どうも。いもづるです!

今回は、セルフカットロングですくの

と後ろ髪や前髪ぱっつんの原因につい

て検討して行きたいと思います。

 

女性なら誰しも一度は「ロングヘアに

したことがある。」または「したいと

思ったことがある。」のではないでし

ょうか。

 

(もしかしたら男性でもそう思ったこ

とがあるかもしれませんね。)

 

そんなロングヘアですが、綺麗に伸ば

すのも、長さを維持するのも実はとて

も大変なんですな。

 

今回はそんなロングヘアとぱっつん前

髪についてご紹介していきたいと思い

ます。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

そもそもロングヘアは難易度が高い!

「ロングヘアは髪の毛が抜けやすい」

という話を聞いたことがある方も多い

のではないでしょうか。

 

ロングヘアの髪が抜けやすい理由とし

て、「シャンプーが大変」だというこ

とが挙げられます。

 

ロングヘアだと髪全体を濡らすだけで

も大変な作業ですよね。

 

そこにシャンプーで頭皮まで洗い、す

すぐ。

 

時間がかかるのもよく分かります。

 

だからと言ってここで面倒くさがりす

すぎを適当に済ませてしまうと、頭皮

にシャンプーが残ったままになってし

まい、それが原因で炎症を起こして抜

け毛を多くしてしまうことがあります。

 

また、どんな髪型であってもシャンプ

ー後はなるべく早く髪を乾かしたほう

がいいと言われていますね。

 

髪や頭皮が湿った状態で長時間放置し

ていると雑菌が繁殖し、頭皮の環境を

悪くする原因になるからなのです。

 

しかし、髪の毛が長いと乾かすのにも

時間がかかり、完全に乾かすことが中

々難しく、結果抜け毛が増えてしまう

のでしょうな。

 

次に「髪を結ぶことによる抜け毛」

す。

 

ロングヘアの状態でいると何か作業を

する時やご飯を食べる時など、鬱陶し

いと思う時がありますよね。

 

そこでポニーテールにしたりなど髪を

結ぶ人は多いと思いますな(^^)

 

しかし、ここで髪が引っ張られ続ける

ことが原因で「牽引(けんいん)性脱

毛症」という、引っ張られた部分の血

行が悪くなり、髪の毛が抜ける脱毛症

になってしまう場合があるので、長時

間結び続けている方はたまにおろして

髪と頭皮を休ませてあげる必要があり

そうですな。

 

上記は「ロングヘアは髪が抜けやすい

」という視点でお伝えしましたが、そ

れ以外にもロングヘアは「毛先が傷み

やすい」、「毛先のダメージが目立ち

やすい」、「ふとした物に引っかかり

やすい」などといった点もあり、ロン

グヘアの難易度の高さが伺えますよね。

 

もし髪の長さが40センチほどあれば毛

先の部分は4年前の髪の毛だというこ

とになるので、カラーやパーマ、アイ

ロンやコテなどを使っていた場合のダ

メージの蓄積がもろに毛先に現れるの

で、ヘアケアの大事さも痛感させられ

ますな。

スポンサードリンク

ロングのセルフカットですくだけとかあり得ない!

「髪の毛の長さは短くしたくないけど

、シャンプーや乾かすのはもっと楽に

短時間にならないかなぁ。そうか、す

いて量を減らせば。」と考えたくなり

ますな(^_^;)

確かに、髪の量が減れば必然的に髪を

洗うのも乾かすのも楽になり、時短に

繋がるでしょう。

 

⇒セルフカットに失敗し美容室に駆け込んでもどうする事もできない!

しかし、ロングヘアはすいてしまうと

綺麗に伸ばすことができませんよ。

 

スカスカになった毛先より、厚みがあ

りまとまりがあるほうが髪もダメージ

が少ないのです。

 

ある程度束になっている方が髪は傷み

にくくなるようですね。

 

そして、すいた部分が前に出てくるの

で見た目にも汚くなりますな。

 

また、すいたことで枝毛を作ってしま

う原因にもなり毛先がどんどんパサパ

サになっていきます。

 

綺麗に伸ばしたいのであればすかない

ほうがいいですな。

スポンサードリンク

セルフカットで後ろ髪?無理だから!

「お金もないしセルフカットでちゃち

ゃっと済ませたい。」と考える人も多

いのではないでしょうか。

でもどんな方でも目は後ろにはついて

いませんよね(^_^;)

 

合わせ鏡で見ても切りたいところにう

まくハサミが辿り着かない。

 

なんてことになっていませんか?

 

髪を切るにはいろいろと段取りがあり

す。

 

コームでしっかりと髪をとかすところ

までは誰にでもできると思いますが、

その後に髪をブロッキングしていかな

ければなりませんな。

 

⇒くせ毛で枝毛がひどい奴!カットのメンテナンスで改善しろ!

また、ハサミを入れる方向というのも

あるのですよ。

 

ここで美容師の切り方を思い出してい

ただきたいのですが、美容師は髪に対

して縦にハサミを入れていませんか?

 

それは頭皮に対して平行にハサミを入

れたとき、切った髪に段差ができてし

まうからなのですな。

 

まだまだ切り方についてはお伝えした

いことだらけですが、そういった基本

知識を理解しないでいきなりセルフカ

ットで後ろ髪に挑戦するのは、かなり

無謀な挑戦だということだけはお分か

りいただけたらと思いますな。

 

基本的には、結構自分自身のフィーリ

ングどおりには切ってもらえない事が

あるのが美容室でのカットですよな(^_^;)

 

ロングからばっさりショートにする時

などは、正にカウンセリングだけでも

時間が掛かるもの。

 

最後の仕上がりに満足出来ない為に、

毎回違うところに行ってはどこも同じ

様な美容師しか当たらないと言う事は

結構あなたも経験してきているはずで

す。

 

なので、自分でセルフカットする人も

最近では急増してきていますな。

 

ロングなので髪を結んでその下をすき

バサミでカットする人も多く、そうな

れば間違えて上の方を切りするぎるこ

とはないので、こんな方法を美容師か

ら伝授してもらい、セルフカットをし

ている人が多いですね。

 

もともと、自分で前髪は切っている人

が多いので失敗しても自分のせいで納

得している現状です。

 

慣れてくれば、さらにそこからアレン

ジを加えたり段カットなどの高度なテ

クニックなんかを駆使して切る上級者

の人までいるんですな(^_^;)

 

ただ、これらはあくまでも上級者なの

で、素人が簡単に出来るものではあり

ません。

 

なので、ちゃんと自分の髪の事を思う

なら面倒臭くても美容室に行きましょ

う。

スポンサードリンク

セルフカットで前髪ぱっつんになった?当たり前です

セルフカットで前髪を切った経験のあ

る方はたくさんおられると思いますが、

予想以上に切りすぎたり、左右がアン

バランスで少しずつ直しているうちに

ぱっつんになった。

 

なんてことはありませんか?

 

前髪カットの失敗する要因として、

  • 髪が濡れた状態でカットした。
  • 上目使いでカットした。
  • 文房具のハサミでカットした
  • 引っ張りすぎてカットしている
  • ハサミを横にしてカットしている

などなどが挙げられます。

 

⇒クセ毛カットが得意な美容師はカットが上手い?ガセだぞ?

切り方のコツを知らなかったり、道具

の使い方が違ったりするとカットが失

敗してしまいやすくなるんですね。

 

先ほども言いましたが、ハサミを入れ

る向きを横にしたまま前髪をカットし

ますと必然的に「ぱっつん前髪」の完

成ですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

サラサラでつやつやなロングヘアは誰し

もが憧れますよね。

 

ですが、そこに行くまでの道のりやそこ

からの努力がどれだけ必要かはお伝えで

きたのではないでしょうか。

 

また、今回はセルフカットについても少

し触れてきましたが、セルフカットは安

易にハサミを入れてしまうと、せっかく

伸ばした髪も取り返しのつかないことに

なった。

 

なんてこともあるかもしれませんな。

 

髪質によっては広がったり、枝毛が増え

たり、毛先がパサパサになったりする人

もいるかもしれませんので、最初は美容

室できちんとカウンセリングを受けてプ

ロの施術を受けることをおすすめします

な。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!