どうも。いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

今回は、クセ毛や天然パーマのいじめ

問題に学校側が縮毛矯正禁止とかして

いる校則なんかについてもスポットを

あてていきたいと思いますな。

 

「くせ毛」=「生まれ持ったパーマ」

この髪の質で苦悩した方は数知れない

と思いますな。

 

今やこの苦悩は個人の苦悩を通り越し、

社会問題へと発展していますな。

 

髪の毛の生え方やつむじの場所、

生え際なども皆それぞれ個人差がある

のになぜ、「クセ毛」だけが大きくピ

ックアップされてしまうのでしょうか

ね?

 

そしてなぜに髪の質次第でいじめへと

発展してしまうのか?今回は今や大問

題となりつつある、「髪の毛がクセ毛

だからいじめにあう」という男女差別

がなくなった現代社会では意味がわか

らない、そして理解しがたい問題に

いて、見て行きたいと思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

くせ毛は学校でいじめられる最大の原因や理由!

くせ毛でいじめが起こる1番の原因は

どこにあるのでしょうかね。

 

まず初めに、「直毛の方はいじめに会

いますか?」このケースはあまり見ら

れないですよね。

 

この違いは何ですか?ただ、生まれ持

った髪の質の差ですな。

 

髪の毛だけでいじめが起こるのは、

生で言うと、小学生〜中学生だと

思いますね。

 

考え方が幼稚だと起こりやすいいじめ

ですな。

しかしこの話題は単なるいじめとして

決することはできませんな。

 

性格上問題がある子や口が悪い子など

自分で気をつけて直せるものとは違い

生まれ持ったものですからな(ーー゛)

 

くせ毛に視線を向けていじめをしてい

る子はその子の人間性を全面否定して

いるのと変わりありませんね。

 

しかも、この問題は解決策が無く学校

の先生たちはあまり相手にしてくれる

ものではありませんな。

 

なぜなら、基本的に学校側はその子そ

の子の身なりについては関心が全く無

く、いじめがあったとしても「自分の

学校ではいじめなんて存在しない」

現実逃避するものだからですな。

 

学校の評価や周りからの目を気にして

いる以上はこの問題は止まないでしょ

うな。

 

その他、くせ毛の子は髪の質のせいも

あってか自分に自信を持ていな子が

く見られますな。

 

このことから周囲との差が生まれ、

きな溝が出来たところから「いじめ」

へと発展していってしまうのでしょう

ね。

スポンサードリンク

くせ毛にはなぜ縮毛矯正が校則で禁止なのか?

さて、上記で「解決策は無い」と書き

ましたが、本当にそうなのでしょうか

ね?

 

くせ毛が要因なら、「髪の毛をまっす

ぐにすれば良い」と考えたくなるもの

ですな。

 

しかしながら、学校側はそれも認めて

くれませんな。

 

まっすぐにする手段として縮毛矯正が

ありますよね?

 

この数少ない手段も学校側は否定して

きますね。

 

⇒天パでひどいチリチリ女の髪型はショートだよ!くせ毛に負けるな!

要はくせ毛の子の味方はまったく存在

しないということになりますな。

 

ではなぜ学校側は認めてくれないのか?

 

それは、縮毛矯正をおしゃれの一環だ

と思い込んでいる教師たちが多いから

ですな。

もちろん、学校という集団生活の中で

一人だけ目立ってパーマなどで髪の毛

をおしゃれにすることは認められない

でしょうな(=_=;)

 

ただ、それはくせ毛の方達は重々承知

だと思いますな。

 

しかし、くせ毛の子たちはおしゃれの

延長で縮毛矯正をしたいと思っている

子はほとんどいないと思いますね。

 

ただ単に、いじめというループから

け出したい子や、自分の殻を破って

性を出したい子、など自分が嫌になっ

縮毛矯正をしたい子たちがほとんど

だと思いますね。

 

なので、「学校側は止める権限がある

のか?」「学校側は個性を出し切れな

い子をそのまま放置しておくのか?」

というところが、個人的には疑問に思

いますな。

スポンサードリンク

いじめが原因でくせ毛を否定し自分を追いこむ子もいてる!

学校に行き、いじめられた挙句、いじ

られた子は何を考えると思いますか

ね?

 

いじめられた子は「どうして自分だけ

いじめを受けなきゃならない?」と疑

問に思うはずですな。

 

ただ、何が原因かが掴めなくなった時

まず自分を責めます。

 

そして自分を責めた挙句、たどり着く

のがみんなと違う髪の質です。

 

⇒くせ毛美容師VAN(Cocoon)の評判や経歴と技術がヤバい!?

「このクセ毛が無ければ」と何度も何

度も自分を責めます。

 

そして解決策として、いじめが嫌だか

学校に行かなくなったり、中には最

悪の手段を取る子も中にはいますな。

 

なぜなら自分の味方が学校には存在し

ないからですな。

 

友達にはいじめられ、学校には縮毛矯

正を否定され、先生には見向きもされ

なくなる。という現実が見えているか

らですな。

 

唯一味方がいるとしたらそれは「家族

でしょうね。

 

味方が学校にいないのに登校できると

いますかね?

 

よほどのメンタルを持っていないと

理ですな(ーー゛)

 

そして、この学生時代にそういったメン

タルを持ち合わせている子はあまり存在

しませんな。

 

この精神面は、社会に出てから築き上

るものだと思いますし、何よりも学

校側は本当にこれで良いのでしょうか

ね?

 

確かに生徒数も多い学校だと生徒の管

理も難しければくせ毛の子だけ特別扱

いをすることもできないのはわかりま

すが、実際、1人の生徒の個性やその子

らしさを築くのも学校の役目であって、

 

社会に出てからの適合性を育てていく

のも教師の役目だと思いますな。

スポンサードリンク

いじめで精神的に追い込まれている子の対処法やセラピーは?

いじめを受け、周りを拒絶し人を信じ

れなくなった子の対処は正直難しい

いますな。

 

何よりも子供をこういった精神にして

しまったのは「我々大人だ。」という

ことの意識が必要だと思いますな。

 

⇒くせ毛と素直に付き合う奴だけがくせ毛に愛されるんだよ!

そして精神的に追い込まれてしまった

訳を直接聞くのではなく、その子の話

を聞く耳を持ってあげるのが最優先だ

と思いますな。

 

学校側ができることは、こういった子

供がいるということを直ちに認識し、

真摯に受け止め、「救い出してあげる」

このことがこれからして行かなければ

ならない大きな課題だと思いますな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

 

今回は、くせ毛のいじめ問題や学校の

校則などについて見解して行った。

 

このご時世、現実的に髪の質だけで

際、「いじめ」に会っている子たちが

多数存在すると思いますな。

 

学校側はいじめに対するポスターなど

で、対策をしている気になっています

個人的に、正直「無意味」だと思い

ますな。

 

いじめられている子が求めていること

そんなことでは無いはずですね。

 

教師たちができることは、生徒一人一

人の学校生活の様子や態度などに細か

く目を配り、本当にいじめが無いか、

じめようとしている子は何を考えて

いるかなどを徹底管理していく必要性

あると思いますな。

 

しかし学校側だけでは管理にも限界が

あると思いますね。

 

なので、子を持つ親御さんたちは、

分の子に目を向け、変わった様子は無

いか、メンタルの面は大丈夫か?

 

などの気配りも必要になってくると思

いますな。

 

最近、学生の子供たちの自殺という

たましいニュースが増えているような

気がしますな。「もしも、自分の子だ

ったら。」と考える親御さんも少なく

はないはずです。

 

子供が自らの命を絶つというのは決し

て簡単にできることではありません。

 

考えに考え、友達、教師、親の誰にも

相談できずに孤独を味わってしまった

子がこういった行為に及んでしまいま

す。

 

こうなってからでは、手遅れになって

しまいます。

 

いじめている子も、いじめられている

子の親もみんなが「加害者」です。

 

一つ一つの行動に責任を持ち、後から

の後悔にならないように生きていって

欲しいと強く思いますな。

 

それでは、今回はこの辺で。

今回も最後までご覧頂き本当にありがと

うございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!