から。

 

まずサイドは思い切って短くしましょう。

 

しかし、後で詳しく書きますが2ブロックは

やめておきましょう。悲惨なことになります。

 

次に前髪を上げるということです。

 

今流行りのアップバンクスタイルですわな。

 

直毛で剛毛な髪の毛は絶対に立ち上がろうと

します。

 

立ち上がろうとする髪の毛を無理矢理おろす

のは難しいですし、逆にその性質を活かして、

下がらないなら上げてしまおうということで

すわな。

 

あと男女に言えることですが、パーマをかけ

る事もおすすめです。

 

いくら剛毛の直毛でもパーマをかければちゃ

んとクルクルになります。

 

髪の毛の形を変えてしまえということですわ

な。

 

パーマのスタイリングはとても簡単です。

 

もし、どうしても髪型が決まらない、毎日イ

ライラしていると思ったら髪型を考えてみて

下さい。

スポンサードリンク

直毛で硬い髪型は浮くのでツーブロックだけはするな!

髪型を変えてみようという話しをしました。

しかし直毛で髪の毛の質が硬い人が絶対にし

てはいけないカットがあります。

 

そう、それはツーブロックです。

 

なぜツーブロックをしてはいけないかですが。

 

⇒男の子のセルフカットにツーブロックは注意!アシメや正しい切り方はこれ!

まず、何度も言いますが直毛ってまっすぐを

維持する髪の毛の質と言いましたよね?

 

そんな髪の毛の質でサイドの1部分をカット

したらどうなると思いますか?

 

そうサイドの髪の毛がたってしまうのです。

 

基本的に髪の毛を抑える方法は2種類ありま

す。

 

それは髪の毛の長さで抑える方法と髪の毛

の重さで抑える方法です。

 

ツーブロックの場合髪の長さは短くなって

しまいますから長さで抑えるのは厳しくな

ってきます。

 

重さで抑えようにも、直毛で髪の毛の質が

硬い人はやはりその重さに勝ってしまい、

まっすぐになります。

 

そしてもみあげ付近はきれに髪の毛がなく

なっている、恐らくキノコのような形にな

ってしまうと思います。

 

これが直毛で髪の毛の質が硬い人がツーブ

ロックをしては絶対にしてはいけない理由

になります。

 

ツーブロックってかっこいいからやりたい

気持ちはわかりますが、キノコになること

を考えたらやらない方がいいと思います。

直毛で硬い髪質にはとにかくカットの頻度が重要!

直毛のあなたはどれぐらいの頻度でカット

に行ってますか?

直毛で髪の毛の質が硬い人は頻繁にカット

しに行った方がいいですよ。

 

⇒猫毛で剛毛硬いはプラスに思え!

なぜかと言いますと、髪の毛が段々と伸び

るにつれて髪の毛は外に外に向かっていき

ます。

 

それが直毛の特徴ですから仕方ありません

わな。

 

それを放おっておいたらどうなる思います?

 

いがぐりってわかります?

 

栗を包んでいる外側のあれです。

 

まさしくあんな感じの髪型になってきます。

 

本当に直毛の剛毛って扱いが難しいですよ

ね。

 

カットの頻度が高いとやはりその分お金は

かかってしまします。

 

もうこればっかりは仕方ないと思います。

 

いがぐりになるのがいいか多少お金がかか

るのがいいかはあなた次第というわけです

わな。

スポンサードリンク

直毛で硬い髪質にはドライヤーの使い方が重要!

直毛の人はドライヤーの使い方をしっかり

マスターしましょう。

というのも、ドライヤーはとても万能な道

具です。

 

⇒直毛ボブはくせ毛風パーマをあてろ!こけしとは言わせない!

髪の毛をねかすクセ付けもできますし、逆

に立たせるクセ付けも出来ます。

 

左右にわける事も可能です。

 

つまりドライヤーの使い方をマスターすれ

ば思い通りの髪型にセット出来るようにな

るということですわな。

 

ブローを制す者はスタイリングを制すのです!

 

では具体的にどう使っていくのということ

ですが。

 

まずはセット前の乾かし方です。

 

セットする前に髪の毛を濡らすと思います

が、絶対にいきなりドライヤーを使って乾

かさないでください。

 

まずはタオルドライです。

 

これをやらないと、髪の毛がダメージをう

けてしまいスタイルングが決まりにくくな

ってしまいます。

 

次に、乾かし方ですが、みなさん乾かす時

手でぐしゃぐしゃとしながら乾かしていま

せんか?

 

これをすると変なクセがついてしまいます。

 

髪を動かすのではなくドライヤーを動かし

ましょう。

 

髪をかき分けながらドライヤーの風を当て

ましょう。

 

髪の毛を乾かす時は根本を乾かすイメージ

で行います。

 

こうすることにより、髪の毛全体をふんわ

りと仕上げることが出来るのです。

 

ふんわりできればスタイリングもしやすく

なるでしょう。

 

そして乾かす順番も重要です。

 

まず、前髪の髪の毛を乾かしましょう。

 

そして頭の後ろの髪、襟足などを乾かしま

す。

 

髪の毛は根本から毛先に向かって乾かしま

しょう。

 

最後にクセ付けです。

 

みなさん髪の毛がクセ付くときってどうい

う時だと思いますか?

 

それは、熱を当ててその後に冷えていく時

です。

 

つまりクセを付けるためには冷やさないと

いけないのです。

 

ここは大事ですのでしっかりと覚えておき

ましょう。

 

ここまでをうまく出来るようになればあな

たもドライヤー使いの達人になります。

 

ブローをうまく出来ればスタイリングも

グッとやりやすくなります。

 

特に直毛の髪の毛の質が硬い人は毎日髪

を乾かす際しっかりと意識して練習をし

ましょう。

スポンサードリンク

最後に

どうだったでしょうか?

少しはスタイリングの上達のきっかけに

なったでしょうか?

 

ブローの仕方も言葉で言うのは簡単です。

 

しかし、実際にやってみると意外に難し

いということがわかると思います。

 

現役の美容師でもブローが下手な人はた

くさんいるぐらいですからね。

 

髪の毛で悩む人は多いと思います。

 

しかし、悩んでも始まりません。

 

美容室に行けば相談出来るプロがたくさ

んいます。

 

スタイリングの上達に一番大切なのは自

分のやる気です。

 

どんなことだって練習しないとうまくな

らないのは当たり前です。

 

スタイリングかって一緒です。

 

それぞれの髪の毛の質、髪型にあった

スタイリング方法は必ずあります。

 

その方法をしっかりと見つけて自分の

納得のいくヘアースタイルを確立して

いきましょう。

 

最後までご覧いただき本当にありがと

うございました。

その他の関連記事は下をスクロール!