どうもっ!いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

 

今回は、セルフカラーについて解説し

ていきたいと思います。

stockfoto_36606331_s

セルフカラーって値段も安いし家で簡

単に出来ちゃうからすごいお手軽!で

もその簡単さには裏があるのを知って

いますかね?

 

どうしてセルフカラーがリスキーなの

かを見ていきたいんだな♪

 

それでは、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

セルフカラーのリスクとは

市販のカラー剤を買ったことがある

人は多いとおもいますな。

 

根元から毛先まで同じ薬で染まるって

言うのが売りだと思うけどそれが大問

なんだな。

 

髪の毛って根元は新生毛って言ってま

髪の毛が赤ちゃんの状態であり、毛

先に行くにつれておばあちゃんになっ

ていくんだな♪

img_b0eb894ad5e5cf2412d0b33cbe8470d6161437

髪の毛って個人差はあるけど大体が

1ヶ月1センチから1.5センチ伸びて、

髪の毛が肩につく長さのミディアム

とか長い人で胸下のロングの長さも

あれば毛先はもう2年位は一緒にいる

わけで、例えば毎日同じ服を着たら一

か月位で年期がはいって形が崩れて

くるよね。

 

それと一緒で髪の毛も2年もたちゃ日光

やドライヤー、くしでのブラッシング、

コテなんか使っていればそれなりにダ

メージが蓄積されるんだな。

 

でも大切に扱ったりホームケアをしっか

りして入れば多少は傷みは半減するけど

皆んな傷んでから気づいて治したくなる

のが本音なんだな(^_^;)

 

なかなか最初からキレイに扱える人は

いないし、傷んでからどうにかして下

さいって言われてももう手遅れなんだ

な。

 

市販のカラー剤って本当にリスクがい

っぱいだから髪の毛の事を考えてあげ

てほしいんだな♪

 

新しい毛と古い毛を同じ薬で染めた

らどうなるかってことだけど、市販

のカラー剤で初心者でもでしっかり

染まるように作られてるってことは

、薬剤は強いものを使用しているん

だな(^_^;)

 

初心者がキレイに染められたら美容師

はいらないし、皆んなそれなりにちゃ

んと勉強してきているんだな。

スポンサードリンク

泡カラーのリスクとその後は?

泡カラーって市販のカラー剤の中でも

とくに簡単でやりやすいんだよね。

 

シャンプーみたいに泡を髪の毛につけ

るだけだから、簡単に染められたら誰

でも自分で買っちゃうんだな♪

 

でもそれが落とし穴、、毛先がおばあ

ちゃん化する第一歩なんだな。

 

⇒市販のヘアカラーで痛まない物はある?アホか!ある訳ない!

市販のカラー剤は基本的にくしが付いて

きてピンポイントで染められるようにな

ってて、セルフカラーだから痛むんだけ

ど毛先を外せるからまだましなんだな。

 

だけど泡カラーは別で、髪の毛全部に

薬をつけなくちゃいけないんだな。

 

シャンプーを根元だけつけるって中々

できないよね?それと同じなんですな

(^_^;)

 

しかもこれだけ髪に悪いって言ってる

のに泡カラーは頭皮にも泡が付いちゃ

うから皮膚から人体にも入っちゃう。

 

美容師さんは頭皮に付かないように

染めて最後の最後で根元につけたり

って技術もあるけど自分でやったら

そんなことできないよね。

 

カラー剤が体内に入ることでアレルギ

ーを引き起こす原因にもなっちゃうか

ら簡単で安いからって選んじゃダメっ

てことなんだな♪

スポンサードリンク

ブリーチのリスクとその後は!

ブリーチは美容室でやっても相当なダ

メージがかかるものなんだな!

 

ブリーチをすることによって、髪の毛

の内部の細胞を壊しているから髪の毛

が死んじゃってる状態なんだよね。

 

お水につけるとテロテロで髪の毛がビ

ヨーンって伸びるんだけどそのまま切

れるか伸びっぱなしで元に戻らないで

チリチリになるんだよね。

 

だからブリーチをしたら他のカラーも

色を入れるベースがなくなっちゃって

るから色がすぐ抜けるし、パーマなん

てかからないんだよな(^_^;)

 

いちばん気をつけて欲しいのがアルカ

リを使った施術で、特に薬品が強けれ

ば強いほどリスキーなんだな。

 

ブリーチ毛の部分に強いアルカリをつ

けるとどうなるかって?

 

答えは切れる、もしくはチリチリにな

る。こうなるともう元に戻せないんだ

よね。

 

美容師さんならって思うかもしれない

けど今の日本の技術を駆使しても髪の

毛を治すのってできないんだな。

 

なので、簡単な気持ちでブリーチに手

を出さない方がいいんだな♪

黒染めのリスクとその後は?次のページへ