どうも。いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

今回は、クセ毛と年齢の関係や日に

日にクセが強くなっていく原因や理

由について見解していきたいと思い

ますな。

 

クセ毛は思春期になってファッション

誌を見て、自分の好みのヘアスタイル

にしようと思っても、思うようにでき

ないとき、自分のクセ毛にいらだった

り、劣等感を持ったりと悩むものです

わな。

 

髪の毛のクセ毛は遺伝の要素が強いの

ですが、日常生活の中でストレス栄養

の偏った食事頭皮へのダメージ等によ

ってクセ毛になることもあるのです。

 

しかも一般的にはクセ毛は年齢ととも

に変化し、しつこくなるものです。

 

クセ毛について年齢との関係性、日ご

ろの洗髪シャンプーによって、改善さ

れるのか調べてみたのでシェアして行

きたい。

 

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

ぶっちゃけ年齢とともにクセ毛は強くなるのか?

クセ毛の原因は髪のはえぎわの毛穴が

丸でなくつぶれて変形したり、毛根が

ねじれて伸びたり、頭皮がたるんで髪

を支えられなくなったり、といろいろ

ありますな。

 

これらの原因が年齢とともに進行拡大

していくのですな(‘_’)

 

理由は3つある。

 

1つは成人になるにつれて、ヘア

イロン・ドラーヤー・パーマ・カラ

ーリングなど、髪の生え際の「毛穴

や毛根や頭皮」にダメージを与え続

けているのですな。

 

このダメージが年齢とともに修復され

ずに蓄積され、クセ毛が強くなってし

まうのですな。

 

2つ目は日常生活で髪の毛の成分毛幹

頭皮に潤いを与えるタンパク質、脂肪

酸各種ビタミンミネラルなどの摂取不

足ですな。

 

これらの栄養素類は日ごろからバラン

スの良い食事を心掛けていれば、問題

ないのですが、偏食がちの若者には注

意が必要です。

 

これが蓄積されて年齢とともにクセ毛

が強くなってしまうのです。

 

3つ目は年齢とともに、皮膚にたるみが

出てきますが、頭皮も同じようにたるみ

毛髪をしっかり支えられなくなってしま

うのです(‘_’)

 

頭皮のたるみを防ぐには、頭皮を保湿

して乾燥を防ぎ、定期的に頭皮を「刺

激とマッサージ」して血行を良くしま

す。

 

そのためにもストレスのない健康な身

体の維持、十分な睡眠は不可欠なので

すな。

スポンサードリンク

以外と自分で自覚していない人が多い

上記1項でお話したように、年齢ととも

にクセ毛が強くなっていくのですが少し

でもクセ毛が強くなる症状を緩和するこ

ともできるのですな。

 

ヘアアイロン・ドラーヤー・パーマ・

カラーリングなど、髪の生え際の「毛

穴や毛根や頭皮」にダメージを与え続

けていることを自覚していない人がい

ます。

また「日常のバランスのとれた食生活

・頭皮のたゆまぬ手入れ」はクセ毛が

ひどくなるのを抑えることを自覚して

いない人もいますな。

加齢と共にクセ毛が変化する理由は?

加齢とともにクセ毛が変化するすなわ

ちひどくなる理由は、何といっても加

齢によって頭皮のたるみで髪が生える

毛穴が円でなく楕円になって、髪の断

面がつぶれ楕円になってクセ毛になる

のですな。

 

また髪の表皮は魚の鱗のように密に規

則正しく並んで、直毛を作っています

が、加齢で表皮が粗くなるとクセ毛に

なるんですな(‘_’)

 

⇒くせ毛と素直に付き合う奴だけがくせ毛に愛されるんだよ!

さらにしっかりした髪を生やす「髪へ

の栄養と毛根・毛皮の手入れ」は、加

齢によって効果も効きにくくなるので

す。

 

そのためクセ毛がひどくなるんですな。

スポンサードリンク

クセ毛シャンプーで治る? 治らないよ!

クセ毛を改善するシャンプーはいろい

ろ出回っていますが、クセ毛の種類に

フィットしたシャンプーやリンスを選

べば、完全には治りませんが、そこそ

こ改善することはできますな。

 

1つはシャンプーして髪が濡れていると

きは直毛なのに、乾くとクセ毛になる

髪には水分をコントロールするトリー

トメントを選びましょう。

 

⇒クセ毛でシャンプーは超大事!騙されない選び方と決め方を解説!

2つ目はヘアアイロン・ドラーヤー・

パーマ・カラーリングなどで髪がダメ

ージを受け髪の表皮の鱗状の組織が減

ってしまうので、シャンプー内にタン

パク質成分を含み、ドライヤーの熱で

固まり鱗に定着するシャンプーがあり

ますので、自分の毛質に合ったものを

選ぶことが何よりも大事と言う訳です

な(‘_’)

最後に

いかがでしたか?

今回は、クセ毛と年齢の関係性につい

て見解していきましたが、クセ毛は思

い通りのヘアスタイルにしようとする

ときに残念ながら時間がかかってしま

うものなんだな。

 

若いときはヘアアイロン・ドライヤー

・パーマ・カラーリング等で髪を痛め

ても、思い通りのヘアスタイルを望む

ものです。しかしクセ毛は加齢ととも

に進行するものなんだな。

 

進行スピードを抑えるためにも、髪を

痛めてもすぐ修復できるような髪に効

果のある食生活、ストレス除去頭皮の

血行促進のマッサージに心掛けたいも

のですな。

 

それでは今回も最後までご覧頂き本当に

ありがとうございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!