こんちわっ!いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

今回は、ハリコシがない猫っ毛につい

て解説していきたいと思います。

 

猫っ毛の人のヘアケアって、ボリュー

ムが出にくく髪の毛自体が細いので、

ダメージを受けやすかったり乾燥しが

ちだと思うんだな♪

 

なので、オイル系の椿油や馬油などの

乾燥を防ぐ系のヘアケア剤を使う人も

多いですよね?

 

しかし、猫っ毛の毛質にはこの様な重

たいオイリー系のものは、実は逆効果

なんだね(^_^;)

 

知ってました?

 

なので、今回はその辺のタメになる事

を語っていきたいと思いますな♪

 

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

猫っ毛にオイル系はNGなのか!?

よく、猫っ毛やクセ毛の強い乾燥毛の

人がこれ系のヘアケア剤を使う傾向が

高いのは事実です。

 

確かに、乾燥しがちなこれらの毛質は

保湿効果が高いと言われている椿油や

馬油などと言ったちょっと重ためのオ

イルを選ぶ事が多いんだね。

 

その他にも、美容で使えるものだとして

オリーブオイルやグレープシードオイル

などがあるが、やはりどれも重ためのも

のであるんだね♪

 

これらのものは、ぶっちゃけ猫っ毛さん

にはあまり適してない傾向にあり、なぜ

ならオイル系=油と言うわけだから酸化

するんだな(^_^;)

スポンサードリンク

なぜ猫っ毛には椿油や馬油が逆効果なのか!?

油と言うのは酸化しやすい性質があり、

食用の油や椿油、馬油なども例外ではな

く時間が進めば進ほど、ドンドン酸化し

ていくんだね。

261

なので、それ独自の匂いを発する事も

あるし、猫っ毛みたいな細毛の人が使

うものでは本来ないんだな(^_^;)

 

⇒生え際がくせ毛で悩んでいる奴はアレンジだよ!崩れないセットも!

基本的に、椿油や馬油は重たいオイル系

なのでべたつきや髪の毛につけた時のペ

タっとしたような重さが上からのしかか

ります。

 

従って、初めてからハリコシが無い毛質

なのに上から押さえつけるような重さの

オイルは全く猫っ毛には向いていな

いんだね♪

意外と見落としがちなデメリットもある!

今現在、猫っ毛さんが重たいオイル系の

ケア剤を使っているのであれば、恐らく

ほとんどの人が乾燥が気になるからと答

えるんじゃないですかね?

 

当たってるでしょ?(笑)

 

そう、みんな同じ事を考えるんだね(^_^;)

確かに、乾燥している髪の毛やお肌なん

かにオイル系を使い保湿している人が多

いよね。

 

ただ、毛先に付けたつもりが根元まで付

けちゃう人も多くこれがデメリットにな

る可能性があるんだな。

 

根元付近までオイルがいくと、毛穴がふ

さがってしまい皮脂を作る構造が機能し

なくなるんだよね。

 

なので、猫っ毛さんは特に細毛な訳だか

ら人一倍髪の毛一本一本に浸透しやすく

ちょっと付けたつもりでもベタ~となっ

てしまいボリューム感も無くなると言う

わけだね♪

スポンサードリンク

馬油シャンプーなども猫っ毛さんには向かない!?

巷にある馬油シャンプーなどは市販でも

販売されていて、主にアラサー女子や年

配層の女性に人気があるとされています

よね。

 

ただこの馬油シャンプーも猫っ毛さんには

向かないとわたくしは思うんだな。

 

その中で一番リサーチして多かった声が、

  • 原料が馬から取った油なので貴重かつ価格が高い
  • 保存料が入っていないためすぐに使い切る必要がある
  • べたつきがハンパない
  • 重たいため、すぐにボリュームダウンする

と言うことが実際猫っ毛さんが語ってい

たコメントであるな(^_^;)

 

⇒傷んだ髪の毛を直す方法などない!修復にトリートメントは無駄!

やはりこれを見ても分かるように、ボリ

ューム感やべたつきと言ったことが占め

ており細毛の猫っ毛にはあまり向かない

と言うことが分かりますな♪

 

全部が全部そうでないが、細毛の性質を

考えたときやはりボリューム感が無くな

る要素があるケア剤は多少なりともリス

クになると言うわけだね♪

ワセリンも保湿効果が無かったのか!?次のページへ