どうも。いもずるです!

今回は白髪染めの色落ち期間や退色しな

いシャンプーなどはないと言う事を解説

していきたいと思います。

 

あなたは毎日ちゃんと髪洗ってますか?

 

洗ってるに決まってますわな。

 

それじゃどんなシャンプーやトリートメ

ントを使ってます?

 

女性の人なら色々試して自分に一番合う

ものを使っていることでしょう。

 

男性の人はどうですか?

 

安いしこれでいいや、嫁のシャンプー

使えばいいやと思っていませんか?

 

そんなことを考えている、そうしてい

る男性のみなさん。

 

男性と女性の頭皮とか油の出方とか全

く違うって知ってます?

 

女性用のシャンプーってそこんとこ考

えて作られてるんですよ?

 

女性に合わせて作られたシャンプーや

リンスを男性が使っても・・・。

 

どうなるかわかりますわな。

 

やはり髪の毛のケアって人それぞれじ

ゃないですか?

 

合う合わないって人によって全く違うし

、逆に髪の毛、頭皮に逆効果になるかも

しれませんよ。

 

最近抜け毛が気になってきた・・・。

 

髪がゴワゴワする・・・。

 

シャンプーのせいかもしれませんよ?

 

髪の毛や頭皮にあったシャンプーやリン

スがあるように、白髪染めに合ったシャ

ンプーもあるって知ってました?

 

初耳だ!という人もいるでしょうか?

 

しかし、これまた色々な問題というか、

デメリットというか、色々あるんですわ

な。

 

今回はそんな白髪染め用のシャンプーに

スポットを当ててお話していこうと思い

ます。

 

では、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

白髪染めの色落ち期間や頻度はどれ位なのか?

まず白髪染めの色落ちの期間やその頻度

の話です。

白髪染めって色落ちしにくいとよく聞く

と思います。

 

それは間違いないです。

 

なぜなのかというと、おしゃれ染めより

強い染色剤を使っているからなのです。

 

じゃ、おしゃれ染めより色落ちしないな

らそこまで心配することないじゃん。

 

と、思うかもしれません。

 

しかし、それはあくまで染色剤の話。

 

染め方やその人の髪の毛の状態、質、染

めたカラーの色などで変わってきます。

 

一般的に明るい色にするほど色落ちしや

すいと言われていますしね。

 

さらには、白髪染めは色落ちが通常より

すごく目立ちます。

 

黒髪の場合は色落ちしたら地は黒ですが、

白髪は白ですから余計目立つというわけ

ですな。

 

しかし、大体の期間がわかってないと心

配ですよね。

 

あくまでも平均値として色落ちの期間を

言うならば大体1ヶ月で色落ちはしてい

きます。

 

あくまで平均値ですな。

 

なかには1週間から色落ちしてきたとか、

もう半年立ってるのにまったく色落ちし

ないという人もいます。

 

なので一概にこの期間落ちないからここ

までは大丈夫って基準はありません。

 

自分の白髪染めのカラー、髪の状態、髪

の質で変わっていきますから、毎日スタ

イリングの際、鏡で色落ち度をチェック

するのが一番の方法ですな。

スポンサードリンク

白髪染めに退色しないシャンプーなどないぞ!騙されるな!

白髪染めをしている人なら聞いたこと、

見たことありませんか?

白髪染めが退色しない、しにくいシャ

ンプーがあると。

 

そんなシャンプー信じます?

 

声を大にして言いたい・・・。

 

騙されるな!!と。

 

そんなシャンプーがあったら、今頃そん

なシャンプーしか売られていなはずです

よ。

 

⇒白髪染めでシャンプー当日NGはガセ!口コミや色落ちに騙されるな!

まず、なぜ白髪染めが色落ちするのか。

 

そもそも、うまく染色されていなかった

ために、簡単に色落ちしてしまうという

ことがあります。

 

カラーも明るいと、より色落ちが目立つ

ので、普段より落ちやすいと思ってしま

う場合もあります。

 

次にシャンプーです。

 

シャンプーの洗浄力によって色落ちが進

んでしまいます。

 

このシャンプーで色落ちしにくいという

のがあるのですが、そんなものなんて正

直ありません。

 

よくノンシリコン配合とか色々あります

けど、そもそもシャンプーの洗浄力で色

落ちが進むのにノンシリコンだろうがな

んだろうが関係ありませんよね?

 

シャンプーの洗浄力を弱めれば色落ちし

にくくなると思いますが、それではシャ

ンプーの意味がなくなっちゃいますわな。

 

カラー専用のシャンプーやリンスなんか

もありますが、洗浄力がある以上一緒で

すわな。

 

しかし、市販のシャンプーやリンスより

かは、多少はいいのかなとは思います。

 

よく広告なので色落ちしにくいシャンプ

ーなどと言われているものありますが、

あまり信じずに、試しに使って自分で判

断すべきですわな。

白髪染めが茶色に退色するのは何故なのか?

白髪染めをしてしばらくして、ふっと鏡

を見た時、あれ?髪茶色くない?茶色な

んかに染めてないよ?

 

と、思った時ありませんか?

 

白髪染めが色落ちすると茶色になってし

まうことがあります。

 

なぜなのか。

 

まず、白髪染めの染色方法ですが、白髪

染めは黒色と白色、この2色を1色に近

い感じに染め上げないといけません。

黒色は特に色が濃いので、一度ブリーチ

(脱色)してから染め上げます。

 

⇒白髪染めのアッシュやベージュに気をつけろ!染まらないから!

ブリーチするということは、黒色が茶色

に近い色になってしまうということです

ね。

 

その状態で染色をするわけですから、も

し白髪染めをして、日が立って染色した

色が落ちてきたらどうなるか想像できま

すわな。

 

もし、少しでも茶色にしたくない、茶色

になるのは仕方ないけど、出来るだけそ

の期間をのばしたい。

 

というのであれば、予め暗い色で染める

ことです。

 

明るい色で染めると、色落ちは通常より

はやいです。

 

これは仕方ありません。

 

つまり茶色になるのもはやいということ

です。

 

なので、予め暗い色に染めることで、少

しでも茶色になるのを遅めるということ

ですわな。

 

白髪染めをする以上、茶色にならないと

いうことはないのでそこは知っておきま

しょう。

 

茶色になる前に染め続ければ茶色になる

ことはないですけどね。

スポンサードリンク

白髪染めはリタッチ期間を空けすぎると色が繋がらなくなる!

白髪染めして日が立つと、根本の白髪目

立ってきませんか?

そんな時行うのがリタッチです。

 

リタッチとはなんぞや。と、言いますと。

 

リタッチとは部分染めの事です。

 

つまり根本の白髪部分だけ染め直してあ

げようという事です。

 

⇒白髪染めリタッチのやり方で40代50代は市販を使うな!適切な方法!

根本が目立ってきたらリタッチすればい

いじゃん。

 

値段も安いし、手軽だからいいじゃん。

と思っていませんか?

 

しかし!リタッチにも注意することがあ

ります。

 

それは・・・。

 

リタッチ期間が空きすぎると色が繋がら

なくなるということです。

 

ちょっとその説明の前に、髪の毛ってど

れぐらいで伸びるか知ってますかな?

 

日本人の平均で大体1日0.3ミリから

0.4ミリぐらいと言われています。

 

これよりはやい人もいれば遅い人ももち

ろんいます。

 

つまり1ヶ月で大体9cm伸びることに

なります。

 

この9cmどう思います?

 

結構伸びてると思いません?

 

9cmも伸びれば結構白髪、目立っちゃ

いますよね。

 

そこでリタッチの出番です。

 

目立った白髪をリタッチで簡単に染め直

し・・・。

 

といきたいところですが、リタッチの最

大の欠点がここで問題になります。

 

そうリタッチって期間を空けすぎると色

が繋がらなくなるんです。

 

色が繋がらないとは元の色と合わなくな

るということです。

 

そうなってしまうと全体を染め直すしか

方法はなくなってしまします。

 

じゃ、リタッチの最適な期間は?

 

と言われると正直答えられません。

 

なぜかというと、染めた髪の色、髪の伸

びるはやさ、髪の太さ、目立ち度によっ

て変わってきますから。

 

つまり、美容室に相談というのが一番の

答えになります。

最後に

どうだったでしょうか?

 

色々な商品、色々な方法で色落ちを防ご

うとか、色落ちしないとかありますが、

そんなものに騙されてはいけません。

 

その髪の毛、誰の髪の毛ですか?

 

シャンプー作ってる人の髪の毛ですが?

 

広告してる人の髪の毛ですか?

 

自分の髪の毛でしょ?

 

その髪の毛をベストな状態にするには自

分でしっかり管理して、自分で判断する

のが一番というわけですわな。

 

努力なくして髪を最高の状態に維持する

ことは出来ないのです。

 

お金も多少かかりますが。

 

みなさん、しっかり自分の髪と向き合って

最高の状態、スタイリングを目指していき

ましょう。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうご

ざいました。

その他の関連記事は下をスクロール!