どうも!いもづるです!

今回は市販の縮毛矯正のアイロンのやり方

や効果などを見ていきたいと思います。

 

て言うより、市販の縮毛矯正剤を使えばも

うどうなるか位わかりますよね?

 

あなた天然パーマですか?

 

天然パーマっていらつきますわな。

 

セットもなかなか決まらないし、湿気がすご

い日はもうウネウネが止まりません。

 

でも、そんな天然パーマもうまく理解出来れ

ば上手にセットも出来ますし、かっこよくも

可愛くも出来ます。

 

しかし、わかっていてもどうしても好きにな

れない、真っすぐの髪の毛に憧れるという人

は大勢いると思います。

 

そんな、悩める天然パーマの人にある施術が

、縮毛矯正です。

 

縮毛矯正はパーマの一種で、熱を使ってウネ

ウネ、くねくねの天然パーマを真っ直ぐにし

てくれます。

 

しかし、縮毛矯正はパーマの一種ということ

で、時間が経てばもちろんとれていってしま

います。

 

つまり、真っ直ぐな髪の毛を続けようと思う

と縮毛矯正をあて続けなければなりません。

もちろん時間も手間も、そしてお金もかかり

ます。

 

でもウネウネ、くるくるの髪の毛に戻りたく

ない。

 

そんなあなたに味方なのが市販の縮毛矯正剤

です。

 

今の時代カラーリング剤と同じように売られ

ています。

 

しかし、そんな市販品ですが、もちろんいい

ことばかりではありません。

 

ということで、今回は市販縮毛矯正にスポッ

トを当ててお話していこうと思います。

 

一体市販品の何がダメなのか、市販品をおす

すめしない理由などお話していこうと思いま

す。

 

ちょっと市販品を試してみようと思っている

あなた。

 

市販品を使用して後悔してしまったあなた一

見ください。

 

ではでは、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

市販の縮毛矯正のやり方と効果?もはや説明不要でしょ?

まず、市販の縮毛補正のやり方とか効果って

知ってますか?

出典https://www.youtube.com

説明なんかいらないかもしれませんが、念の

為しておきましょう。

 

① 髪の毛をしっかりと洗います、洗うとき

リンスやトリートメントは絶対にしないでく

ださい。

 

② タオルでふいて半乾き状態にする。

 

③ 縮毛補正剤の1剤を髪の毛に塗り込んで

いく。

 

④ 15分から20分放置する。

 

⑤ 髪の毛の軟化を確認出来たら、水かぬる

ま湯で洗い流す。

 

⑥ ドライヤーで乾かす。

 

⑦ 180度程温めたヘアアイロンで髪の毛

をまっすぐにしてプレスしていく。

 

以上が、市販縮毛矯正剤の使用の大体の流れ

です。

 

他にも前処理剤なども売られておりより効果

的に縮毛補正が出来るというものもあります

 

市販の縮毛補正剤でもキレイに真っ直ぐ!

 

なんて絶対にならないと思って下さい。

 

言葉で書くのは簡単ですが、実際はむちゃく

ちゃ難しいというか無謀に近いです。

 

これは市販の縮毛補正剤だけでなくストレー

ナパーマ剤なんかも同様のことが言えます。

 

まず1人でやるということが考えられません

わな。

 

それに、そんな簡単にうまく出来ていたらだ

れも高い美容室で縮毛補正なんてしませんわ

な。

 

施術方法や効果をネットで調べている暇があ

るのだったら、いますぐ美容室にいって縮毛

補正してきてもらいなさい。

 

なんでも安く済ませようと思ってはダメです。

スポンサードリンク

市販縮毛矯正のアイロンほどリスキーなものはない

あなたもしかして、

 

「市販の縮毛矯正なんて薬剤つけてアイロン

で真っ直ぐ伸ばせばいいだけなんだろ、楽勝

じゃない。」

 

なんて、思ってませんよね。

そのアイロンがどれほど怖いか、どれほどリ

スキーなものか知らないのですか。

 

まずは縮毛補正は、髪の毛を液剤と熱で真っ

直ぐにします。

 

自宅で行う場合この熱をアイロンで代用する

わけですが、あなた自分でやって真っ直ぐに

出来ると思いますか?

 

この真っ直ぐというのはものすごく難しいも

のです。

 

紙に真っ直ぐの線を書きなさいと言われて出

来ないのと一緒です。

 

前髪ならともかく後ろ髪やサイドなんて本当

に難しくて無理ですわな。

 

頭の後ろに目がついていれば話しは別ですが

 

それに全ての髪の毛をまんべんなく出来ると

思いますか?

 

あなた1人でですよ。

 

絶対に無理ですわな。

 

もちろん技術もいります。

 

どれだけの時間アイロンをかけるのか、どこ

に一番熱をもたせるのか。

 

色々ありますわな。

 

それをすべて出来てこそ最適な縮毛補正が出

来るのです。

 

それにアイロンを長く当て過ぎたりすると、

髪の毛チリチリになりますよ?

 

天然パーマを直そうと思って、逆にチリチリ

になる。

 

こんな災難ありませんわな。

 

市販品の縮毛補正も使ってアイロンを使う。

 

どれだけリスキーな事かわかりましたか?

 

あなたの大事な髪の毛取り返しのつかないと

になる前に、美容室に行きましょう。

 

⇒縮毛矯正を前髪だけはもうやめろ!不自然でバランスが悪くなるぞ!

市販品の縮毛矯正剤にいいものなんかそもそもない!

よくネット上で、おすすめの縮毛補正剤ベス

ト10だとか、この縮毛補正なら誰でも出来

るからおすすめとか、髪の毛に優しい縮毛補

正とかありますわな。

市販品の縮毛補正でいいものなんてありませ

ん。

 

まぁなんかコラーゲンとか入っていて髪の毛

に優しいとかならあるかもしれませんが。

 

でも一体なにがおすすめなのか、簡単に出来

るのか全く理解できません。

 

だって、どんな縮毛補正でも最終的に良し悪

しを決めるのは自分の腕、技術ですからね。

 

市販品の縮毛補正剤を付けるだけで美容室に

行ったのと同じ様な縮毛補正が可能です。

 

というのなら、おすすめとかすごくわかりま

すが、そんなもの存在しませんわな。

 

最終的に施術者の技術できまるのに縮毛補正

剤なんて全く関係ありません。

 

もちろん、やりやすいやりずらいは少なから

ずあるとは思います。

 

しかし、少なからずです。

 

それで仕上げが劇的に変わることはありませ

ん。

 

なんか前後処理剤とかもよく売られています

が、あれかって一緒です。

 

あれをつけたところで薬剤によるダメージは

、多少なり和らげることは出来ますが、仕上

げが変わることは絶対にありません。

 

そんな記事に騙されないで下さい。

 

私の腕ならそんなの余裕というならば、ぜひ

チャレンジしてください。

スポンサードリンク

市販品で失敗して美容室に駆け込んでも既に手遅れ

市販品の縮毛補正剤を使用して失敗する確率

はかなり高いです。

まず、薬剤の塗りムラがあります。

 

薬剤がキレイにまんべんなく髪の毛に塗られ

ていないために、最後の仕上がりにかなりの

ムラが出来てしまいます。

 

そして、最大の失敗としてダメージをおって

しまうということです。

 

美容室で縮毛補正を行う場合、あなたの髪の

毛の質、状態などをしっかりと把握して、そ

の髪の毛に最適な薬剤を選択して使用します

 

しかし、市販品の場合その選択はありません

 

クセが強かろうが弱かろうが、ダメージを受

けていようが受けていまいが、一緒です。

 

そして、熱を当てたときダメージを受けすぎ

た髪の毛はチリチリになってしまいます。

 

チリチリになっても、美容室に行ったり、ト

リートメントすれば直ると思っていません?

あなたとんだ間違いですよ。

 

一度チリチリになってしまった髪の毛は、ほ

ぼ修復不可能です。

 

なぜならチリチリの髪の毛はダメージにより

髪の毛自体の形状が変わってしまっているか

らです。

 

もうこうなったら切るしかないですわな。

 

簡単に美容室に行けば直るという考えはいま

すぐなくしてください。

 

⇒髪質改善にくせ毛や剛毛はガセ!?意味をちゃんと知れ!

最後に

どうだったでしょうか?

 

市販品の縮毛補正剤のこと少しはわかってく

れましたか?

 

縮毛補正やストレートパーマなどパーマ系の

施術は、自宅で行うカラーリングとはわけが

違います。

 

ものすごく難しくて、ものすごくデリケート

な作業になってきます。

 

なぜなら薬剤をつけて終わりではないからで

す。

 

技術が伴ってくるからです。

 

さらに自分1人では作業にも限界があります

 

自分の見えない部分を完璧にこなすのは不可

能です。

 

自分の頭を知り尽くしている人でも、今の状

態がどんな風になっているかなんてわかりま

せん。

 

たしかに縮毛補正は高いです。

 

1回で1万から2万ぐらいの価格です。

 

それに比べて市販品は数千円で売られていま

す。

 

確かに魅力的ですが、なにかあってしまった

後では修復はできません。

 

だからこそプロがいるのです。

 

失敗して泣くより、美容室に行って違う自分

を見て笑顔になりましょう。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうござ

いました。

その他の関連記事は下をスクロール!