どうも!いもづるです!

生まれつき軟毛(細毛)のトップのボリュ

ームの出し方について今回は徹底的に追求

していきたいと思います。

生まれつき軟毛や細毛はトップにボリュー

ムでませんよね。

 

あなた髪質軟毛ですか?

 

それとも硬毛ですか?

 

軟毛の人って色々と悩みがありますわな。

 

もちろん、軟毛の人だけではなく、硬毛、天

然パーマ、縮毛などなど色々な髪質の人がい

て、それぞれの人にそれぞれの悩みがあると

は思います。

 

でも、この中でハゲに間違えられる髪質って

なかなかないですわな。

 

でも、軟毛ってハゲに間違えられやすいんで

すよ。

 

特に軟毛で細毛の人なんてそりゃもうハゲて

ると間違えられます。

 

なぜかって?

 

軟毛はものすごい柔らかい髪質ってのは、わ

かりますわな?

 

柔らかいということは、ボリュームが出ない

ということですわな。

 

ペタッと潰れてしまう感じになってしまいま

す。

 

全く同じ髪の毛の量でも硬毛の人の方がフサ

フサに見られます。

 

軟毛で細毛となると、そりゃあもう、頭皮が

目立ってしまいます。

 

そう、すべてはボリューのなさがそうさせる

のです。

 

硬毛の人たちなんて多少ハゲていても、その

持ち前のボリューム感で隠すことも可能です

 

ボリュームさえあれば、ボリュームさえ確保

出来れば、ハゲていないのに、ハゲているよ

うに見られる、そんな辛い思いはしなくても

よくなるのです。

 

ということで、今回は軟毛のボリュームにつ

いてスポットを当ててお話していこうと思い

ます。

 

ではでは、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

生まれつき軟毛の奴はとにかくトップのボリュームだ!

軟毛のあなた、その軟毛生まれつきですか?

出典https://www.youtube.com

もし生まれつきならば結構長い月日一緒だっ

たというわけですわな。

 

今まで硬毛だったのに、二十歳過ぎてから軟

毛になったという人はいないと思いますが。

 

軟毛の人って正直セットしなくてもある程度

の髪型って出来ていますよね。

 

髪質が柔らかいから寝癖もあまりつきません

し、朝起きてドライヤーとかである程度ブロ

ーしてあげれば大体出来上がります。

 

しかし、ワックスなどの整髪料を使わないと

軟毛は頭の形に沿ってぺちゃんこになってし

まいます。

 

これが、よろしくありません。

 

頭にボリュームがないと、ファッションは決

まりませんし、頭も貧相に見えてきてしまい

ます。

 

硬毛の人なんて、そんなこと考えたこともな

いと思いますが。

 

軟毛の人はとにかくボリュームです。

 

なによりもトップのボリュームを出していく

スタイルでないといけません。

 

そのためには、ヘアースタイルのカット方法

などもありますが、やはり毎日のセットが1

番大事です。

 

毎朝のブローで髪の毛の根本から立ち上げま

す。

 

そして、ワックスなどの整髪料を使ってその

立ち上げた髪の毛をしっかりとキープさせて

あげます。

 

正直ハード系のワックスを使ってもボリュー

ムが1日持つのは難しいと思います。

 

でも、ボリュームを作らないより100倍マ

シです。

 

ボリュームのある自分とない自分を鏡の前で

見比べて下さい。

 

シルエット、雰囲気が全然違うと思います。

 

軟毛の人はとにかくトップのボリュームです

 

それだけに重点を置いてセットしましょう。

スポンサードリンク

生まれつき軟毛は自分の髪質をどう活かすかだけを考えろ!

軟毛の人はトップにボリュームがないとか、

ハゲて見られやすいとか、マイナスなことば

かりお話してきましたが、いいことだってた

くさんあるんです。

 

まず、最初に軟毛はハゲやすいと言われたり

しますが、あれは全く関係ありません。

 

硬毛だろうがハゲます。

 

軟毛の人はその髪質のせいで、ハゲて見える

場合が多いので、そういう風な考え方が増え

てしまったというわけですわな。

もし、健康な髪の毛が急に軟毛に変わったら

ハゲる予兆かもしれませんが、生まれつきは

関係ありません。

 

生まれつき軟毛の人は、色々とその髪質の改

善を考えて、実際に行ってきたと思います。

 

でも、治すこと、改善することばかり考えな

いで、その軟毛を活かすことを考えませんか

 

治すより活かすことを考えたほうがより簡単

で、精神衛生上もとてもいいはずです。

 

軟毛の人は硬毛の人と比べて確かにボリュー

ムは出にくいですが、その柔らかさと、しな

やかさが女性らしさをグッと引き立ててくれ

ます。

 

風になびくサラサラの髪の毛。

 

どうです女性らしいでしょう。

 

それに、軟毛の人は他人からとても羨ましが

られている場合が多いのです。

 

それも見た目のキレイさからでしょう。

 

本人は悩んでいるかも知れませんが。

 

どんな髪質にもデメリットとメリットは存在

します。

 

もちろんその髪質の活かし方も必ず存在しま

す。

 

活かすかどうかは自分次第です。

 

嫌々鏡を見るより今日もかわいく、かっこよ

くセットしようと思うほうが100倍いいで

すわな。

 

⇒トップのボリュームにカーラーやコテは待て!ドライヤーで根元を意識しろ!

生まれつき軟毛は硬毛と違って逆にスタイリングしやすい

軟毛の人はいつもセットするとき、

 

「なんで、軟毛はこんなにセットしにくいん

だ!硬毛が羨ましい」

 

なんて思ってませんか?

 

それ間違っているんです。

 

軟毛の人は硬毛の人より断然セットしやすい

んですよ。

軟毛の弱点と言ったら髪の毛が立ち上がりに

くい、ボリュームが出にくいぐらいです。

 

まず、パーマやですが、自宅でも美容室でも

同じですが、ものすごく短時間でパーマ出来

ます。

 

家でやる場合、アイロンなどになると思いま

すが、簡単に短時間で巻けます。

 

硬毛の人は熱を当ててもなかなかカールして

くれません。

 

パーマがはやいということは、短時間でセッ

ト出来るだけでなく、髪の毛にも優しいです

 

熱を髪の毛に加える時間が短くなりますから

ね。

 

さらに、カラーやカットも硬毛の人に比べる

とはやいです。

 

軟毛だからいや事なばかりではありません。

あっ、それに他人からも羨ましがられますし

ね。

 

このように、軟毛の人はセットはしやすい部

類に入ります。

 

基本的に髪の毛柔らかいですから、自分の向

けたい方向、結束が簡単に作れます。

 

硬毛の人はそれが簡単には出来ませんからね

 

スタイリングしにくいと思っているあなた、

世の中にはもっとセットしにくい人いるんで

すよ。

スポンサードリンク

軟毛(細毛)だからとネガティブに考えるな!メリットもある

軟毛の人は、結構ネガティブにその髪質のこ

と考えている人多いと思います。

 

でも、軟毛の髪の毛って周りから羨ましがら

れるんですよ。

 

それも、結構な割合で。

 

まず、前にもお話していますが、その柔らか

い髪質はとても女性らしい雰囲気を作ってく

れます。

サラサラの柔らかい髪の毛、周りから見ると

、キレイな髪の毛と思われているはずです。

そして、何よりその肌触りです。

 

猫っ毛と言われるぐらいですから、その肌触

りはとても柔らかく、気持ちのいいものです

 

あぁこの髪の毛ずっと触っていたい、と思わ

れるかもしれません。

 

自分が気になっている異性にはぜひ触ってほ

しいものですわな。

 

セットのし易さだってメリットの1つですわ

な。

 

こうやって見ていくと、デメリットなんて髪

の毛のボリュームがない、出にくいというこ

とぐらいです。

 

逆に言えばそこだけ全力で改善出来ればデメ

リットが一切なくなります。

 

ボリュームの出し方だってコツさえ掴んでし

まえば、全く難しいものではありません。

 

本気で悩んでいる人には怒られてしまうかも

しれませんが、軟毛のデメリットって少ない

と思います。

 

⇒ハチ張りロングヘアに似合う髪型はこれだ!アレンジなど!

最後に

どうだったでしょうか?

 

生まれつき軟毛のあなた、軟毛のこと好きに

なりましたか?

 

やはり生まれ持った髪質です。

 

今までも付き合ってきたように、これからも

付き合っていかなければいけません。

 

いやいや付き合うよりは、少しでもその特徴

、扱い方を知って付き合っていったほうがい

いに決まっていますからね。

 

恋人と違って別れるわけにはいきませんから

ね。

 

でも、しっかりとポイントさえ押さえてしま

せばとても扱いやすい髪質だと思います。

悩んでいる本人はそう思わないかも知れませ

んが。

 

軟毛の人はとにかくボリューム、他はいいの

で、ボリュームを出すセット方法をしっかり

と考えてマスターすることをだけ考えて下さ

い。

 

それさえマスターすれば、毎日かわいい、か

っこいいヘアースタイルが出来るはずです。

 

目指せ軟毛マスター。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうござ

いました。

その他の関連記事は下をスクロール!