どうもっ!いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

 

今回は猫っ毛と縮毛矯正との関係性に

ついて見ていきたいと思いますな。

158q

猫っ毛は、直毛とは違い元々髪の中の

タンパク質と密度が少ないため髪の毛

本来のコシやハリと言ったものがあま

りないんだな。

 

なので、美容室などで行われているカ

ラーやパーマを繰り返すとかなりのダ

メージに繋がり、アホ毛と言った毛質

になってくる。

 

その中でも特にダメージ大と言われてい

る縮毛矯正の施術を頻繁に行う猫ッ毛さ

んには特に注意が必要だと言えるんだな。

 

今回は、その辺のタメになることを検証

して行きましょう。それでは早速。

スポンサードリンク

猫っ毛の特性はいかに!

冒頭にもお伝えしたが、猫っ毛は特に髪

の毛の毛質の中では一番厄介な毛質なの

かもしれないと個人的には見ている。

 

直毛でもなければ、それほどクセ毛でも

ないと言う一番中途半端な毛質でもあり

、内部の構造がとにかくタンパク質の密

度が少ないと言う点が挙げらますな。

 

髪の毛の構造自体がタンパク質でできて

いるので、その原料がそもそも少なかっ

たらどんなに髪型でカバーしようが、ト

リートメントをしようが結局のところス

タイリングをしない限り時間が経てばあ

っと言う間に元の形に戻ってしまう現象

が多いのです。

スポンサードリンク

猫っ毛で縮毛矯正はアホ毛のリスク大!

たまに、猫っ毛さんでも強いクセ毛をお

持ちの人もいてやはりそう言う人は縮毛

矯正に走る人が多いんだな。

 

そもそも、猫っ毛の毛質は細くて柔らか

く軟毛の人が多いから、雨の日なんかの

湿気が多い日なんかは、短い毛がピヨ~

ンと飛び出て来ることがよくあると思う。

 

これが俗に言う「アホ毛」であり何とも

ふざけたネーミングだが、これで悩んで

いる人は5万といてるほどの深刻なコンプ

レックスでもあるんだな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典http://ayuu7.blog.fc2.com

よく、直毛で全くクセがない人でもカ

ットなどの施術などで、根元から思い

っきりすかれたりすると、この現象に

なる(^_^;)

 

いわゆるド下手美容師がよくやるテク

ニックだな(笑)

 

⇒バカな美容師はお気に入りやタイプの客には接客時間が長い!

このアホ毛に掛かってしまえば、正直

何をしても治らないと言う事になり結

果的にカットで切りながら落としてい

くしか案くなるのが本音だろう。

 

ただ、一番やってはいけない事はこの

アホ毛のまま縮毛矯正などの施術を行

うことであり、かなりのリスクを背負

うことになるだろうな。

 

縮毛矯正は美容室の中のメニューでも

トップレベルのダメージを背負う技術

であり、すでに髪の毛の栄養分が崩壊

しているアホ毛などの毛質の上からそ

の様な施術を行えばイメージしただけ

でも分かると思うが、ほぼ間違いなく

ハレーションを起こして、アホ毛のさ

らに上を行くドアホ毛になるだろうな

(^_^;)

スポンサードリンク

縮毛矯正のリスクとは?

よく、縮毛矯正を失敗した!と言う様

な声もたまに聞くことがあるが高いお

金を払って何時間もかかり挙句の果て

には、まったくクセが綺麗にならず傷

んだだけ。

 

と言う声も少なくない。

 

予は、縮毛矯正と言う施術は元々アイロ

ンを駆使して行う施術をなので、アイロ

ンの熱で髪の毛の内部から「タンパク変

」と言う事が起こり、この「タンパク

変性」が一度でも髪の毛内部に起これば

もとに戻る事はないんですな。

 

なので、このタンパク変性が加速する程

その他のカラーやパーマにも影響を及ぼ

し、カラーの色が全然出なかったりパー

マがダレてしまい全然綺麗に当たらない

と言った事が後々になって起こってくる

んだな。

 

なので、アホ毛で縮毛矯正なんかはもち

ろん論外だが、本当に今その施術が必要

なのか?

 

と言う事をもう一度冷静になって考えて

ほしいと言うのが、個人的な感想ですな。

 

もし、自分で分からなければ信頼できる

美容師さんに相談するか、信頼できる美

容師さんがいない人は、このクセ毛ラン

ドの記事をよく見てほしいですな(笑)

猫っ毛に縮毛矯正は相性が悪い!?次のページへ