こんちわっ!いもづるです。

クセ毛ランドへようこそ!

 

クセ毛のみんなって一体どんなとこでカット

しているのかな~って日々サロンワークを

やっていると思うんですが、

たまに新規のお客さんがご来店されて

前は1000円カットのお店に行って

カットされていたと言うわたくしから言わせてもら

うと衝撃的な事を語る人も中には

いらっしゃいますな(^_^;)

8f555b21-57b7-48dc-a788-7ec0a1aa284f-1-500x500

では、なぜ1000円カットというものが

衝撃的でクセ毛に不向きなのか?

 

しかも、指名や予約が出来ないため来店する

たびにカットするスタイリストが立ち替わり

入れ替わるシステムで、特にその中でも

おばちゃん美容師とよばれる

40~60代の中年美容師は特に

ヤバイレベルにあるんだな(^_^;)

 

なので、今回はクセ毛さんにとって

1000円カットがハイリスクである

ことや、おばちゃん美容師の本当の

レベルとは?

に、ついてタメになる事を解説していきたいと

思います。

スポンサードリンク

クセ毛で1000円カットは危険!?

よく巷でも、

「1000円カット行き始めたら女はおしまい」

と言う都市伝説を聞いたことがありますが

わたくしも同じ業界人であるゆえに1000円カットの

システムや経営方針にかなり疑問を持って

いる美容師の一人ですな。

 

まず、最初に分かりやすく1000円カットに

行ったことがない人も中にはいてると思うので

簡単にシステムを説明すると、

  • 料金は1000円×消費税
  • 約10分で終了(例外もある)
  • シャンプーはない(又は、しない)
  • カラーやパーマのメニューはない
  • 顔そりもない
  • タイマーで測りながらカットする店もある
  • 最後の毛払いは掃除機

と、簡単に解釈するとこんな感じになりますが

1000円カットの店舗も年々増加しているので、

やり方や方針なども様々である

と言うことが言えると思いますな。

 

まず、ここで一番念頭に置いてたほうが

いいことは「クセ毛」の人はおススメ

出来ないと言うことだな!

n112_cyekusuru_1-thumb-1000xauto-14457

そもそも、1000円カットの歴史は元々散髪から

誕生しているので、メンズ主体のシステムだと

言えるんだな。

 

つまり短髪がほとんどの男性客であれば、

10分でカットが終了したり、ブローや

シャンプーをしなくても上記のシステムに

ガッチリ当てはめることができ、

逆にロングヘアやクセ毛の女性客であれば、

その条件に当てはまらないんですな♪

 

なので、元々お店の経営方針に全く合っていない

客層がいわゆる時間のかかる「ロングヘア」や

複雑な「クセ毛」の客層と言うことになるんですね(^_^;)

つまり、こういう客層の人は1000円と言う単価には

全く割に合わないもので、下手をしたら10分を超えて

時間的にもオーバーしてしまい結果的に赤字と

言うことになるんだな♪

 

カットをする側の視点で考えてみると基本の施術時間

が基本10分間と決められていますので、やはりメンタル

的にも焦りや数をこなさなければと言う潜在意識に

シフトしているため、どうしても髪質や骨格と言った

本来見なければいけない項目ですら

おろそかになり単なる作業的でマシーンのような

感覚で施術をされるスタイリストが多いのは事実ですな。

12940_06

したがって、クセ毛や長いロングヘアをバッサリショート

にするような髪型を望む人はちゃんとそういう事を

理解しておく必要がありこれを全く理解せず

1000円カットに行くと、全店舗がそう言う訳では

ありませんが、高い確率で泣くことになるでしょうな(^_^;)

スポンサードリンク

1000円カットの仕組みを知れば衝撃的!

1000円カットと言うのは、文字通り1000円なん

ですがこんなに安くて利益なんて出るのかよっ!

と最初はわたくしも思いましたな^_^;)

 

なので、いつもガラス張りの中にはお客さんが

一杯で混み合っているシーンを見たことがある

人も多いかと思います。

 

これによく反応して来店する人もいれば

「これだけ入っているのだから、

人気があるんだな!」と錯覚しちゃう人も

かなり多いですな(笑)

 

同じ業界人だからわたくしなりの意見で言わせて

もらうと、1000円カットの経営戦略は

薄利多売です。

 

つまり、あれだけ一杯のお客さんが中で順番を

待っている風景というものは「流行っている」

からではなくいつもお店の中は

お客で満杯にしておかないと経営そのものが

成り立たないからであり利益が出ないからですな。

 

なので「流行っている」と勘違いして来店される

人も多々いますが、それは全く

根本からズレた考え方になるでしょうな。

 

例を出してみると

カット料金4000円のお店が一日の最低売上

が4万円だとすると10人カットすれば達成

出来ますが、1000円カットの場合は40人もの

客数をカットしなくてはなりません。

 

こんな作業を毎日こなしていれば、いずれ体力の

限界になりますし、精神的にもやられるケースが

多いのも事実ですな。

 

現に、わたくしの知り合いも似たようなシステムの

チェーン店で勤めていましたが、疲れで体が

ボロボロになり精神的にも限界だったと語って

いた子がいました。

468851187-680x335

つまり、このシステムは美容師と言う本来の

仕事であるヘアスタイルをデザインすると言う

根本的な部分からはかけ離れた分野の商売で

あり、集まる客層もあまり自分の髪の毛に

関心がない人達や髪型にお金をかけない人、

(自己投資しない人)や見た目なんかどうでもいい

と言う客層の人たちが集まるシステムだと

言うことが挙げられるんだな♪

1000円カットがクセ毛に向かない理由は!?

これは一概には言えませんが、

その時の担当するスタイリストの

技量によるものがほとんどだとわたくし

個人的に感じますな。

 

なぜなら、日々のサロンワークで色んな

お客さんに接していると、1000円カット

に限らず低料金サロンは行くたびに立ち替わり

スタイリストが変わるんだな。

 

つまり、指名も予約も出来ない店舗が多く

来店するたびに細かく注文をしないといけないし、

最悪の場合は分かってくれないスタイリストも

中には存在するんだな。

 

特に、「クセ毛」のカットとなるとシャンプー

やブローも基本しない1000円カットの

ようなシステムならその「クセ毛」のまま

カットするんだな。

 

これはちゃんと髪質や骨格を見ながら切る

「ドライカット」ではなく単に来店したそのまま」

で切ると言う事ですな(^_^;)

590x393ximg11741_002-jpg-pagespeed-ic-zg3e0m_65g

なので、うねりまくっっている状態や

ハネまくっている状態で切って行きます

から長さが均等に合うわけもなく、量の

バランスも不適当な場合が多いですな。

 

しかも、10分と言う制限の中での施術ですから

ハッキリ言って長年スタイリストとしてわたくしも

現場でやって来た人間として一言言わせてもらうと

できるわけね~じゃね~かって・・・!(笑)

 

確かに、1000円と言う魅力的な料金に惹かれる

気持ちは理解できるんだな♪

 

ただ、その分だけリスクも存在すると言うことを

決して忘れてはいけないんだな。

 

いい事ばかりではなく、それだけ安売りしている

と言うことですのでむしろデメリットの方が

多いとまで思っていた方が無難でしょうな。

おばちゃん美容師に気をつけろ!次のページへ