どうも!いもづるです!

今回は、ヘナの色落ちを防ぐ方法と黒染

めのリスクに関してお話しして行きたい

と思います。

 

「髪の毛を染めたいけど髪が傷むのはちょ

っとあ・・・」「最近美容室でもよく聞く

どヘナカラーって何?」という人もいる

のではないでしょうか。

 

ヘナタトゥーやヘナカラーでも注目されつ

つある「ヘナ」とはそもそも何なのか?

 

その辺に付いて、詳しくピックアップして

行きたいと思います。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

初心者よ!ヘナの基本知識をまず知れ!

まず「ヘナ」って何?

 

という方も多いと思いますが、ヘナとは西

南アジアから北アフリカなどの乾燥した地

域にかけて広く自生している「ミソハギ科」

という種類の常緑低木のことを言いますな。

 

日本では「指甲花(シコウカ)または「ツ

マクレナイノキ」とも呼ばれてきました。

 

木は3~6メートルほどにまで成長し、

芳香のある白色や薄紅色の花を咲かせる

のが特徴ですな。

 

主に葉を乾燥させ粉末にしたものを使用

しますが、古くから染料としてよく使わ

れていたそうです。

 

ヘナは染料として以外にも薬草としても

使われており、毒素排出、炎症抑制、新

陳代謝をよくするなどの効果が期待され

ていますが科学的な根拠はあまり証明さ

れていませんね。

 

なぜヘナで髪の毛が染まるのかというと

、ヘナには「ローソン」という赤色酵素

色素が含まれており、この色素はタンパ

ク質に反応して発色させるという特性が

あるため、髪の毛のタンパク質に絡み付

着することで髪の毛がオレンジ色に染ま

るのです。

 

髪はもちろん、肌や爪も染めることがで

き、あのクレオパトラもマニキュアとし

てお洒落を楽しんでいたという話は有名

ですな(^^)

 

一般のヘアカラーは髪の毛のメラニン色

素を脱色させて発色をよくさせており、

その成分にアンモニアなどのアルカリ剤

も含んでいるため、アレルギーを発症さ

せたり髪の毛を痛める原因になります。

 

一方、ヘナによる染料はヘナに含まれて

いる「ローソン」という色素が髪の毛の

タンパク質に付着しているだけなので、

髪の表面や頭皮にダメージを与えません。

 

しかし、ヘナは髪の表面のキューティク

ルを壊して脱色することがない分、黒髪

を明るく染めるということはできません。

 

また、染めるのに1~2時間以上放置する

必要がありますな。

 

デトックス効果もあるヘナですが、身体

を冷やすという特性もあるので、生理中

や妊娠中の方にはおすすめできない染料

です。

スポンサードリンク

ヘナの色落ちを防ぐ方法は?

ヘナは天然素材でできた染料のためシャ

ンプーなどの洗浄成分に弱く、シャンプ

ーで洗うと早く色落ちしてしまいます。

なので、ペースト状の染料だけをある程

度お湯だけでささっと洗い、可能であれ

ば米酢を大さじ数杯コップ一杯程度薄め

たものをリンスとして使用し、色移りし

てもいいようなタオルで髪を拭きよく乾

かすのがおすすめです。

 

もしシャンプーで洗わないと洗った気が

しなくて気持ちが悪いという方は、一般

的なシャンプーより洗浄成分が弱い「天

然ハーブシャンプー」を使用してみるの

はいかがでしょうか。

 

髪や頭皮にも優しく、ヘナの色落ちも最

小限に留めることができるようです。

 

また、ヘナは高温に弱く、60度を超える

と染色力が落ちるという特性があります。

 

⇒白髪染めが浮く?キラキラして光る原因なら6トーン以下で染めろ!

なので、ヘナをお湯で溶くときは50~60

度くらいの温度のお湯でよく溶くように

ましょう。

 

ですが、どうしても一度目のヘナは色落ち

しやすいので、諦めずに何度かヘナ染めを

繰り返す必要がありそうです。

 

基本的にヘナは酸性なので、アルカリ性に

傾くと色落ちします。

 

その結果洗浄力が強力なアルカリ性のシャ

ンプーを利用しているケースでは、ヘナで

白髪染めをした直後に日々ゴシゴシ洗うと

知らず知らずのうちに色落ちしてしまうの

です。

 

ヘナの色持ちをよくしたいなら、何はとも

あれシャンプーは弱酸性のものを使う事を

オススメする。

 

髪を洗うときにもヘナをポイント可能なた

め、なおかつ色持ちが高くなります。

 

ヘナにはトリートメント効果がカラーリン

グよりは高いので正しい使い方をしていれ

ば、問題ないかなと。

 

全体を通じて推奨なのはヘナパックを実施

しつつ、週に1回ヘナエキス入りのシャン

プーなどを活用して髪を洗い、その他は常

にお湯で流すだけ、と言われるサイクルと

なります。

 

色落ちもなく、髪が確実に強く元気になる

に違いありません。

 

原産国のインドから直輸入されたヘナは高

レベルの品質管理のもと、自社製造ルート

でオリジナルの天然ハーブを配合するべき

ことにより100%天然と言われるにも関

わらず色落ちもする物もありますな。

 

いずれにしても、髪を傷めずに染髪するこ

とを望んでいる人、今まで市販のヘナ染め

ではうまくいかなかった人などは少々値段

が張っても高品質な商品を購入する事をオ

ススメする。

スポンサードリンク

ヘナの黒染めにはリスクがある!

上記でも書きましたが、基本的にヘナは

「ローソン」という赤色酵素色素でオレン

ジ色に染めることができます。

 

ですが、オレンジ色以外にも青色の色素

持っている「インディゴ」や「木藍」とい

う植物を配合させることで、限りなく黒に

近い色にすることが可能になるのです。

 

(ここで注意していただきたいのは「真っ

黒」になるのではなく「限りなく黒に近い

色」ということですね。)

また、インディゴは特にシャンプーで落ち

やすいという特性があるため、黒色がすぐ

に落ちオレンジ色が残ってしまいます。

 

⇒ヘアカラーの髪色が抜けやすい期間や季節などあるのか?

インディゴの成分だけで黒色をキープさせ

ることは難しいかもしれませんな(^_^;)

 

そして、ヘナの色素は髪の表面にしか付か

ないので、服や枕などに付着すると「色移

り」してしまうことがあります。

 

2~3日の間は白い洋服を避けたり、枕に

タオルなどを敷くなどして対策を取りまし

ょう。

ヘナが解っていないと失敗の元!

ヘナのことが少しずつ分かってきたところ

で、「じゃあヘナは天然素材でできている

から一般的なカラーリング剤に比べたら安

全で安心なんだね。」と考えたくなります

よね。

 

⇒ヘアカラー蕁麻疹とカブれが出たら早急に止めろ!治療法は?

ですが、実はヘナのカラーリング剤には大

きく分けて2種類あり、「ナチュラルヘナ

(天然原料100%)」と「ケミカルヘナ(

化学染料が入ったもの)」があります。

 

ケミカルヘナにはアレルギー反応を起こす

可能性がある「ジアミン系化学染料」が含

まれていることがあるため、一丸に全ての

ヘナカラーリング剤が天然原料100%とは

限らないということを念頭に入れておきま

しょう。

 

実際にヘナの白髪染めを使用した方で重度

の皮膚炎を発症した例もあるそうです。

 

でも100%天然原料でできたヘナのカラー

ング剤を使用する際もヘナアレルギー

発症する確率はゼロではないので、パッチ

テストは必ず行ってください。

 

ちなみに、染める時に素手でやると手ま

一緒に染まってしまいますな。

 

手の平はまだ数日で落ちますが、爪はオ

ンジ色に染まったら落ちないので気を付け

たい。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、ヘナの色落ちや黒染めのリスクな

どについてでした。

 

ヘナの最大の魅力は髪や頭皮にダメージ

与えることなく、髪をトリートメントしな

がら自然に染めることができるということ

です。

 

また、くせ毛が落ち着いたり、細い髪に

シやハリが出て、つやつやになるといった

効果も見られる。

 

そして自宅で簡単に染めることができ、

しくて美容院に行けない時の救世主なっ

てくれることでしょう。

 

ですが、いくら天然の植物性であるヘナ

あってもその時の気温や体調によってアレ

ルギーを発症し、かゆみやかぶれ、皮膚炎

などを起こす可能性もありますな。

 

一般的なヘアカラーリング剤と比べて色

ちもしやすく、放置時間も長い、色が定着

するまで色落ちもする・・・。

 

メリットがあるということはデメリット

あるということをよく理解した上で、いつ

までも若々しく美しい髪を手に入れていた

だきたいと思いますな。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!