どうも。いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

今回は、髪の毛の表面の部分である「キュ

ーティクル」と言う素材に付いて見解して

いきたいと思う。

 

お風呂上りなどで、タオルドライは必須と

言われているが、ほとんど人がこのタオル

ドライのやり方を間違えているため、キュ

ーティクルを痛ませている原因になってい

る。

 

では、なぜこのタオルドライの方法を間違え

てしまうのか?

タオルドライに適した素材のタオルはないの

か?

とお悩みの人も多いはず。

 

なので、今回はこのタオルドライに適した素

材や正しタオルドライの方法でちゃんとキュ

ーティクルを守るやり方に付いて検証してい

きたいと思う。

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

そもそもタオルドライとは?

タオルドライとは、ただ単に髪の毛を

早く乾かす手段ではない。

 

その第一の目的は、髪の毛やキューティ

クルと言ったヘアケアの為に行うもので

あり、お風呂やシャワーなどから上がっ

たらいきなり適当に拭いただけでドライ

ヤーを開始してしまうと、水分が十分取

れていない状態で乾かしていることにな

る。

 

これでは、ドライヤーを当てている時間が

ちゃんと水分を取りタオルドライした状態

の時と比べて2倍は掛かってしまい、ドラ

イヤーを当て過ぎていると、「オーバード

ライ」の原因にもなり、キューティクル事

態が損傷してしまう最大の原因にもなるん

ですな。

スポンサードリンク

タオルドライの正しい方法とは?

まずは、ちゃんと髪の毛の水分を取ると

言う事が大前提となってきます。

 

⇒くせ毛前髪の活かし方と正しいドライヤーのあて方を知れ!

普段から湯船に浸かってしっかりとお風

呂に入ると言う人は、シャンプー後にタ

オルを頭に巻きターバンにしてお風呂に

浸かることをオススメする。

 

要は、出来るだけ濡れた状態にしない

と言う事が非常に大事で、キューティ

クルと言うのは、濡れている状態では

かなりデリケートになっていて外部か

らの影響を受けやすく、ちょっとした

ことでもダメージに繋がる。

 

なので、髪の毛が濡れた状態なら素早く

タオルで包みターバンにしてから湯船に

浸かる事を行おう。

スポンサードリンク

絶対にゴシゴシ拭かない!

ほとんどの人が、この拭き方をしてキュー

ティクルを痛めているんだと思う。

 

特にメンズがそうだが、早く乾きたいと

言う心理状態からか、力強くゴシゴシと

拭いている人がかなり多い。

たまに銭湯や温泉なんかに行っても、ほと

んどのメンズが

 

バシッバシッ!

 

パンッパンッ!

 

とタオルドライしている(^_^;)

気持ちはわかるが、このやり方は一番やって

はいけない方法で、キューティクルを剥がし

てしまっているんだな。

 

⇒くせ毛のパーマ風スタイリングはこうしろ!自然乾燥も!

女性の場合は、ここまでワイルドに拭くこと

はないだろうが、たまに高齢のおばちゃん等

がメンズ顔負けの拭き方をしている人も少な

くない(笑)

 

なので、タオルドライの基本は

 

優しく包み込む

 

と言うのが、基本中の基本であり特にダメージ

レベルが高い毛先なんかは擦りながら拭いてい

る人も多いので、注意が必要である。

 

忘れてはいけないので、もう一度確認してお

こう。必ず、

優しく

だ。

タオルドライにはマイクロファイバー素材がいい!次のページへ