どうも。いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

今回は、オーガニックカラーと普通

のカラーの違いについて見ていきた

いと思う。

 

よく、巷ではオーガニックの商品が

売れている傾向にあるが今では簡単

にドラッグストアや身近な所で販売

されていて、一般の人でも手軽に使

うことができていますな。

 

しかし、少なからずこのオーガニック

を装った偽装や誤表示と言った過剰広

告なんかも巷では出回っている。

 

そんな中でも代表的なのが、ヘアカ

ラーの一つである「オーガニックカ

ラー」と言うヘアカラー。

 

毛染めをする人にとっては、一度

位は聞いた事があるネーミングだが

一体普通のヘアカラーとどう違うの

か?について今回は見ていきたいと

思います。

 

では早速行ってみよう。

スポンサードリンク

まずオーガニックって何なの?

オーガニックとは、「化学薬品を使わ

ない」と言う事をコンセプトにした有

機栽培で作られた農産物やスキンケア

商品、食品などありとあらゆる商品の

こと言い、「有機JIS認定」と言うもの

を受け認可がおりたものを「オーガニ

ック」と言う。

 

つまり化学薬品を使ってない、もし

くは少量と言うコンセプトの元で生

産されているので、人間の体に優し

い商品として注目されている。

 

しかも、環境にも配慮した商品が多く

食品とは違う分野では、「地球温暖化

」や「エコ」、「自然の動物を大事に

する」と言った口にする物だけではな

く、地球の環境にも配慮した取り組み

が近年では話題になっているんですな。

スポンサードリンク

オーガニックカラーと普通のカラーの違いはぶっちゃけてどうなのか?

よく耳にすることも多いと思うが、○

○%以上オーガニック成分配合と言う

様なキャッチコピーで美容室なんかは

過剰な広告を出し、集客している事が

目に付きますよね。

 

例えば、オーガニックカラーの基本

的な原材料と言えば、

  • ローズマリー
  • シアバター
  • 小麦プロテイン

などがあるが、その他にもノンシリコ

ンや天然植物性由来と言った数多くの

成分が配合されている。

 

一見よさげに聞こえるこれらの原料が

入ったオーガニックカラーを実際に施

術したことがある人なら分かると思う

が、どうだろう?

 

ぶっちゃけて何がどう違うの?

 

って感じだと思う。

 

確かに1~2回やったぐらいですぐに効

果が出ないと言うのは、理解できるがわ

たくしの勤めているお店でも超有名メー

カーである「ミル○○」のオーガニックカ

ラーのメニューがあるが、使用した所、

普通のカラー剤と何がどう違うのかなん

てパッと見ではプロでも分からない。

 

しかも、実際にわたくしも40歳と言う

年齢からか、最近白髪が出始めこのオー

ガニックカラーを半年ほど使い続けてい

るが、何がどうよくなったのかなんて

ぶっちゃけ分からない(笑)

 

なので、個人差はもちろんあるだろうが

わたくしの見解から言わせてもらうと、

ぶっちゃけオーガニックであろうが、普

通のカラーであろうが見た目の仕上りは

ほとんど変わらないと言う事なんだな(^_^;)

スポンサードリンク

では二つのカラーの違いは成分なのか?

これも、ぶっちゃけてお店の経営スタイ

ルによってかなり影響されることなんだ

な。

 

ヘアカラーの髪色が抜けやすい期間や季節などあるのか?

安売りを主体としている低料金サロンな

んかは、やはり一人あたりの単価や利益

と言うものが低いので、材料事態も低コ

ストに仕入れる場合が多い。

 

近年では、低料金サロンでも超有名メー

カーの材料を使っています的な広告を打

ち出して、それを売りにしているサロン

なんかも出てきているが、そうは言って

もまだまだ低品質な材料を使っているお

店も沢山ある。

 

なので、オーガニック成分が一滴や1

%でも入っていると、オーガニックカ

ラーとして過剰広告を出せるわけです

から、この辺は美容室の経営スタイル

にかなり左右される。

 

中には、オーガニックカラーと書いて

あるのに裏の成分表示を見れば、天然

由来成分が数%しか配合されていない

カラー剤なんかもあるので、今現在

オーガニックカラーでカラーリングを

行っている人は、今一度裏の成分表示

などを見て確認して欲しい。

スポンサードリンク

オーガニックカラーのメリットとは?

基本的に、ヘアカラーと言うのは1剤

のカラー剤と2剤の過酸化水素水を混

ぜて作りあげます。

 

⇒セルフカラーでメッシュやグレー!?綺麗に染まるわけねーよ!

これはオーガニックカラーでも同じな

んですな。

 

この過酸化水素水が髪の毛や地肌にダ

メージを与えるものであり、「強酸性

の成分を持っているんだな。

なので、オーガニックであろうが普通

のカラーであろうがこの過酸化水素水

を使用している時点で髪の毛には、何

らかのダメージを与えているんですな。

 

なので、この二つの違いはこの1液の

カラー剤にあると言うわけだな。

 

つまり、オーガニックカラーの最大の

メリットとして普通のカラー剤の原料

である合成石油系のものではなく、上

記でも解説させていただいたが、天然

の植物系由来のものであると言う事で

ある。

 

例えば、「香り」だったり「塗布した

時に鼻にツンツンこない」とか、合成

保存料や防腐剤などが一切入っていな

いと言う事が挙げられる。

 

ただこれも、どこまでが天然なのかと

言う事が商品によって異なるし、1%

でも配合されていたらそれはそれでオ

ーガニックカラーとして成り立ってし

まうので、一概には根拠がないし、信

憑性が薄い商品を使っているお店なん

かも少なくないんだな。

オーガニック商品にもデメリットはたくさんある!次のページへ