どうも。いもづるです。

今回は、セルフカラーで上手く染めるコツ

などない事やブロッキングなどの処理をし

ても大して意味無い事を解説していきたい

と思います。

 

そもそもセルフカラーで施術を行っている

時点でネガティブな発想なんですが、世の

中の経済状況からして低所得者が多いので

安さに走る傾向は理解できますが、自分の

髪の毛に対する事なので結果的に痛みやダ

メージなどの外的要因にさらされて将来的

にはリスクを覆うことになります。

 

今回は、そんな自分の髪の毛に対する重要

性とセルフカラーの施術に対する本質など

に迫ってみたいと思います。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

まずはセルフカラーの本質を知れ!

まずは、セルフカラーとは何ぞや?と言う

本質を理解して置かなければいけません。

 

これには、様々な要因が隠されているんで

すが何でプロ達がいる美容室やカラーを専

門としているカラーリストゆえのスペシャ

リストが存在しているのに、わざわざ市販

のセルフカラーを選ぶのか?

 

一番の要因は、

安い

これに付きますな。

 

では、安いと質(仕上がり)とで天秤に掛

けたときどちらがその比重が大きいのか?

と考えると、セルフカラーを継続して使用

する人達は迷いもなく「安い」の方が比重

が大きいのです。

 

女性って「美」に興味がないの・・・?

 

と管理人からしたら思うのですが、そもそ

も興味があれば仕上がりに結果が必ずと言

っても差がでるセルフカラーに手を出しま

せん(^_^;)

これは、女性にかぎらず男性にも言える事

ですな。

 

最近では、女性より「美意識」が高いメン

ズも大勢いてるので、どちらかと言えばメ

ンズの方がちゃんとプロに任せている傾向

が強いんですな。

 

ただ、セルフカラー率は今もかなり女性の

方が比率が高いんですが、その大半はオバ

ちゃんなどの白髪染めにあります。

 

白髪染めは、リタッチ(伸びた箇所)だけ

の染め方があるので、いちいち美容室に行

って高いお金を払ってまでリタッチをする

必要はないと言う自己の考え方があるよう

で、元美容師の管理人から言わせて貰うと

リタッチほどプロにやって貰うべき施術だ

と言う事を理解していません。

 

リタッチは、伸びた箇所をピンポイントに

染めないと100%ムラになる施術なので、

そもそも自分で伸びた箇所を狙って染めれ

るはずがないです。

 

どう考えても、物理的に不可能です。

 

後ろのバックなんてどうやって染めるの?

って感じです(笑)

 

なので、1ヶ月後2ヶ月後とそのムラになっ

ている染まっていない箇所がどんどんシマ

シマの様になっていき、髪の重なりをめく

って見るとムラムラになっている人かなり

多いですよ。

 

これはあくまでリタッチの例ですが、この

様にファッションカラーでも市販のセルフ

カラーを継続して行けば、この様な同じ現

象になり結局プロに頼り得なくなるのです。

スポンサードリンク

セルフカラーで上手く染めるコツなどない!

結論から言えば、これが全てです。

 

セルフカラーに上手く

染めるコツなどあり

ません。

 

と言うより、セルフカラーを使用している

時点でナンセンスです。

 

セルフカラーで、綺麗に上手く染まるので

あれば、世の中にカラーリストや美容室な

ど存在しませんな(^_^;)

 

よく、ネット上やランキング形式の口コミ

などで一番売れている市販カラーや流行り

の色などがPRされていますが、はっきり言

って世の中の人達は惑わされすぎですな。

 

CMや過剰広告と言う物は非常によく出来て

いて人間の購買意欲を刺激する様にマーケ

ティングされています。

 

つまり、その人にだけに突き刺さる様にマ

ーケティング戦略が施されていて、プロが

売れる様に上手く販売戦略を組み立ててい

ます。

 

なので、市販のセルフカラーを購入したユ

ーザーは後傷もうがムラになろうが、そん

なもの企業側には何の関係もありません。

 

つまり、購入した後は全てが自己責任です。

 

極端な事を言えば、カブレようがアレルギ

ーがでようがそんな物全く気にしていませ

んし、売れた瞬間企業の利益になると言う

事です。

 

それ以上もそれ以下もありません。

 

よく、セルフカラーのパッケージの裏に

「アレルギー体質の人やカブレが出た時は

すぐに専門医に行って下さい」と書かれて

いますよね?

 

それだけです。

 

要は、「購入してくれてありがとうござい

ました。後はムラムラになろうが上手く染

めれなくて失敗しようが自己責任でお願い

します」と言う事です(笑)

 

この様なカラー剤に上手く染めるコツなど

あると思います?

 

⇒市販ヘアカラーの暗めにおすすめはない!過剰広告だよ!

価格が安いと言う事は、それ候の価値しか

ないと言う事です。

 

大きな価値を求めるのであれば、それに見

合ったお金を払いその分の価値を得るのが

賢いお金の使い方なんです。

 

安い物しか求めない様な人は、そもそもそ

の人の社会的価値も低いと言う事です。

スポンサードリンク

セルフカラーでのブロッキングも同じだよ!

セルフカラーを上手く綺麗に染めたいが故

に、ブロッキングをとって施術する人がい

ますが、はっきり言ってこれも同じです。

 

要は、材料がセルフカラーで変わっていな

いのですから、いくら小手先のテクニック

などを用いてもムラになる確率は変わりま

せんな。

よく、ブロッキングしたら綺麗に染まるよ

とか意味不明な事をアドバイスする薄っぺ

らい美容師などがいますが、そもそもそん

な間違ったアドバイスなどをしている時点

でプロではありません。

 

特に今の日本の美容師は、店舗数や美容師

事態の数が以上に増えすぎて飽和していま

すから、適当な薄っぺらい美容師もたくさ

んいます。

 

⇒ヘアマニキュアはセルフでやるな!失敗したら落ちないぞ!

そんなプロである美容師でさせ、お金がな

いなどと言って市販のセルフカラーを美容

師同士が行う始末なのです。

 

自分が勤めている店で染めたら良いじゃん

と思いますが、材料の原価分は自腹と言う

店もありはっきり言って信じられません。

 

どんだけオーナーはケチなんだと思わず思

ってしまいますが、本当にあるんですよそ

んな店(笑)

 

ただでさえクソ安い給料でコキ使われてい

る美容師なのに、たまに自分の頭をカラー

リングするだけでも材料費を取られたんじ

ゃそりゃ安いセルフカラーに走るわなって

かんじです。

 

プロである美容師ですら、セルフカラーで

ブロッキングをとって染めている時代なの

で一般素人のユーザーなら、安い事に魅力

を感じて手が出やすくなるのですな。

 

ただ、セルフカラーと言う素材が同じであ

る限りブロッキングなどの細かく丁寧に分

けようが、染まり具合は全く変わらないと

言う事です。

スポンサードリンク

セルフカラー後に失敗しても時既に遅し!

よく、セルフカラーに失敗した後に美容室

に駆け込む人がいますが、はっきり言って

時既に遅しです。

 

「失敗してもプロに頼めばいいや」と言う

安易な思考はヤバいです。

 

一番多いのが、ネモ金(根元だけ明るい)現

象です。

 

ネモ金とはヘアカラーを綺麗に見せるため

の条件の一つとして髪の根元より毛先のほ

うが明るくなっていないといけません。

 

それが逆転したケースで、つまりは根元が

明るく毛先のが暗いというカラーのことを

ネモ金と言います。

 

なぜだめなのか?

 

傷んだポイントは色素も薄くなり、いつの

間にかやや明るく見えます。

 

言ってみれば、カラーリングをしていない

場合でも髪の根元より毛先のほうが明るい

という状況になっているわけです。

 

その他にも市販のセルフカラーは薬剤をケ

チる傾向がありますな。

 

⇒トーンダウンでアッシュに気をつけろ!くすみ過ぎるぞ!

セルフカラーをやる人は元々思考的にお金

を掛けたくない人達なので、薬剤が足りず

もう一箱買うのは抵抗があるのです。

 

なので、結果的にケチってしまい何とかそ

の範囲内で収めようとします。

 

しかし、カラーリングの基本は薬剤をたっ

ぷり使うことで髪に塗るというよりも乗せ

るくらいのイメージで薬剤をケチらずに使

った方が魅力的に染まるんですな。

 

途中で薬剤が足りなくなるというのが最悪

のパターンなので、髪がロングの場合は最

低でも2箱以上はいるんですな。

 

1度やってみれば、この長さでこのくらい

の量を使うなということが分かるでしょう。

 

最後に乳化させて色持ちを高めるタイミン

グが経ったらヘアカラーを流しますが、こ

「乳化」という作業が大事になってきま

す。

 

小さいぬるま湯をかけてしっかり乳化させ

ていきます。

 

ぬるま湯をかけて、マッサージのようにし

て泡立つまで丁寧に洗うことで理想的に染

まるんです。

 

このプロセスをしっかりと施すことで色の

持ちがアップしますから、くれぐれもその

まま手短に洗い流さないようにする必要が

あるんですな。

 

自分自身でカラーリングをしたとか、よそ

の美容院でカットやパーマをかけたことは

隠さないで伝えましょう。

 

髪やヘアスタイルの工夫などが分からなく

なってしまうのですから、はっきりとレク

チャーしよう。

スポンサードリンク

セルフカラーに走っている奴はリスクを解っていない

つまり、セルフカラーを継続して使用して

いると将来的なリスクを生じる事が大です。

 

今はまだ若いから・・・

 

とか、そんな安易な考え方では10年後20

年後必ずそのしっぺ返しが来るでしょう。

 

頭皮や髪の内部のダメージは必ず蓄積され

ていくので、セルフカラーを使い続けるほ

どその負担は大きくなっていきます。

 

つまりは、セルフカラー剤は美容院のカラ

ーと比較すると染毛力が強力なので、ダメ

ージが酷くなるでしょう。

 

美容院では保証期間を置いているところも

あり、ダメージへ気配りした染め直しが不

可能ではありません。

 

⇒ヘアカラー色持ちが悪い原因はなに!?生活習慣にも影響してる!

気になったケースでは担当の美容師に頼ん

でみると良いですよ。

 

そんな意味からも、最初のケースよりダメ

ージが進むに違いないと思いますのでよく

考察することが必要だと言えます。

 

髪の為に必要なことは過剰なヘアカラーの

やり直しや髪や頭皮のダメージも大きい状

況もトラブルですが、短期間の永続カラー

と言われる無理な施術によってかえってム

ラの原因になることもあるでしょう。

 

取り敢えず暗く染まってしまったと考えら

れる失敗ケースでは、無理して脱染剤を活

用して染め直しを実施すべきよりも、シャ

ンプーを重ねるうちに色が落ちていくのを

待った方がいいのですな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

 

今回は、セルフカラーの上手く染めるコツ

などない事や、ブロッキングなどに付いて

も解説していきました。

 

まだまだ、市販を使っている人も多いです

が、極端安さなどに走るのはリスクが後々

高くなるので、将来的な事を考慮するなら

今すぐにその思考は捨てましょう。

 

安い=価値が低い

 

このことだけは、しっかりと頭の中に入れ

ていて欲しいと思います。

 

それでは今回は、この辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!