どうも。いもづるです。

今回は、くせ毛で枝毛がひどい人にはメン

テナンスカットで改善すれば効果的なお題

で見ていきたいと思います。

 

クセ毛でお悩みの人は多いと思いますが、

容室で相談してもシャンプーやらトリー

トメントやらをオススメされて終わりとい

う人も多いのではないでしょうか?

 

お金をかけずとも自分で出来るケアもあり

すし、枝毛などの髪のダメージは美容師

の技術で改善出来るのはご存知ですかな?

 

今回はその辺についてピックアップして行

きたいと思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

くせ毛で枝毛がひどい奴はちゃんと手入れを意識しろ!

くせ毛にも種類がありますが大きく分けて

種類あり、捻転毛と呼ばれるいわゆるう

ねりが出るようなくせ毛と縮毛と呼ばれる

髪一本一本が細かい波状のくせをしている

チリっとした感じの広がるくせ毛がありま

す。

 

正確には連珠毛や波状毛といった細かい分

もありますがここでは二つに分けて、う

ねるくせ毛とチリっとしたくせ毛で話をし

ます。

 

枝毛が出やすいのは特にこのチリっとした

くせ毛である縮毛の人です。

 

縮毛の人は比較的髪が乾燥しやすく、見た

も広がってパサパサして見えます。

 

こういった毛質の方はお手入れが重要にな

ます。

 

まず、髪のダメージの中でも特に摩擦は乾

の原因になりやすいので摩擦のダメージ

を防ぐ為にまず毎日のブラッシングをオス

スメしますな。

 

くせ毛の方は特に髪に塵や砂といったもの

からまりやすく、それが摩擦の原因にな

って髪を痛めてしまう場合があります。

 

なので、帰宅してからすぐか最低でもお風

に入るまでの間にヘアブラシでブラッシ

ングして髪についた塵や砂を落としておく

事が重要ですな。

 

特にお風呂に入って髪が濡れると髪は水軟

といって柔らかくなりダメージに非常に

弱い状態になります。

 

このままシャンプーをして砂や塵や小石が

いた状態で髪をこすって洗うとダメージ

の原因になるので必ずお風呂前までにはブ

ラッシングしていきましょう。

 

また髪の絡まりをとかす事も重要なヘアケ

なので朝起きてからもブラッシングはか

かずやってほしいですな。

 

洗髪時のお湯の温度も注意しましょう。

 

理想は36〜37度といったぬるま湯が理

です。

 

頭皮から出る皮脂は髪を伝い流れ毛先まで

い被さり皮脂膜という髪のバリアを形成

します。

 

このバリアは摩擦、紫外線、塩素、乾燥等

らゆるものから髪を守ってくれます。

 

これを過度のシャンプーや高温での湯洗で

り去ってしまうと髪はたちまち乾燥し始

めます。

 

お湯の温度を気をつけるだけで乾燥は防げ

ので是非試してみて下さい。

 

また、流さないトリートメントの種類も重

です。

 

オイルタイプを愛用している方が多いです

、オイルタイプの保湿作用はどちらかと

いうと油膜による乾燥防止がメインですな。

 

逆にミルクタイプであれば保湿成分補充が

インによる保湿作用なので、まず乾かす

前にミルクタイプをつけて乾かしその後に

オイルタイプをつける2種類使いがベスト

でしょう

 

注意点としては、乾いた状態からオイルを

けるその後にブローやコテ巻きをするの

は危険です。

 

油分は熱の伝導率を高めます(フライパン

油をひいているのと同じです)のでオイ

ルをつけてからコテ巻き等をするとダメー

ジの原因になります。

 

必ずブローやコテ巻きが終わってからオイ

をつけて下さいね。

 

こういったケアをする事がくせ毛の枝毛を

ぐ事に繋がります。

 

例えばいくら美容室で月1回トリートメン

をしても基本的には365日中353日

は自宅どのホームケアになります。

 

毎日の積み重ねが非常に重要ですよ。

スポンサードリンク

メンテナンスカットで枝毛は改善される

よく言う揃える程度のカットは非常に重要

す。

 

毛先5mmをカットするだけで髪のまとま

は全然違いますし髪の表面から出てきた

毛をハサミで切り落とせば枝毛は綺麗にな

りますな

また傷んだ毛は特にくせ毛だと毛と毛が絡

りやすくそれが原因でひっかかりやダメ

ージになります。

 

しかし、適正な毛量調整を行なえばこれも

善出来ますしスキバサミではなくハサミ

で毛量調整を行なえばすいたことによる膨

らみも出ません。

 

⇒くせ毛の梅雨はスタイリング剤や髪型にこだわれ!

よく伸ばしているからトリートメントだけ

て髪を切らない方がいますがトリートメ

ントとカットではダメージへのアプローチ

は全く違います。

 

もちろん切らない方が早く伸びるのは確か

のでカットの頻度を減らすのはいいと思

いますが全く切らないのはNGですな。

 

特にロングスタイルは後ろの髪を前に持っ

来る事が多いので通常後ろから髪を見た

時シルエットがUの字になっていないと前

に回した前の毛のが長くなってしまうので

上手くまとまりません。

 

またこの後ろから見たシルエットが急にな

程、例えばVの字状になると前に回した

時の顔周りのレイヤーの入り具合が決まり

ます。

 

ロングデザインの半分以上はこのアウトラ

ンの形で決まるのでとても重要です。

 

ボブスタイルから伸ばしていった場合ほぼ

のが長くなるのでメンテナンスカットを

しながら形を変えていかなければなりませ

んな。

 

クセ毛の人はただでさえまとまりづらいの

伸ばしてる方は特にこういった定期的な

メンテナンスが必須です。

 

そもそもダメージやらクセやら枝毛やらが

くてもヘアスタイルがきちんと決まって

いなければ綺麗には見えないし、髪がまと

まっていれば枝毛もドライヤーで抑えられ

ます。

 

なので、メンテナンスカットは必須です。

スポンサードリンク

外出時の紫外線やドライヤーの当てすぎには注意

どうしても避けられないダメージは特に紫

線です。

 

夏に紫外線に注意をする方は多いですが、

際年間の紫外線量が多いのは5、6月

す。

摩擦や海やプールの塩素といったその日

気にかかるダメージはすぐに体感します

が紫外線やキューティクル欠損によるタン

パク流出などのダメージは一ヶ月後、二ヶ

月後に遅れてやってきます。

 

⇒クセ毛にレイヤーカットはあり?ハネるんじゃね?メリットとデメリットは?

紫外線が強い時期や習慣的に野外にいる方

、つばの広い帽子やUVケア効果のある

流さないトリートメントをオススメします。

 

外出前などにつけて、小型のものなら持ち

きちょこちょこつけた方が効果がありま

す。

 

スプレータイプの物なら使用感はほぼあり

せんし、静電気防止剤が含まれているも

のがほとんどなので髪のまとまりやサラサ

ラ効果もあるのでオススメです。

 

ミルクタイプなら外出前とお風呂あがりに

かす前につけましょう。

 

オイルタイプを使う場合は注意が必要です

な。

 

ドライヤーは基本はしっかり乾かす事です

乾いた状態からくるくるドライヤーやブ

ラシなどでブローセットする場合ブロー直

前にオイルをつけるとオイルによって熱の

伝導率があがり必要以上に髪を熱してしま

うことになるのでオイルタイプをつける場

合は乾かす直前かブローやコテ巻きが終わ

ってからにしましょうね。

 

またドライヤーをあてるときも早く乾かそ

とドライヤーを近付けすぎるとダメージ

になる場合があります。

 

しかし遠くにすると乾きづらいので手で髪

左右に振りながら乾かしましょう。

 

手で感じる温度が火傷しそうなくらい熱く

らない距離でのドライヤーならOKです

な。

スポンサードリンク

髪質改善などのメンテナンス技術がある美容師を選べ!

美容室での施術においてもダメージは美容

の技術レベルで大きく変わってきます。

 

通常、パーマやダブルカラーやアイロン等

アスタイルのデザイン性が高くなればな

る程ダメージは伴ってくるものです。

 

⇒くせ毛は絶対抑えるな!逆に活かせ!

きちんとしたメンテナンスは年間のヘアプ

ンを考えていく事で初めて成り立ちます。

 

担当美容師と相談し、次回はこうしたいか

今回はダメージを抑えてこういった形に。

 

このくらいまで伸びたらパーマをしたいか

何月まではこういったケアを。

 

このような中期〜長期にかけた計画を一緒

練って最小限のダメージでヘアデザイン

を楽しむ事が大事です。

 

今は流行がデザイン先行であり、ケア技術

全く追いついていないのが業界の現状で

す。

 

特にクセ毛や乾燥毛の方は人一倍ケアを頑

らなければなりません。

 

美容室の仕上がりだけでなく、日常生活ま

きちんとケアをしてくれる担当美容師を

見つけるのが重要です。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、くせ毛の枝毛はメンテナンスカッ

トが有効なお話をしていきました。

 

髪のケアやヘアスタイルは美容師と二人三

で行っていくものです。

 

どちらか一方だけの努力ではいい髪、いい

アスタイルは作れません。

 

信頼出来る担当を見つけ、まずはいつもの

手入れ+5分から始めてみてはいかがで

すかな。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!