どうも。いもづるです!

今回は白髪染めリタッチのやり方で40

代50代の市販品は使うな!と言う事を

お伝えして置きたいと思います。

 

この前、髪の毛染めてもらったはずなの

に、もう生え際目立ってきたー!

 

っていう人結構多いですよね。

 

カラー剤で白髪染めは、おしゃれ染めよ

りもカラーした時のダメージが少ないと

言われている。

 

若いお客さんが美容室に来店されて「濃

いめの茶色で!」って言われたとき、

「もう当分明るく染めることはないです

か?」って聞いて「はい!」っていう回

答だった場合、おしゃれ染めじゃなくて

グレイカラーで染める場合がある。

 

黒髪にちょっとだけ明るい白髪染めで染

めると、キレイに茶色が出て、ツヤが出

る。

 

お客さんには言わないこっち側だけの密

かなカラー選択です。

 

とはいえ、ブリーチ剤の入ったカラーだ

から、毎回のリタッチもダメージが気に

なるところ。。。

 

今回は、生え際が白くなってきた時に染

めるリタッチの方法と、市販品と美容室

のカラー剤の違いなど教えて行きたいと

思います。

スポンサードリンク

白髪染めの40代50代は市販品を使うな!

髪の毛が1ヵ月で1センチぐらい伸びる

として、白髪が出てきたら1カ月〜2か

月くらいの間には、根元だけカラーしな

いといけない。

出典https://www.youtube.com

そうしないと、染めたところと根元の生

えてきた境がかなり目立つ。

 

根元の染めていない生えてきたところを

染めるのをリタッチって言います。

 

若い人で白髪の人もいるけど、40・5

0代になると、結構な確率で白髪生えて

きていますな。

 

1ヶ月ごとに根元染めるとして、毎回、

美容室で染めてたら、結構お金かかる

ら市販品で!っていう人も多いはず

 

でも、それは、キレイに染められたと

ても、後々に影響のあることしてるんだ

よ!

 

市販の白髪染めも最近では、それほど

いとは言わないけど、シャンプーでもト

リートメントでも市販品は、美容室専売

品よりはかなり中身の成分が劣る。

 

ましてグレイカラーは、根元をしっか

染めるものだから、頭皮への影響も計り

知れない。

 

それを市販品で染め続けたら、髪の毛

本一本が後に細くなってしまったという

事もあり得るです。

 

何カ月後の頭皮、髪の毛のいい状態を

ちたいなら、少しお金はかかってもプロ

に施術して貰おう。

白髪染めリタッチで適切なやり方や方法はこれ!

またこの染める時がきた!と、マメな

なら1カ月に一度だいたい同じ周期で、

自分で染める人もいるだろう。

でも、美容室でしてもらって髪の毛が

えてきたら。。

 

⇒ヘアカラー失敗で明るすぎた!対処法やシャンプーと暗くするコツ!

時間もないし、お金ももったいないし

自分でリタッチ!そんなときのコツを教

えちゃいます。

 

※剛毛さんや、髪の毛の量がやたら多

人は、途中で足りなくなることもあるか

ら、念のために白髪染めをもう1つ買っ

て準備しておこう!

 

①まずは鏡で自分の白髪がどこに多い

チェックしよう!

 

白髪の多い部分は人によってもそれぞれ。。。

 

白髪の中にも、地毛の黒い毛が多く混

っているところがあるよね?

 

そこは、白髪が少ないから後回しで染

る。

 

白い毛にたっぷりの色を入れるには、そ

こだけ先に塗って、時間を置く必要があ

りますな。

 

②次に、コーミング!髪の毛なんてとく

必要あるの?なんて思うけど、今回は根

元を染めたいんです。

 

じゃあ毛先が引っかからないで根元が塗

りやすくなるようにしっかりコーミング

してサラサラにしておこう。

 

もう一つコーミングのときに注意点!

 

髪を1つに結ぶときみたいにオールバッ

クみたいに解かないで。

 

できれば5・5分わけとか、6・4分わ

けとか、でしっかり毛流に逆らわないよ

うにといてほしい。

 

③耳上あたりをコームの先で縦にトップ

までスライスを取り(両側)後ろはゴム

で束ねる。

 

それ以外の耳上の毛から染めて行く。

 

④トップの分け目→生え際(顔まわりと

ビン)→耳上を染める。

 

ハケはブラシとコームがついて先が少し

尖った物を使おう!

 

白髪が良く目立つ所を先に塗ってから、

トップの分け目の左右の白髪にペタペタ

と貼り付けるようにカラー剤をハケで塗

る。

 

その後、左手全体と親指で耳上の毛と前

髪をオールバックのようにかき分けて、

その手で髪の毛が前に落ちてこないよう

に頭に密着させてとめたら、顔まわりを

多めに塗る。

 

そしてビン、耳上も染める。

 

右側の顔まわりも手を変えて同様に!

 

顔まわりは鏡で見て染めるとキレイに仕

上がる。

 

⑤耳上からトップへ向かって染めていく。

 

美容室では、トップから塗るんだけど今

回は、一回で塗りやすいように、耳上か

ら徐々に塗り進める。

 

耳上にカラー剤を塗ったらその上7ミリ

を真横にコームの先でスライスを取り、

分け目の上下をハケで塗る。

 

またその上7ミリを塗って、同じ作業を

繰り返してトップの一番最初に塗ったと

ころまでたどり着かせる。

 

反対側の耳上も同様。

 

④③のゴムはそのままで、耳後ろ、襟足

の際を塗る。

 

耳上の分け目も塗る。

 

⑤③のゴムを外しながら、左手で束ねて

いた毛を持って、右手に持ったコームの

先で襟足の下から真横に7ミリスライス

を取って塗布。

 

また7ミリ…と塗り進めて、最後はトッ

プまでいきこれで全頭が塗れたことにな

る。

 

※白髪染めで、髪の毛を染めるコツは毛

流に逆らわずに塗ること!

 

下に向いて生えている毛には下に向いて

染める。

 

そうすると、粘度のあるカラー剤がぴっ

たりと逆らわずにくっついて、しっかり

と白髪が染まる。

スポンサードリンク

白髪染めで頻繁に全頭染めをしているあなた!痛みまくるぞ!

白髪が出てきたしー、で毎回、全部の根

元を染めるのが当たり前になりつつある

人って結構いるよね。

 

キレイに染まって、また気分も良くなる

ってことも。。。

でも、それは、見た目にはキレイだけど

頭皮や髪の毛にはかなりダメージのある

ことをしているよ!

 

⇒市販ヘアカラーは混ぜるな!特にトリートメントの2色混ぜや泡は!

カラー剤が頭皮につくと、頭皮に染み込

んで、その染料が体の中に入り込むと言

われている。

 

女性とかだと、40代頃から女性ホルモ

ンが乱れだす人もいる。

 

決して、白髪染めは体にいいものですよ、

とうたっているものではないため、頭皮

や、体にダメージを与えるように薬品を

根元からベタベタとマメに塗るのは、正

直オススメできないのだ!

 

もし、気になるなら、一度、全頭を染め

毛先も染める。

 

→次の月は、いつも分けている分け目と

顔まわり、髪の毛を結ぶなら耳後ろ襟足

も染める。

 

→また次の月は、根元全体を染める。

 

など、うまく白髪を隠せる所は毎回じゃ

なくてもいいから、1カ月飛ばしくらい

で染めると、頭皮への負担もグッと軽く

なる。

白髪染めはかぶれたら絶対にするな!

白髪染めの中でも、ヘアマニキュアやヘ

ナなどと違って、1剤と2剤を混ぜてブ

リーチしながら染めるグレイカラーのカ

ラー剤でかぶれる人がいる。

根元リタッチの場合、頭皮にべったり白

髪染めたっぷりつけて、時間を放置する

と髪の毛がしっかり染まる。

 

⇒ヘアカラー蕁麻疹とカブれが出たら早急に止めろ!治療法は?

ブリーチ剤の入ったカラー剤だから、頭

皮に塗り始めると、化学反応が始まって

染まる。

 

頭皮に塗り始めた時点で、痛い!!とか

、かゆい!!という人がいる。

 

カラー剤が肌に合わない人は、少し塗り

始めて、すぐに塗るのを中止しよう!

 

必ず、ゴム手袋や、市販のカラー剤に付

いているビニール手袋などをして、一度

ぬるま湯を軽く頭皮にかけてから、頭皮

についたカラー剤を柔らかく流しやすい

状態にするために、手でやさしくクルク

ル回して、しっかり洗い流そう。

 

あまりにかぶれたり、ヒリヒリが止まら

ないときは、最悪、皮膚科を受診してね。

スポンサードリンク

最後に

40・50代のなかには、白髪染めって

言っても、ブリーチ剤の入ったカラーだ

から、出来るだけ髪の毛傷めずにカラー

できたらうれしいよね。

 

年を重ねた女性は、ホルモンバランスの

乱れから皮脂の過剰な分泌を起こす人も

いる。

 

いつも、髪の毛がベタッとしていて、シ

ャンプーしてもべたつきが取れない人が

いる。

 

そういう人は、髪についた皮脂が邪魔し

てうまく白髪染めが染まらない場合があ

る。

 

また女性だと、月に一度のアレがやって

くると、それまで大丈夫だったのに、カ

ラーをした途端に急に頭皮がかゆくなっ

たりという人もいる。

 

40代50代になり、しっかり染めたい

なら、行きつけの美容室で、きちんとし

たカウンセリングをしてもらって年齢ご

とに栄養がなくなりがちな髪の毛をツヤ

ツヤにしてもらって、気分良く街を歩こ

う!

 

最後までご覧いただき本当にありがとう

ございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロール!