どうも。いもづるです。

今回は美容師でも難しいとされている縮

毛矯正のあたり具合で髪の毛が細くなっ

てしまった原因などは過剰軟化がほぼそ

の割合を占めている事について見解して

いきたいと思います。

 

縮毛矯正を続けていて、毛が細くなった

様に感じたらそれは髪の毛が助けてと叫

んでいるのです。

 

髪の毛はあなたが思っているより力が強

く、ちょっとやそっとでは切れたりしな

いので縮毛矯正などの施術で髪の毛が細

くなっているのは、よっぽどの原因があ

ります。

 

そんな強い髪の毛を、細くしてしまうの

は完全に美容師の責任であってそんな美

容師がいること自体に問題あります。

 

今回はその辺についてお話ししていきた

いと思います。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

縮毛矯正をあてたら髪が細くなった!?軟化のしすぎです!

縮毛矯正をして髪の毛が細くなってしまう

のは、「軟化」というものが原因なんだが

一般の人には聞きなれない言葉だと思うの

でまずはそこから説明しますね。

 

縮毛矯正の手順をざっくりと説明するとま

ず初めに還元剤という薬で髪の毛を柔らか

くして、次にアイロンでクセを真っすぐに

して最後に酸化剤という薬で髪の毛を元に

戻すんですな。

 

そして初めの薬(還元剤)で髪の毛を柔ら

かくすることを「軟化」と言います。

 

クセをしっかりと真っすぐにするには適し

た状態にまで軟化させることが必要なのだ

がここが結構難しいところで、髪質やダメ

ージの状態など様々な要因で度合いは変わ

ってしまうんだな。

 

だから、これを見極められるようになるま

でたくさんの経験を重ねなければいけなく

、軟化がしていないとクセは伸びなくなっ

てしまうし、逆に軟化しすぎてしまうと髪

の毛はダメージを必要以上に受けてしまい

最悪の場合チリチリになってしまい修復不

可能な状態にまでなってしまいます。

 

細くなるのは過度なダメージが原因なので

、この軟化のしすぎが問題になってくるん

ですな。

スポンサードリンク

思考停止状態の美容師が多すぎる!

そもそもなぜこのように軟化しすぎという

状態になってしまうかは美容師の過度の労

働によるところも大きく影響しています。

 

美容師が大変な仕事というのはあなたもわ

かっているとは思うのだが、改めて知って

もらいたいと思います(^_^;)

朝練などを行っている店などは、朝8時か

ら1時間の練習から始まり、練習が終わ

てからは掃除などの準備をしてから営業を

スタートする。

 

⇒くせ毛はアイロンで治る?治りません!効かない髪質や悪化の原因!

大体19~20時まで営業をするのだが、

その間休憩というのはあって30分ぐらい

で最悪の場合、食べ物を何も口にすること

なく営業終了を迎えることもしばしばあり

ます。

 

営業後は片づけを行って更に練習を2~3

時間ほどで家に帰るのは24時近いという

のが毎日繰り返されて休みはほぼ週に一度

だけと言う超過酷な環境です。

 

普通に考えてこのような状態で安定した精

神状態を保っていられるなんてありえない

と思わないですか?

 

もう、普通の人間ならバカバカしくてやっ

てられないと思いますが、彼らには彼らな

りの目標や夢と言うものが存在します。

 

それが、海外で活躍するとか、自分の店を

持つ事とかで各自夢を持っています。

 

それがモチベーションの維持になっている

事ですから否定をするつもりはありません

が、あまりにも自分の体に見合っていない

労働環境は最終的に自分で自分の首を締め

る事になります。

 

この様な疲労や、精神的に疲れが取れない

現場の働き方に問題があり、これでは自分

たちの最高の状態でのパフォーマンスが発

揮できないのは当たり前の話です。

 

つまり、労働時間を長く設定してもパフォ

ーマンスなどは一向に下がるだけですし、

生産性も落ちる事が既に証明されているの

にも関わらず、未だ日本の美容室業界は変

えようとしないのですから、どんなに素晴

しい技術を持っている美容師でも一人一人

の生産性は上がらないのです。

 

これが、個人のパフォーマンスに大きく影

響している原因なのです。

スポンサードリンク

最悪の場合縮毛矯正でハゲるケースもある!

縮毛矯正の技術やスキルはある程度熟練し

たスタイリストでなければ、かなりのリス

クを伴うと思っておいた方がいいでしょう。

これは、お客さん側にも美容師側にも言え

る事で「軟化」というのは髪の毛を柔らか

くする働きがあるのだが、それはつまり髪

の毛を貧弱にして薬剤を浸透させている段

階です。

 

⇒縮れ毛はブラッシングやブローはするな!痛みの原因!

その様なリスクを伴う作業を行う技術が縮

毛矯正ですから、経験が浅い美容師やデビ

ューしたてのスタイリストではあまり本質

を理解していない人が多いです。

 

なので、最悪の場合は髪の毛が切れたりそ

こから毛根事態に悪影響を及ぼしハゲてき

たなんて事も十分に有り得るのです。

安売りの縮毛矯正はかなりリスキー!

ここ最近はカットとカラーをしても500

0円に届かないようなだいぶお財布に優し

い美容室も増えてはいるのだが、このよう

な美容室での縮毛矯正は専門店とは違いス

タイリスト事態が、薄っぺらな人が多い(^_^;)

 

⇒くせ毛のパーマ風スタイリングはこうしろ!自然乾燥も!

薬の問題で言えば縮毛矯正というのは美容

室にある薬の中でもトップクラスの強さで

その扱いはとても慎重に行わなければいけ

なく、髪の毛によっては強さを軽減するよ

うなトリートメントなどを使うべきなのだ

が、安売りの美容室ではこのようなトリー

トメントを取り扱っていない事の方が多い

ですな。

 

そして美容師の問題では美容室の最もお金

がかかるのは人件費といわれていてその為

に必要以上にスタッフを配備しないという

事と、それ以上にお客さんを呼び込むよう

なっているために慢性的な人手不足にな

ているために薬を流すタイミングがなく

化しすぎと言う事になってしまう事も多

です。

 

この二つの問題から安売りの美容室での縮

毛矯正は大きなリスクがあると思っておい

た方がいいでしょう。

 

やはり、そこそこ値段が張るメニューと言

えど価値が高くスキルなども整っている専

門店などは価値が高いと思います。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、縮毛矯正のリスクや髪の毛が細く

なってしまった原因などを見ていきました。

 

縮毛矯正は本来素晴らしい技術で正しい方

法で行えば髪のダメージも軽減できます。

 

従って、なんちゃって縮毛矯正みたいな仕

上がりが多く、中には家に帰ってから全然

クセが矯正されていないと言うお客さんの

声も多いです。

 

ちゃんと、美容師が最高のパフォーマンス

を発揮できる環境を整備し、お客さん一人

一人に対して文句のつけようがない仕上が

りを量産して欲しい限りです。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!