どうも。いもづるです。

今回は、がん治療で抗がん剤などの副作用

でくせ毛や脱毛になってしまう原因や理由

などについて解明していきたいと思う。

 

がんの治療で使われる抗がん剤。その副作

用で脱毛になってしまうのは今やあなたも

知っていると思う。

 

そして治療後は今までとは違った髪の毛に

なってしまいクセ毛になる人が多いのはま

だ知られていない。

 

なぜこのような髪の毛に対して変化がある

か?それには抗がん剤がどのようにしてが

ん細胞に対して働きかけるのかが重要にな

ってくるんだな。

 

そして、治療後はどのように髪の毛が復活

していくかはあまり知られていないので、

今回はその辺についても見解していきたい

と思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

がんの抗がん剤後はなぜクセ毛になるのか!?

抗がん剤の投薬治療が終わり、1カ月か

ら2カ月ほどするか髪の毛は生えてくる。

 

が、その髪質は今までとはまるで違うんだ

な。

 

柔らかく赤ちゃんの髪の毛のようでクルク

ルのクセ毛になる人が多い。これは抗がん

剤の副作用で髪の毛を作る毛母細胞という

ところが正常に働くことが出来ていないの

が原因なんだな。

きちんと働くことが出来なので不完全な髪

の毛が出来てしまうのでクセ毛になってし

まうんだな。

 

また、頭皮もたるみが出てしまうのも原因

と考えられていて、これは少しこれは加齢

によるクセ毛と似ているところがある。

 

頭皮がたるむことによって毛穴がいびつな

形になりクセ毛になる。マヨネーズなどの

ペースト状のものをチューブから出すとき

に出口を少し塞ぐとクネクネしてでてくる

のは、これと似た原理ですな(ーー゛)

抗がん剤の副作用で脱毛の原因も解明!

抗がん剤は細胞に大きなダメージを与える

ことが出来る薬。特に細胞分裂が盛んなと

ころにはより働くようになっている。

 

そして、がん細胞はとても活発な細胞。

 

だから、抗がん剤が効きやすいということ

でだが、体内にはがん細胞のように活発な

細胞がいくつかあるんだな。

 

その中に毛母細胞も含まれており、毛母細

胞というのは髪の毛の工場だ。血管から髪

の毛のもととなる栄養をもらった毛母細胞

は細胞分裂を繰り返してドンドン髪の毛を

作ってくれる。

 

だからこそ1カ月で1cmも伸びてくるん

だが、抗がん剤によってこの毛母細胞はダ

メージを受けてしまう。それで作ることが

出来なくなってしまうんだな。

 

だが、完全に壊されたわけではなく、投薬

治療が終わればまた髪の毛が復活するんで

すな(ーー゛)

 

ちなみに口の粘膜も活発に働くからダメー

ジを受けて口内炎になりやすくなってしま

うんですな。

抗がん剤後のチリチリクセ毛は直るのか?次のページへ