どうも!いもづるです!

今回は、市販ヘアカラーの染め方でメンズ

はムラになりやすい事をお話しして行きた

いと思います。

 

「髪の毛を染めたい」「でもあまりお金は

かけられない」そんな時思いつくのは市販

のヘアカラーでするセルフ染めではないで

しょうか?

 

最近では、おしゃれ染めも白髪染めもカラ

ーバリエーション豊かで、くしで塗るタイ

プやポンプタイプなど多種多様なヘアカラ

ーが取り揃えられていますよね。

 

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど

でも手軽に手に入る市販のヘアカラーです

が実はこんな落とし穴が・・・。

 

今回は特にメンズヘアカラーに焦点をあて

て紹介いたします。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

市販のヘアカラーほどメンズはリスクがある!

「最近、白髪が目立ってきたなぁ・・・い

っそのこと金髪にしてしまえば目立たなく

なるのでは…?」と考える人も多いのでは

ないでしょうか。

 

確かに、色味のコントラスト比で言えば、

白髪と金髪だとコントラストの差は少なく

、目立たなくなるでしょう。

しかし、白髪染めの市販ヘアカラーは基本

的に白髪が黒い髪に馴染むように作られて

いるため、白髪染めで金髪に染めるのは限

りなく不可能だと言えます。

 

美容室でも「白髪染めで明るい色にしたい

」というお客さんはお断りするといったと

ころも多いようですな。

 

やはり美容師でも難しいことです。

 

そこで、「じゃあブリーチをすれば金髪に

なれるのでは?」と考えたくなりますよね。

 

ですが、ブリーチ(脱色剤)は髪の表面を

コーティングしているキューティクルを壊

すことが目的として作られている薬なので

、髪の表面や頭皮へのダメージがとてつも

ないということが分かりますな(^_^;)

 

また、もしそれでもブリーチをしたい、髪

の色を金髪にしたい、今よりも明るくした

い、という人はブリーチをしてからカラー

を重ねる場合、最低でも2週間は期間を空け

ましょう。

 

先ほども言いましたがブリーチは頭皮と髪

の表面に強烈なダメージを与えるため、最

禿げます。

 

健康な頭皮の色は青白いと言われています

が、信号機と同じように黄色~赤色になっ

たら要注意です。

 

鏡で頭皮のチェックをしてみてください。

スポンサードリンク

そもそも市販のヘアカラーはムラになる前提!

カラー剤には「髪を明るくする薬」と「髪

に色を入れる薬」の大きく分けてこの2つ

の成分で成り立っています。

この配合の違いで色の明るさに違いが生ま

れるのです。

 

また、使用されたことがある方はご存知か

と思われますが、1剤、2剤を混ぜて液を

作ります。

 

⇒ヘアカラーの髪色が抜けやすい期間や季節などあるのか?

市販のヘアカラー剤はこの2剤が日本基準

の最強レベルなため、必然的にダメージと

ムラの原因になってしまうようです。

 

また、傷んでる髪には色が入りやすく、色

が抜けやすいという特性があるため、同じ

ヘアカラーで染めると根本の傷んでいない

髪と毛先の傷んでる髪とでは染まり方が異

なり、結果ムラになってしまうのです。

市販のヘアカラーは明るい色ほど根もキンになる!

染まりにくいからと生え際や根本を先に塗

り、他を塗っていく・・・というスタイル

が一般的だと思いますが、ヘアカラーを塗

布した後、時間を置きすぎるとどこよりも

先に塗っていた生え際や根本のキューティ

クルが激しく壊れてしまい、逆に色素が流

失して色が入ってこないという状態になり

「根もキン」という現象が起こります。

 

⇒ヘアカラー自分で染めたら退色!染め直しで美容院直行!

この「根もキン」になってしまうと、これ

から生えてくる髪は黒く、「根もキン」だ

った場所がズレて真ん中が明るくなり、毛

先もまた違う色…というように妙なグラデ

ーションになってしまう恐れがあります。

 

セルフカラーの1番多い失敗は根元部分のみ

が明るくなりすぎることで、原則的には暗

めのカラーの方が失敗しにくいのでオスス

メですな。

 

そんな理由から染め方から温度調整、時間

調整などを考慮して染める必要があります

な。

 

基本的に カラーは、薬剤の塗布量と同時に

温度の作用を大幅に受けます。

 

である為、地肌に近い根元ポイントはカラ

ー剤が過剰にフィットし明るくなりやすい

のですな。

 

この失敗を避けるために、美容室などでは

根元は避けてぎりぎりを狙いながら塗布す

るやり方や、予め予定の明度より1~2ト

ーン落とした調合をしますな。

 

ちなみにムラになったところを100%の形

で修正するにはかなりのエネルギーを費や

します。

 

またカラー剤のセレクトを間違えてしまう

ことでこれから先の明度にも関係するリス

クがありますな。

スポンサードリンク

メンズほどセルフでやって失敗している!

男性に人気のカラーとして「アッシュ系」

という言葉をよく耳にしますね。

 

クールにかっこよく決まる色味なので、

誰もが一度は挑戦してみたいと思う色な

のではないでしょうか。

 

しかし、特にアッシュ系、マット系とい

った寒色系は色が入りすぎると黒ずんだ

色味になりますし、ブリーチをして色を

抜いてからカラーを重ねても、ブリーチ

自体がとてもムラになりやすいためカラ

ーもそのままムラが出てしまいますな。

 

それでなくても、アッシュ系カラ―は他

の色よりも染まりが早いためムラになり

やすい色なのですな。

 

⇒セルフカラーで上手く染めるコツなどない!ブロッキングも同じ!

1つ失敗談としてご紹介すると、Aさん

は「ブリーチを2回した金髪に泡で染め

るタイプのアッシュ系のベージュを入れ

たら毛先だけ緑色になってしまった・・

・」ということになってしまったようで

す。

 

大変ですね。

 

2回もブリーチをしてボロボロのキュー

ティクルにしたあげく間髪入れずにアッ

シュ系のカラー剤を重ねた結果、傷んだ

髪にアッシュ系の色味が入って緑色にな

ってしまったわけですな(^_^;)

 

髪の表面にももちろんダメージがありま

すが、これは頭皮ダメージも相当なもの

だと予想されます。

 

最近では前髪だけ縮毛矯正をしている男

性も増えてきていますが、そんな方は髪

の内部が変性しているのでそういう人も

色味の変化で驚くことがあるかもしれま

せん。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたでしたか?

今回は、ヘアカラーの染め方、メンズへ

の対応などについてスポットをあててい

きました。

 

手軽にできる市販のヘアカラーも使い方

を間違えると、やり直してもらうために

美容室に行き、結果的に高くついてしま

う・・・なんてことも多々あります。

 

特にブリーチに関して言えば、一度壊し

てしまったキューティクルを回復させる

ためにはかなりのケアと時間がかかり、

最悪の場合髪の毛がトロトロに溶けてし

まいますな。

 

溶けた髪の毛はシャンプーで洗っている

ときにどんどん切れていきますし、一旦

水に濡れるとビックリするほど全然乾き

ませんな。

 

そして、これまで再三、髪の表面や頭皮

にも強烈なダメージを与えてしまうとい

うことを述べてきましたが、そのことか

ら手軽に使用できるが市販のヘアカラー

剤は「強い薬」であるということがお分

かりいただけたのではないでしょうかね。

 

そんなブリーチ剤やカラー剤を頭に塗る

ということは頭皮の毛穴からその「強い

薬」たちが体内に入り込んでしまうとい

うことです。

 

その結果、体調を崩してしまったり、ア

レルギーが出てしまう方もおられます。

 

市販のヘアカラーでセルフ染めをすると

いうことはリスクを伴うということをよ

くご理解いただき、もしそれでも手軽に

安く済ませたいと考える方がいれば、ぜ

ひムラだらけのオーロラ頭にならないよ

うに放置時間、湿度、塗布の量などにも

気を付けて使用してほしいと思いますな。

 

最後までご覧いただき本当にありがとう

ございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!