こんちわっ!いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

クセ毛や猫っ毛のセットって毎日大変

ですよね。

 

そんな大変な作業の手助けをしてくれて

いるのが、ヘアスタイリング剤というも

のなんじゃないでしょうかね。

 

ただ、このスタイリング剤を自分の毛質

と全く異なった物を使ってしまうと全然

的外れな方向に向かってしまうので、注

意が必要ですな(^_^;)

 

しかも、今の美容室業界の美容師たちは

かなり薄っぺらい人達が多いので、全く

お客さんの毛質に合っていないスタイリ

ング剤などを進めてくる美容師も少なか

らずいるので、気を付けてくださいね

(笑)

 

と、言うわけで今回はクセ毛さんには

必見としまして、スタイリング剤なの

にクセが柔らかくのびていくヤバくて

タメになる物がありますのでそれをシ

ェアしていきたいと思いますな。

 

それでは、早速行ってみたい。

スポンサードリンク

クセ毛さんはベース作りが大切!

クセ毛に悩んでいる人の多くは先天

性のクセ毛が約70%以上も占める

と言われていますな。

 

このため、親からの遺伝がそのシェア

を占め内部的な要素からクセ毛になる

確率が大きいんだな。

 

もちろん外部的な要素(不規則な生活

や妊娠中などのホルモンバランスの低

下)などによって突然変異的なことで

なり得るケースも十分にあり、クセ毛

さんには特に普段からのベース作りと

いうものが大事になってくるんだね。

shutterstock_95019877

正直なところ、あまりスタイリング剤

だけに頼るのも良いことではないんだ

な。

 

本音を言えば、誰しもがセット剤やス

タイリング剤と言ったものは髪の毛に

つけたくはないはずであり、自分の毛

質の為にやむを得ず付けていると言う

のが本音であろうな(^_^;)

 

なので、出来るだけスタイリング剤は

将来的にも付けない様なコンディショ

ン作りが大事だと言う事だな。

 

そこで、普段からのお手入れとして

ありきたりだが「保湿」が大事に

なってくるんだな♪

 

みんなそれ言ってるじゃん!

 

と思われた人、ちょっと待ってっ!

・・・(笑)

 

「保湿」といっても「保湿剤」を付け

るのではなくベース作りとは、下地で

あるシャンプーとトリートメントを

見直すという事!(^_^;)

 

確かに、縮れ毛やかなり強いクセ毛

の場合は保湿剤として洗い流さない

トリートメントなどを付けて保湿す

る事が大前提になってくるが、将来

的にこの様なものに頼りたくないん

であればこのベース作りを意識して

みてくださいな。

 

例えば、俗に天パと言われる縮毛の

人は、湿度が高い夏場や雨の日など

にはひと際うねりが上昇します。

 

頑固なクセが理由でヘアスタイルが

カッコよく決まらないと苦悩してい

る人もいっぱいなのではないでしょ

うか。

 

そうだとしても、天然パーマはその

人自らの持つテクスチャーでもあり

最大のクオリティーなんですな。

 

頭を抱えてしまうタイミングと比較

してもそのメリットをどうやったら

活用することができるかを考えた方

が圧倒的に効率的です。

 

天然パーマの言葉通り、パーマをか

けていないのに毛髪がうねり曲がっ

た状態を指すのですが、人工的に創

り出すパーマとは異なり、通常のう

ねり毛なのだと言うことからデメリ

ットに感じる人が多いです。

 

皆が皆、年齢を重ねるおきにうねり

が強くなる人もいれば、生まれたタ

イミングは直毛だったのに、思春期

になると髪質が変化してくせが出だ

したと言う人も少なくありません。

スポンサードリンク

ベース作りをしておくだけでスタイリング剤はかなり活きる!

この、ベース作りを徹底的に意識して

取り組むだけで、スタイリング剤を付

けた時にかなり活かせることができる

のです。

 

なぜなら、クセ毛の人はわかるだろうが

何にも手入れしていないボサボサな髪の

毛の上からいくらスタイリング剤をつけ

ても中々決まらないのが現状である(^_^;)

 

そこにベース作りをちゃんとしているク

セ毛さんはスタイリング剤を付けたとき

から毛質が扱いやすくなっているのでか

なり普段の手入れが楽になり時間短縮も

できるというわけだね。

 

⇒くせ毛前髪の活かし方と正しいドライヤーのあて方を知れ!

毛質のタイプが人によって様々ですしク

セ毛と一言で言っても色んなタイプがあ

るので、一概には言えませんが、管理人

の体験談から実際にベース作りから使用

しているシャンプーとトリートメントは

軟毛や硬い毛の人用に分けた方がいいで

すな。

 

つまりは、スタイリング剤は髪型をアレ

ンジするのに用いるものではあるのです

が、そのスタイリング剤を区分して使う

ポイントでくせ毛をカバーするべきこと

もできるのですな。

 

スタイリング剤というと、近頃ではワッ

クスやスプレー、ムースと言われるもの

を利用しますが、その使うスタイリング

剤の影響でくせ毛が出やすくなったりし

ます。

 

またスタイリング剤を用いる前には、ド

ライヤーを使って丁寧に形づくりをして

乾かしておくという意識が重要です。

 

メンズのレングスが比較的短い髪型でさ

えスタイリング剤を付ける前の下ごしら

えが重要なキーになるんですな(^^)

 

ワックスは水分が少量ですからそのまま

用いてもいいですが、ムースのケースで

はには水分が多くなると思われますので

つけるとせっかくドライヤーでセッティ

ングしたくせが再びでてしまうこともあ

るでしょう。

 

従って、つけた後スピーディーに早くド

ライヤーをあてて同時進行しながら伸ば

して固めると言われるメソッドもできる

でしょう。

 

とは言っても、その場合はムース次第で

白い粉のようなカスが出てしまうという

ことがありますのでやりすぎない事です。

 

女性のようなロングヘアーのケースでは

スプレーなどをつけるのが当てはまります。

スポンサードリンク

クセ毛のスタイリング剤STRAIGHT HAIRDAYSがヤバイぞ!

比較的そんなに強くないクセ毛の場合は、

ベース作りだけで十分普段のスタイリン

グは決まると思いますが、強いクセ毛の

場合は話は別です(^_^;)

 

強いクセ毛の場合は、毛質にあった物を

選ぶ事が非常に重要な部分であり、カラ

ーやパーマをしてダメージしているのに

スキャルプ系のシャンプーを選んだりフ

ケかゆみが多い頭皮なのにダメージ系の

シャンプーなどを選んでいたら全く的外

れ物を選んでしまっていると言うことに

なるわけですな。

 

なので、購入する時はかならず原材料や

その目的にあった物を選ぶようにしてく

ださいね♪

 

そこで、どうしてもスタイリング剤を付

けないと収まらないと言うクセ毛さんに

「STRAIGHT

HAIRDAYS」

と言うスタイリング剤がヤバイです(笑)

31t386veqwl

これを付けて乾かすとスタイリング剤なの

に徐々にクセ毛がストパーをあてたかのよ

うな感じに変化していき、しまいにはクセ

がのびてしまうと言う画期的なスタイリン

グ剤なんですな。

 

⇒縮れ毛はブラッシングやブローはするな!痛みの原因!

ただ、あくまでもスタイリング剤なんで毛

質を根本的な原因から補修するものではな

く、毎日の髪型のセットの時に使うものだ

と認識してくれたらOKです。

 

それでも今までスタイリング剤を付けたら

クセがのびる物なんて中々無かったですか

らかなり凄いアイテムだと言えますね。

最後に

いかがでしたか?

今回は、クセ毛のスタイリング剤「STRA

IGHTHAIRDAYS」のヤバさを検証してみ

ました。

 

世の中には、色んなスタイリング剤などが

出回っていますからクセ毛や猫っ毛に悩ん

でいる人はホントどれを使えばいいか悩み

ますよね?

 

でも、上記でもありましたがまずは自分の

毛質を理解して、その毛質にあった物を選

ぶ様にしていきましょう。

 

それが解らなければ、当サイトをご覧いた

だくか信頼できる美容師さんを探してアド

バイスを受けるかしてくださいね♪

 

間違っても薄っぺら美容師だけは気をつけ

てくださいな。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧いただき本当にありがとうご

ざいました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!