縮毛矯正のショートに頻度やリタッチはやめろ!ハネる髪型で逆に活かせ!

どうも。いもづるです!

今回は縮毛矯正のショートに関する頻度や、

リタッチについてです。

縮毛矯正をあてている人は基本くせ毛だと

思いますが、逆にハネさせる髪型の方が十

分垢抜ける。

人間は、自分に備わっていないものほどほ

しがるし、ないものねだりな動物である。

剛毛な奴ほど猫っ毛にあこがれるし、くせ

毛の奴ほどサラサラストレートになりたい

と言う。

直毛の奴はクリクリの天然パーマを見て羨

ましがっている。

だからくせ毛に悩む奴にとって、はじめて

縮毛矯正をかけたときの感動は、忘れられ

なかったりする。

管理人も思春期のころにくせ毛がひどくな

って悩んだのだが、母の実家が美容室だっ

たおかげで小学生のころから縮毛矯正をか

けていたから、周りの人間にはくせ毛だっ

てことは知られずに青春時代をすごした。

今日はそんな縮毛矯正について、話をして

いこうとおもう。

スポンサードリンク

縮毛矯正のショートにリタッチはやめろ!逆にハネる髪型でクセを活かせ!

出典https://www.youtube.com

まず初めに言っておきたいのが、この記

事は縮毛矯正を勧める文章ではないとい

うこと。

くせ毛で縮毛矯正をやめられない奴にと

ってはつらい一言かもしれないが、ショ

ートカットで伸びてくる髪の毛に縮毛矯

正をリタッチしていくのは愚行であるか

らいますぐやめたほうがい。

縮毛矯正は、美容室で行う施術のなかで、

もっとも髪の毛に与えるダメージが強い

といっていい。

ヘアカラーや、ウェーブパーマの3倍は強

い薬剤を使わないと、くせ毛をまっすぐに

することはできない。

髪の毛は、老若男女問わず一か月に約1セ

ンチメートルと決まっている。

そしてだいたい縮毛矯正でショートカット

をストレートにしている奴は3か月ほどで

根元のうねりが気になってくることが多い。

くせ毛は根元のうねりで毛先の落ち着き方

がきまってくるから、根本が3センチほど

伸びると、ショートカットの奴は毛先のお

さまりが悪くなってくるのである。

しかし、縮毛矯正のリタッチで、いくら伸

びたところにだけ薬剤を塗布したとしても、

必ず数センチはオーバーラップして毛髪に

塗布していくことになる。

短い髪の毛に何度も何度も強い縮毛矯正剤

を塗布することで、ハイダメージ毛になり

、逆にちぢれやすいビビり毛になってしま

う恐れがある。

そんなハイリスクを犯してまでさらさらス

トレートに固執するよりも、逆に毛先がハ

ネる髪型にして、くせ毛を強みに変えろ!

毛先がぴょんと外はねになった髪型はこ

こ数年トレンドだ。

今の時代に内巻きはワンカールとかの動き

の少ないストレートヘアはよっぽどパーソ

ナリティに合ってるか、ハイセンスじゃな

いと時代遅れに見えてしまうぞ!

逆に、外はねショートヘアは動きも出やす

いのにフェイスラインにくびれのようなラ

インができるから、全体的にもちいさくま

とまりつつ重たくなく、くせ毛のやつだか

らこそ似合うヘアスタイルだ!

スポンサードリンク

縮毛矯正のショートに頻度なんかねえよ!ショートらしくワックスでキメろ!

ショートカットだけどどうしてもうねるの

がきになる!毛先が広がるのが気になる!

縮毛矯正を続けていくためには何か月に1

回のペースが最適?という疑問に残念な回

答をする。

縮毛矯正は、せいぜい1年に1回、どうし

てもそれじゃ我慢できないという奴は半年

に1回の頻度でかけていくことが最適だと

管理人は考える。

くせ毛が一番気になるのは、湿度が最も高

くなる梅雨の時期の6月、それと乾燥で毛

先がぱさぱさに広がる1月~2月。

梅雨時に一度かけた縮毛矯正がのびて収ま

りが悪くなってくる時期でもある。

縮毛矯正はもともとダメージ進行レベルが

高い施術だから、これ以上の頻度でかけて

いくことはおすすめできない。

しかもこれはセミロング以上の髪の長さの

奴に限った話で、ショートの奴は長さがな

い分、髪の一本一本に重みが出ないのでそ

の約半分くらいの期間で広がりやうねりが

気になってしまう。

だからといって気になるたびにリタッチで

縮毛矯正をかけていたら、さっき述べたよ

うに縮れやすくまとまりの悪い髪質になっ

てしまう。

何か月に一回なら・・・なんて気にせずに、

ワックスで毛束の動きをだして、くせ毛を

活かしてやることを考えたほうが賢いやり

方だ!

スポンサードリンク

縮毛矯正のショートはボリュームが減り逆に老けて見える!

それでもやっぱり縮毛矯正はやめられない

!だって昔からずっとくせ毛で、ずっとか

けてきたからこのさらさら感がないと落ち

着かない!・・・と言っている奴。

ずっと縮毛をかけ続けているやつこそ、本

当の自分の髪質を見直したほうがいい。

縮毛矯正をかけはじめたころ、早い人だと

管理人のようにまだ小学生とか中学生の奴

もいると思う。

そのときは管理人も、どうしてもサラサラ

ロヘアーじゃきゃ嫌!!!だった。

毎朝汗だくになって家族の洗面所を独占し、

ストレートアイロンで髪の毛をピンピンに

のばして、学校につくころには汗や風でう

ねった前髪を必死にアメピンで抑えたりし

て、今思うともっとほかにやることあった

だろうと当時の自分に言いたいけど、その

ときはそれができてないと一日中気分があ

がらなくて最悪だった。

だからいつも縮毛矯正をかけて数か月は毎

朝ルンルンだった。

半年に一回、縮毛矯正をかけていても、髪

の毛は人に分けてあげたいほど多くて太か

ったし、それでやっとちょうどいいボリュ

ーム感だった。

だけど今それから十数年、管理人は縮毛矯

正をかけるのをやめて、くせ毛を生かすよ

うなアレンジをしているが、ショートヘア

ではないのだが、加齢のせいか、髪の重み

によって頭頂部の立ち上がりが弱くて、ト

ップがぺちゃんこになりやすい。縮毛矯正

をやめた管理人でもそう思うのに、縮毛矯

正をかけ続けている奴はどうだろう?

縮毛矯正をかけると、うねっている髪の毛

を無理やりピーンとまっすぐな状態にする

ことになる。

根本から毛先まで、頭皮の湾曲は無視した

ストレートな形状になる。

普通、頭皮の丸みに沿って髪の毛というの

は自然にうねるものなのだが、それもない

状態だから、縮毛矯正のやつは、ボリュー

ムが欲しいところまでぺったんこになって

しまうのだ。

ボリュームのないヘアスタイルは、サラサ

ラで若々しくみえるどころか、逆に老けて

見えてしまうのである・・・。

くせ毛だからと言ってむりやり縮毛矯正をしてる奴はセンスない!

最初に言ったように、ないものねだりで、

くせ毛だからといってサラサラのストレ

ートヘアに憧れる気持ちは痛いほどよく

わかる。

わかるよ?わかるんだけれども・・・。

誰にでも、変身願望というのがある。

美容室に行く理由って、実は年代によっ

て変わってくるものなのだ。

もっと可愛く変わりたい!格好良くなり

たい!今までの自分じゃない何かになり

たい!そういう理由で美容室に行くのが

10代とか20代前半とか。

社会人になったり、家庭を持ったりして、

責任とか周りの環境によって、自分って

いうのがなんとなくわかってきて、自分

にはやっぱりこの髪型のほうが似合うと

かがわかってきて、他者との関わりを俯

瞰的に見て自分というパーソナリティと

向き合えるようになる30代。

様々な立場になり、しっかりとみられな

いといけないとか、逆に優しく柔和な雰

囲気を出したいとかの理由もでてくる4

0代。

そして、50代、60代と年齢を重ねると、

変わりたい願望というのはほとんどなく

なり、自分に似合うヘアスタイルをキー

プしたい。

安定させたいという願望が強くなってく

る。

だからこの頃にはほぼ全員が自分の髪質

を自分で受け入れて付き合っていく。

ここまで読んで何となく勘づいてほしい

のだが、自分の生まれ持った髪質にあら

がって、縮毛矯正をかけ続ける奴ははっ

きり言ってセンスがない。

だって自分を受け入れられてないんだも

の。

誰かからしたら、羨ましいなと思われる

はずの素敵なくせ毛なのである。

自分ではない何者かに憧れて、自分を変

えていくことに夢中になるのは、そして

それが他人の目から見ても可愛いな、け

なげだなと思えるのは、自分のパーソナ

リティーを探している途中の奴らだけで

充分である。

スポンサードリンク

縮毛矯正ショートの頻度を高めてしまうと痛みまくる!次のページへ!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする