どうも。いもづるです。

今回は、ヘアカラートーンダウンでアッシ

ュを選ぶ時に注意したい事と、くすみ過ぎ

る点に付いてピックアップしていきたいと

思います。

 

カラーを行う上で、トーンアップやトーン

ダウンはオシャレさんにとっては頻繁に行

う作業の一つと思いますが、その中でも特

に気を付けたい色がアッシュなんですな。

 

何故アッシュなのか・・・?

 

アッシュは知識やスキルがない人が施術

すれば高い確率で濁ったり、くすみ過ぎ

たりしてしまい結果的に暗くなりすぎて

しまうのです。

 

今回は、その辺の注意点やアッシュの専

門的な基礎スキルなどを見ていきたいと

思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

ヘアカラーのトーンダウンではアッシュに気をつけろ!

そもそもアッシュってどんな色なのか?

 

大抵の人はアッシュの本質を理解してい

ない事が多く、なんかオシャレな色だよ

ね~的な感覚でしかいません(^_^;)

 

確かに、ヘアカラーと言うのは無限の色

がありその中でも色と色を混ぜたりすれ

ばコレと言う色は存在しません。

 

つまり、無限の可能性が広がっているの

がヘアカラーの世界観なのです。

 

その中でも、いつの季節でも人気が高い

のがアッシュです。

 

元々色的には「青」をベースに作られた

色ですが、これをミックスする事により

「濃い青」とか「青灰色」、「薄い青」

と言う世界観が広がる訳です。

 

さらに、そこからブリーチなどの脱色剤

などを組み合わせれば、よりリアリティ

ーな可能性が広がります。

 

これだけ聞けば、メリットの方が大きい

のではないかと思われがちですが、実は

可能性が大きい分失敗のリスクも大きい

のがアッシュなんですな。

 

つまり、濁りやすいと言う事。

 

注意すべきポイントは、あまり色同士を

ミックスしすぎ無いことです。

 

要は、アッシュみたいなくすみが強い色

は混ぜれば混ぜる程、濁ると言う事です。

 

さらに、アッシュは赤系の色味を消す能

力が強く髪に色を入れた瞬間から僅か数

分でどんどん暗くなっていきます。

 

この様にアッシュは赤系の様なトーンダ

ウンには向いている色であり、日本人の

多くの色素は黄色~赤~茶色と言う風に

ベース色がはっきりしています。

 

メラニン色素が深く影響していますが、

それも個人差が激しいので一概には言え

ないのが本音でもありますな。

スポンサードリンク

アッシュはくすみ過ぎてにごるケースがある

そもそも日本人の髪質は、硬くて色素も

くらいですのでヘアカラー事態が入りに

くい性質があります。

 

つまりトーンアップしにくい髪質です。

 

それとは対象的に、トーンダウンは直ぐ

に反応し色が入っていく性質もあります。

要は、多くの日本人の髪質はメラニン色

素などに反応して黄色味からオレンジ系

へと退色する人が多いですが、そこで黄

色味の反対色としてアッシュが開発され

た訳です。

 

⇒白髪染め緑色になり失敗した!直し方は補色!?

ただ、冒頭でも解説しましたがアッシュ

はくすみが強く濁る傾向があるので、単

色などで使う事はほぼないです。

 

必ず、何かしらの色を混ぜて使用する美

容師が多く、これがスキルが低い人がや

ってしまうと濁り過ぎて失敗と言う結果

を招くんですな。

 

アッシュの本質は「青」ですから、元々

青と言う色をイメージするだけでも解り

ますが、明るくなりにくいだけでなく暗

いと言うイメージもあります。

 

つまり、一番やっかいでスキルが必要の

カラーなんですな(^_^;)

 

上がりにくく、濁りやすい。

 

まさに専門性の高いカラーリストやカラ

ーに絶対的に自信がある人達でもカラー

泣かせな色とまで言われています。

 

⇒セルフカラーでメッシュやグレー!?綺麗に染まるわけねーよ!

アッシュのトーンダウンには基本オレンジ系の補色を使え!

まず、アッシュのトーンダウンで気を付

けたいところは前回の毛染めで入れた色

を分析して、どんな色に退色しているの

かの見極めです。

 

この見極めが出来ていないと、これから

入れるアッシュプラス補色の色の選定が

出来ません。

 

補色とは、簡単に言いますと足りない色

味を補って補佐する役割の色と言う事で

す。

 

アッシュ単色だけでは、色の調整が出来

ない為アッシュのトーンダウンでは必ず

補色を使い退色部分を補いながらきれい

なトーンダウンにしていく必要があるの

です。

 

そのためにも有効な色味がオレンジ系の

様なカッパー色ですな。

退色している色味が黄色味なのか赤みな

のかにもよって差はありますが、アッシ

ュでのトーンダウンにカッパーのような

オレンジ系を混ぜるときれいなブラウン

に変化してトーンダウンしてくれるので

くすみすぎたり、濁ったりすることはま

ずありません。

 

⇒ヘアカラーの髪色が抜けやすい期間や季節などあるのか?

ただ、赤みに偏った退色をしている人の

場合は元々明るくなりにくい髪質なので

アッシュプラスカッパーにオレンジ系の

色味を少しプラスするといいでしょうな。

 

赤みに傾きやすい人は、同じ明度でも暗

く見えてしまい、それだけでくすんで見

えたりもしてしまいますので、黄色味に

傾きやすい人と比べたら少し明るい補色

をアクセントとして混ぜるのがポイント

ですな(^^)

アッシュのトーンダウンはブラウン系にいかに近づけるかが重要

やはり、くすみが激しいアッシュのトー

ンダウンにはいかに自然なブラウン系に

近づけるかがポイントとなりますな。

 

髪質によってマチマチですが、トーンダ

ウンしやすい髪質たる物がありそれは

  • アッシュ
  • レッド
  • バイオレット
  • プラチナ

などのいわゆる寒色から暖色に変化して

いく色が代表的です。

 

逆に、トーンダウンしにくい色はと言う

  • マット
  • イエロー
  • ゴールド
  • オレンジ
  • カッパー

などのいわゆる寒色と呼ばれる色です。

 

これらの色はそもそもトーンダウンで使

う色味ではなく、どちらかと言えばメイ

ンで使うカラーになりますので、寒色で

トーンダウンはやはり不向きと言える訳

です。

 

なので、オレンジ系やカッパーの様な色

味はアッシュでトーンダウンする時の補

色つまり補佐的な役割に使うカラーであ

りこれらをメインにトーンダウンをする

のはあまり効果的ではないと言う事です。

 

基本的に補色の役割は、「反対色」を狙

いながら希望の色に調整していくカラー

なので、これをメインに考えるのはとて

もナンセンスな発想で、多くのスキルが

少ない美容師や素人さんがこの発想を取

りあまりトーンダウンしてくれないと結

果的に失敗するのですな。

 

なので、適切なトーンダウンはまずトー

ンダウンしやすい色味を選んでそこから

退色具合をチェックし、補色を使うと言

うやり方が一番適切ではないかと思いま

すな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回はアッシュのトーンダウンについて

気を付けたいポイントと基礎知識などに

付いてピックアップしていきました。

 

よく、美容室などでも流行りの色として

アッシュグレーや、アッシュピンクなど

の色を大々的に売り出しているお店もよ

くあると思いますが、これらは本当にア

ッシュにグレーを混ぜたりアッシュにピ

ンクを混ぜたカラーなのかと言えば、か

なり信憑性は薄いですしそもそもアッシ

ュにピンクなど混ぜても、そんな色成立

するのか・・・?と言うのが疑問に残り

ます。

 

言葉だけ置き換えて、メニュー化する店

は腐るほどあるのでユーザーは勘違いし

てそのような言葉に惑わされない様にし

て欲しいと思いますな。

 

アッシュにグレーを混ぜると、かなり暗

くなりますのでヘアカタログなどに載っ

ているようなきれいな色なんかにはまず

ならないでしょう(^_^;)

 

しかも、アッシュグレーは失敗する確率

も高い色なので染め上がりは、「なんか

よくわからん色」となって結果失敗と言

う人も多いです。

 

なので、特にアッシュでトーンダウンや

トーンアップする時は専門性の高いカラ

ーリストなどにお願いした方が確実に失

敗するリスクも減らせると思いますな。

 

是非、この様な知識は最低限持っておき

ましょう。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!