どうも。いもづるです!

今回は、セルフカラーブリーチのオス

スメやコツの罠についてです。

 

口コミなどのランキングや過剰広告な

どもよく目に付きますが、基本的にど

れも間違ったものが多いのです。

 

「髪の毛を明るく、透明感のある色に

したい。」「お金もないからセルフで

安く済ませたい。」「おすすめのブリ

ーチって何があるんだろう…?」と考

える方も多いのではないでしょうか。

 

最近では市販のブリーチ剤もいろいろ

な種類が販売されるようになりました。

 

口コミなどで選ぶ方もいるのではない

でしょうかね。

 

ですが、実はその口コミ、過剰広告だ

ったりすることも多いのですな。

 

今回はそんなセルフカラーブリーチに

ついてご紹介していきます。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

そもそもセルフブリーチにオススメやコツなどない!

基本的にブリーチは髪の毛をメッシュ

ウィービング、おしゃれ染めのベー

スに脱色するときに使用しますな。

 

一般的なヘアカラーは、髪を明るくも

しますが基本的には「髪に色を入れる

力」があり、ブリーチはヘアカラーと

違い「色を抜く力」しかありません。

そのため、ブリーチで金に染めたり、

っぽく染めたりするという訳ではな

くただ髪の中身をどんどん抜いて明る

くしているにすぎないのですな。

 

髪の毛の中にはタンパク質等が詰まっ

ています。

 

ブリーチをすることにより、そのタン

パク質たちがどんどん抜けていき最終

的には髪の毛が溶けてなくなります(^_^;)

 

さらにブリーチは熱を加えると本領発

揮する特性があるため、頭皮付近の体

温にも反応し頭皮付近の髪だけすごく

明るい金髪になってしまうことがある

んですな。

 

中間~毛先にかけて先にブリーチ液を

付け、少し時間をずらしてから根本

塗っていくという2段階の作業をすれ

ば少しは失敗せずできるのかもしれま

せんが、どうしてもセルフで行うブリ

ーチはムラになりやすいです。

 

特に暗い髪からいきなり明るくしよう

とする人は塗り損なった場所がはっき

りと分かってしまいます。

 

ムラなく綺麗に染めたいのであれば美

容室で施術してもらった方が間違いは

ありませんな。

スポンサードリンク

過剰広告やランキングなどに惑わされるな!

市販のヘアカラー剤は安くて、早くて、

綺麗に染まる…なんて広告をよく目に

すると思いますが、そんなことはまず

ありません。

 

CMなどで女優が「綺麗!簡単!内側

までしっかり染まる!」というような

ことを言っていますが、一般の方がC

Mのように後ろも生え際も液をピタッ

と綺麗に塗ることはまず不可能です。

 

⇒ヘアカラー赤系は色落ちするので暗めに染めろ!

あんなにふわふわモコモコの泡を作

こと自体も難しいと思いますな(^_^;)

 

ランキングや口コミなどでも上位に

ているヘアカラー剤はいいものだと信

じがちですが、使うものはみんな「薬

剤」なので髪や頭皮にダメージを与え

るのはどれも一緒だということは知っ

ておいて欲しい。

スポンサードリンク

セルフブリーチは施術後が重要!

1回のブリーチでは、2~3割程度

タンパク質が抜けますが、2回目のブ

リーチでは6~7割のタンパク質が抜

けてしまい、極端に髪のダメージに繋

がります。

 

透明感のあるアッシュ系のカラーに

たい場合は、髪が傷みすぎているとア

ッシュカラーも1~2週間程度で抜け

てしまい、元の金髪に戻ってしまいま

す。

髪の毛を白まで明るくしたい場合は

回以上のブリーチが必要となってくる

でしょう。

 

⇒セルフカラー失敗でプリンになった?当たり前だろ!

こんなにブリーチをして髪を傷め続

たら髪がダメージだらけのパサパサ乾

燥髪になることは容易に想像できます

よね。

 

ブリーチをしたらしっかりとアフタ

ケアをするのが、もはや当たり前です。

 

と言うより、ブリーチ自体オススメ

しないですが・・・。

 

使うコンディショナーやトリートメ

トはドラッグストアなどで手軽に買え

るものよりも、少しお値段は張っても

自分の髪質に合った物をチョイスして

欲しい。

 

例えば、弱酸性や中性に近いシャンプ

ーを選ぶのがベターです。

 

基本的に、ブリーチをしていた人に想

像以上に多数いますが、キューティク

ルと考えられる髪の毛を守っている鎧

が傷ついていますので、髪の毛に成分

が出入りしやすくなってしまっていま

す。

 

そのため、ブリーチを続けると一か月

前後した場合結構な速さで退色して色

落ちしますな。

 

キューティクルが損傷していて色の成

分が出入りしやすくなったと言えます

ので、そこからタンパク質の流出やダ

メージレベルが大きくなってくるんで

す。

 

なので、ブリーチといえど美容院で

ってもらうのがオススメですが、ブリ

ーチの施術事態がマイナスな要素しか

ありませんので、最悪のケースは除い

てやるべきではない施術です。

 

最近では、昔と違って多少はダメー

レスなタイプの物もあるようですが、

基本は劇薬だと思っておいた方が無難

です。

 

バリエーションも幅広くあるようです

が、ベースは単品で使うものではなく

、希望の色味を出す為のサポートカラ

ーなので、脱色には変わりなく、ダメ

ージレベルも大きいですな。

スポンサードリンク

セルフブリーチのダブルカラーだけはリスクが大!

ダブルカラーは、ブリーチとヘアカ

ーの2段階カラーリングのことを言い

ます。

 

ブリーチをすると色素が抜けるため

上からカラーを重ねると透明感のある

綺麗な色に仕上がりやすくなりますよ

ね。

 

⇒市販ヘアカラーの染め方でメンズはムラになりやすい!

ですが、ブリーチをする上での最大

デメリットは髪が傷むことですな。

 

ブリーチは髪の色素を抜くため、ど

しても髪や頭皮に負担がかかってしま

します。

 

また、何回もブリーチを重ねてしま

とその分だけ髪へのダメージが大きい

のです。

 

ブリーチで髪の中身をスカスカにし

あげくカラーを重ねてしまうというこ

とはダメージの上にダメージを重ねて

しまうということになりますな。

 

また、ダブルカラーの場合色落ちが

やすいという点もデメリットですな。

 

スカスカの状態ではヘアカラーが定

しにくくなるので結果、色落ちしやす

くなります。

 

このことから美容室でするダブルカ

ーだけでも髪や頭皮にかなりの負担が

かかることなのですが、これを市販の

カラーリング剤を使ってセルフで行お

うとすると、色素の抜け方にムラが出

てしまったり、どのくらい時間をおけ

ばどのくらいの色素の抜け方をするか

など髪質によって異なるということが

分からないままやってしまうので、ほ

ぼ満足のいく仕上がりにはならないで

しょうな。

 

セルフブリーチで失敗して髪を傷め

しまった後に美容室に駆け込んでも髪

のダメージは元には戻せませんし、安

くあげるつもりが逆に高くなってしま

うかもしれませんよ。

 

心配な方はプロに任せましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

ブリーチは美しいカラーリングにす

ことはできますが、そこに払うにはあ

まりにも代償が大きすぎます。

 

ブリーチをすることで髪質によって

  • 髪が切れる
  • 細く弱くなる
  • 髪が抜ける
  • きしむ
  • 艶がなくなる
  • 枝毛が増える

などといった毛髪トラブルになりか

ません。

 

また、ブリーチ剤の主な成分は、

ルカリ剤(アンモニア)」と「過酸化

水素水」で、これが頭皮につく「化

学やけど」という症状を引き起こしま

すな。

 

(皮膚が焼けるようにヒリヒリとす

症状です。)

 

そして、1回のブリーチで黒髪から

髪になれるわけではありません。

 

セルフブリーチ、セルフカラーにし

もそんなに何回も安いブリーチ剤で頭

皮や髪を傷め続けていると、取り返し

のつかないことになってしまう恐れが

あります。

 

そんなことになる前によく考えて、

康的におしゃれを楽しんで行って欲し

い。

 

最後までご覧いただきありがとうご

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!