クレーム一覧

NO IMAGE

クレジットカード使えない美容室は嫌われる!導入したら手数料取られる!

どうも。いもづるです。 今回はクレジットカードが使えない美容 室は嫌われるお話をしていきたいと思い ます。 導入すれば、手数料の数%を加盟店側つ まり美容室が負担しないといけないシス テムになっているので、中小の様な個人 店は導入を渋る傾向が強いです。 それとは対象的に、大手などのチェーン 店などは資金力に差があるので導入して いる店舗が多いのが特徴です。 今回はその辺の見解に付いてピックアッ プしていきたいと思います。 早速いってみよう。

NO IMAGE

美容室のタオルが臭い!洗濯してなさそうな美容院はやめとけ!

どうも。いもづるです。 今回は美容室のタオルが臭い事や、洗濯 していなさそうな美容院はやめとけと言 うお話をしていきたいと思います。 美容室で首にタオルをかけられた瞬間、 あれ?なんか臭う。。。 そんな経験はありませんかね? タオルが臭いという事だけでも問題です が、タオルが臭うことはサロンの全ての 品質管理の問題が浮き彫りになっている 証拠だということはご存知でしょうか?

NO IMAGE

クレーマーで落ち込み美容師辞めたい?ビジネスモデルを変えろ!

どうも。いもづるです。 今回は、クレーマーと美容師の関係とビジ ネスモデルの重要性について見ていきたい と思います。 接客業に必ずといって付きまとうのがクレ ーマーの存在だと思いますが、誰もが頭を 悩ます事と思います。 各業界、このクレーマーに対する対策を立 てているのだが、そんなのに頭を悩まして 嫌な思いをしているのならそれをどうこう するよりビジネスモデルを変えてしまった 方が遥かに人生楽しみながら過ごせる事は 間違いないと思います。 早速いってみよう。

NO IMAGE

美容師はかっこいい?かわいい?その発想完全アウト!!

どうも。いもづるです。 今回は美容師のかっこいいとか、かわいい の本質に迫って行きたいと思います。 今から約20年ほど前のカリスマブームとと もに、美容師と言う職業が人気職業になっ ていた時はどのお店も右肩あがりで売りあ げも上がり何店舗とかにどんどん拡大させ ていた頃がありました。 しかし、最近では3Bと言われる「絶対に付 き合ってはいけないランキング」でずっと ワースト3位というものが世の中に知れ渡り バンドマン、バーテンダー、美容師と言う この3つが定番化しています。 華やかな世界と思いしがちですが、裏側を 露わにしてみたらそんな事は全くないので す。 今回はその辺の実体験や、美容室業界のブ ラック差を暴露していきたいと思います。 早速いってみよう。

NO IMAGE

美容師はなぜバカや頭悪いと言われるのか!?本当にバカなのか?

どうも。いもづるです。 今回は、美容師はなぜバカや頭が悪いと 言われるのかについて見解していきたい と思います。 美容師と話すと様々な分野の話が出来、 自分たちが知らないことを教えてもらっ たりすることも多く、休みの日にも講習 などに行っていて勉強家なイメージもあ る反面、学力や頭の回転などは実際どう なのか怪しく感じることも少なくない。 美容師が頭がいいのか悪いのか事実をも とに検証してみたいとおもいますな。 早速いってみよう。

NO IMAGE

エアウェーブ失敗でチリチリになった?美容師がバカなだけです!

どうも。いもづるです。 今回は、エアウェーブパーマの失敗で 髪の毛がチリチリになった時はどうす ればいいかを解説していきたいと思い ます。 まあ~失敗の現在のほとんどが、美容 師側のスキル低下や知識のなさが影響 していると言っても過言ではないのだ が、今回はその辺のところを見ていき たいと思いますな。 第3のパーマと言われている最新のパー マ。それがエアウェーブ。 髪の毛を科学的に分析し、髪の毛の負担 を最小限にする事が出来るようになった とても画期的でお客様の事を考えて作ら れたものを使いこなせない低能美容師が 多く存在する。 また、未だにこの低能美容師が増加して いること、ならびに低能美容師の犠牲と なってしまっているお客さんが多くいる 今の美容業界に残念でならない。

NO IMAGE

美容室で濡れたまま放置や担当者によってやり方が変わる店はやめろ!!

どうも。いもづるです。 今回は、美容室での濡れたまま放置され た事のある方や、担当者がコロコロ変わ る美容師のお店を経験された方も多いと 思いますな。 あなたは今までに、何件の美容室に行っ た事がありますか? そして、ナゼ同じお店に行かなかったの でしょうか? 価格が高いからか、技術が下手だった、 もしくは待ち時間が長過ぎたとか接客や サービスがいまいちだったりした場合も あるでしょうな(=_=;) お客さんがまた行きたい!と思わない理 由が必ずあるので、今回はその辺につい て見解していきたいと思います。

NO IMAGE

美容師(室)に損害賠償請求はあり?施術失敗で490万請求!!

どうも。いもづるです。 今回は、美容師(室)に技術の失敗で損害 賠償は果たして出来るのか?と言う観点で 見解していきたいと思う。 過去には、美容師のパーマ施術失敗で結婚 式前のお客さんに対して490万円と言う 信じられない損害賠償請求を求める裁判も 例にあるほどである。 あなたは人のイメージを決めるときに、ま ず何を重視して見るでしょうかね? 顔や体、その人が出している雰囲気や香り 性格や人間性などその人その人でまったく 異なるものですな。 その中でも、特に印象深いものといえば、 まず髪型が思い浮かぶのではないでしょう かね? 髪型は、そのものは、その人の魅力を引き 出す鍵になっていると思いますな。 この魅力を引き出す髪型をもっと魅力的に 見せるために、美容室に行きますよね。 しかしその美容室で美容師さん本人も納得 できないほど、低い完成度に仕上げられた らどうでしょうかね? 今回は美容師さんのミスとも呼べる、「失 敗」をされた時の損害賠償を見て行きたい と思う。 早速いってみよう。

NO IMAGE

美容室で毎回クレームやカットの切り直しのお客さんの心理とは?

どうも。いもづるです。 今回は、美容室のクレームやカットの切り直し を毎回言ってくるお客さんの心理について見て いきたいと思いますな。 美容師という仕事をしていると楽しい事も多い けど、辛い事もやっぱりたくさんあるんだな。 まぁどんな仕事でもそうだとは思いますが、 その中でも特に辛いのがお客さんからのクレ ームだったりするんだな。 もちろんこっちの対応ミスや施術にミスがあ った場合は誠心誠意心を込めて対応させても らってるんだんけど、やっぱり中には完全に 理不尽なクレームだったり、ただの性格上の 問題じゃん(笑)って感じのクレームを言って くるお客さんも中にはいるんだな。 辛いというか、正直もうやってらんないと言う 事も多々ある。 今回は、そんな美容師目線の見解を説いていき たいと思う。 早速行ってみよう。