どうも。いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

今回は、クセ毛さんの為に縮毛矯正と

パーマの関係性について見解していき

たいと思いますな。

 

生まれつき強い天然パーマがある人は

直毛に憧れたことは多々あると思いま

す。

 

例えば、「自分のしたい髪型があるの

にセットしたらイメージが違った」

「動きを出したい方向とはかけ離れた

方向に髪の毛が流れる等」様々な不満

があると思いますな。

 

その不満を解消するのが「縮毛矯正」

や「パーマ」と言うわけですな。

 

「縮毛矯正」とは文字通り縮毛(くせ

毛)を矯正し直毛にする技術で、スト

レートにすることで自分の理想の髪型

に近づけることができますよね。

 

一見メリットしかないように聞こえが

ちですがデメリットもあるんだな(‘_’)

その辺を今回は見解していきたいと思

いますな。

 

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

縮毛矯正後にパーマをあててもなぜかからないのか?

くせ毛の厄介なところは、個人差もあ

りますが自然なパーマには見えないと

ころですな。

 

自然なパーマとは直毛の人やあまりく

せの強くない人がパーマをかけた感じ

とはかけ離れて不自然に見えるという

ことです。

 

そこでくせ毛の人は縮毛矯正をしてか

らパーマをあててみようと考えるわけ

ですが、実際のところ、そううまくも

いかないんだな(‘_’)

 

縮毛矯正後の髪の毛は薬剤とアイロン

の効果でタンパク質が固まり、髪の毛

に柔らかさが無い状態となります。

 

軟毛の人が縮毛矯正をかけた後は硬毛

になるのはこれが原因なんですな。

 

それならストレートパーマをあててみ

ようと考えるわけですが、それもうま

くいきません。

 

天然パーマは人工的に作られたパーマで

は無いからですな。

 

パーマをあてた髪の毛に飽きてきたから

ストレートに戻したいという人が使うパ

ーマであって、くせ毛の人がストレート

パーマをあててもほぼ効果は見られませ

んな。

スポンサードリンク

縮毛矯正後にパーマをあてる美容師はどうか?

結論から言うとお客さん次第だな(‘_’)

 

くせ毛にかなりのコンプレックスを抱え

、どうにかしてストレートにして欲しい

と言う要望を出せば美容師側は縮毛矯正

後でも施工してくださると思います。

ただ美容師もプロなので、出来るだけお

客様の要望に近づけたいというのが本音

だと思いますな。

 

⇒生え際がくせ毛で悩んでいる奴はアレンジだよ!崩れないセットも!

なので縮毛矯正後にパーマをあてること

の難しさをお客様に伝え、納得していた

だいた上での思考が理想だと思いますな。

縮毛矯正後にパーマをあてているリスクがヤバイ!?

髪の毛に薬剤とアイロンをその日のうち

に施工するので、髪に対するダメージは

半端じゃ無いですな。

 

もともとの髪の毛に強力な薬剤をかけて

時間を起き、アイロンをし、さらに薬剤

をかけ髪に記憶させるというのが一般的

だと思いますが、さらにその後に必ずカ

ットをする美容師がほとんだと思います。

 

なぜなら、髪の毛の毛先のダメージは縮

毛矯正をかける前よりもさらに悪化し、

キューティクルは剥がれ落ち、髪の毛の

タンパク質は固まった状態になっている

からですな。

 

洗髪後、ドライヤーをした状態の毛先は

ちぢれ麺みたいに痛み、完成後のイメー

ジがまるでつかないからこの手順を踏ん

でいるんですな。

 

このリスクを考えた上での施工をまずは

理解しておこう。

縮毛矯正後にパーマをあてて失敗した時の対処法は?次のページへ