どうも。いもづるです。

今回は、カラーリングなどの際に髪の毛

の色素が抜けてしまう原因と特に毛先が

抜けやすいのは何故なのかと言う事につ

いてスポットをあてていきたいと思いま

すな。

 

自分の雰囲気を変えるのにカラーリング

やパーマをあてるのは簡単で効果的です

よな。

 

日本人は自毛が真っ黒で重たい印象だか

ら髪に色を入れるだけでだいぶ雰囲気が

変わります。

 

高校卒業して厳しい校則から解放された

子達は真っ先に髪を染めたがるし、だい

たいの人がカラーした経験あるんじゃな

いかってぐらいカラーは人気ですよね。

 

でも、カラーしたけどすぐに色が抜け

しまって最初に染めてもらった時より明

るくなってしまったって経験ある人多い

んじゃないですかな。

 

色が早く抜けてしまうのにはちゃんと

因や理由があるんですな。

 

今回は、その辺を追及していきたいと思

いますな。

 

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

そもそもカラーリングして色が抜ける原因や理由はなに!?

カラーの仕組みは髪の毛の内部にカラー

剤を浸透させる事で髪の色を変てるんで

すな。

 

十分に浸透させる為には逃げないように

ゃんと守ってくれる役割のあるキュー

ティクルがすごい大切になってくるんだ

な。

 

でも髪が乾燥してたり傷んでたりしてこ

キューティクルが剥がれてたりすると

守ってくれる役割を果たしてくれなくな

ってしまうからカラー剤が十分に浸透す

る前に隙間から流れてしまうんですね。

これがカラーした後に色がすぐ抜けちゃ

原因としては大きくあるんですな。

 

あとは、カラーする色のタイプでも抜け

ちゃいやすい色があるし、特に抜けちゃ

いやすい色としてはアッシュっぽいブリ

ーチする色ですな。

 

人気のある色なんだけど、日本人の黒髪

って赤味のある色がもともと入っててブ

リーチすると黄色味のある色が出やすく

なりますな。

 

黄色味のある髪をしてるとアッシュ系の

色は出ずらかったり染まっても元の黄色

味が出てきちゃって色が抜けやすくなっ

たりします(‘_’)

色が抜ける際にやってはいけない事とは?

意外に染めた後の過ごし方でNGな事を

してしまってて色が抜けちゃってる人

も少なくないんですな。

 

まず、染めたその日に髪を洗うのはNG

です。

 

カラー剤が髪に十分に浸透するまでにだ

たい24時間ぐらいかかりますし、だか

ら染めたその日ぐらいは髪を洗わないの

がベストです。

 

これぐらいは美容室でもアドバイスされ

るだろうから知ってる人多いかな。

 

髪を洗う時のNGな事で言えば、熱いお

湯で洗ってしまうと髪の色は熱に弱い

ので色が抜けやすくなってしまうから

ぬるいお湯で洗う事をおすすめします

な。

 

あとは、カラーしたから髪をちゃんと

ケアしようとしてトリートメントをい

つも以上に髪に浸透させようとしてギ

ュッギュってしちゃうと色が流れ出て

しまう可能性があるからやり過ぎには

注意が必要です(‘_’)

特に毛先の抜けがひどくね!?

髪の毛先の方が特に色が抜けやすいっ

て人が多いです。

 

⇒カラー持ち込み美容室は大間違い!綺麗に染まるわけねーだろ!

それにもちゃんと理由があって、髪が

乾燥していたり傷んでたりすると色が

抜けやすいですし、髪の毛先は栄養が

一番届きにくい所にあるから傷みやす

いってのがあるんですな。

 

だから毛先の方が目立って色が抜けて

しまったりするので、髪の毛先は念入

りにケアする必要があるってことです

な。

スポンサードリンク

今後カラーリングする際に長持ちさせる方法とは?

色を長持ちさせる為には、何と言って

もカラー専用のシャンプーとトリート

メントを使う事なんだな。

 

⇒シャンプーやケア剤でクセ毛は治らないが今より状態が向上する物はこれ!!

市販のものでは洗浄力が強かったりし

て色が抜けやすくなるので、専用の

のを使うのと使わないのとでは正直全

然違うし、長持ちさせる為の一番効果

的な方法なんじゃないかな。

 

あとは、色が流れ出てしまわないよう

に髪のキューティクルをしっかり健康

に保ってあげられるようにケアするこ

とです。

 

紫外線を髪に直接浴び続けたり、ドラ

イヤーで髪に熱風をあて続けたりする

のはキューティクルにとっては良くな

い事だから注意して欲しいんだな。

最後に

いかがでしたか?

今回は、カラーリングの際の色素の抜

け具合や原因について解説していきま

した。

 

毛先にダメージが蓄積していると、相

当抜けやすくなり下手をすれば毛質に

よって1~2週間程度で元の色に戻っ

てしまい、特に毛先のダメージ対策は

必須になりますので普段から意識して

取り組んで頂きたいものです。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうご

ざいました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!