どうもっ!いもづるです。

最近美容室に関する記事が多くなって

る今日この頃ですが、勤めているお店

のお客さんの中に、最初にオーダーして

いた髪型と全然違うと言うお客さんが

いたので、なぜそのようなことになっ

てしまったのかシェアしていきたいと

思います。

 

これは、どの美容師や美容室でも起こ

りうることなのではないでしょうかね。

 

まさに、美容師なら永遠のテーマだと

言っても過言ではないことですので、

早速見ていきたいと思う。

スポンサードリンク

ヘアカタログと違う髪型になるのは何で?

まず、大前提に理解していて欲しいの

がヘアカタログや雑誌に載っている様

な髪型や女優さん、俳優さんはその写

真や画像を撮る前に下準備としてコテ

、カーラー、アイロンでそのモデルさ

んの髪の毛のコンディションを整えて

ツヤツヤにした状態から撮影に挑んで

います。

(当たり前ですよな)

 

じゃあ、美容室で施術をする時も同じ

事をしたらその通りになるんじゃない

の?と思いがちだが、それが最大の失

敗であり勘違いしているところなんだ

な。

 

どういう事かと言うと、じゃあそのモ

デルさんは撮影時にはコンディション

を整えて綺麗な毛質に変身していたが

実際の地毛は痛みまくっていて、ボロ

ボロの女子がほとんどなんだな(^_^;)

 

なので、まずこの時点で髪の「素材」

が違うと言う事。

 

この「素材」が非常に大事で料理に例

えると、作ってほしい料理があるのに

肝心な素材(材料)が無かったらどう

しようもない(笑)

どうしようもないどころか、料理を

すると言う以前の話である。

 

なので、ヘアカタログみたいな全く自

分と違う素材や顔の輪郭などを参考に

している時点でそんなものは実際に理

にかなっているものではなく「こうし

て欲しい」と言うオーダーではなく、

まずは「これだけは絶対にして欲しく

ない」と言う逆算的思考を持つことが

重要なんです。

逆算的思考を持つことで美容師は理解を深める!

「こうして欲しい」と言うオーダーの

仕方は、毛質や頭の骨格、顔の輪郭な

ど様々な完成に向けての髪型にたどり

着くまでに障害となる。

 

⇒くせ毛で悩む奴ほど安い美容室に行く!治したければ自己投資せよ!

要は、美容師と言うのは基本的に「こ

うして下さい」と言われたらその通り

に作っていくのが基本路線であり、そ

の途中に「これ、似合わないな」とか

「素材が違う」と言う事はカットをし

て行くうちに発見していく。

 

そして、優秀な美容師であればカウン

セリングの時点でそのことを指摘し、

その人の素材にあった髪型を提案する

だろう。

 

しかし、世の中には色んな美容師がい

てるわけだから、そんな提案などをし

ない美容師も、うじゃうじゃいるんだ

な。

 

なので、自分のエゴが前面に出てしま

ってる髪型のオーダーの仕方は、返っ

て美容師の思考を迷走させる原因です

し、人間的にも嫌がられる可能性が非

常に高い。

 

実際に、管理人もその様な自分のエゴ

を全開に出すお客さんはハッキリ言っ

て苦手である。

 

これは、もはや店の従業員とお客さん

と言う立場を超えて社会人として、人

間としての不一致なのだ。

スポンサードリンク

以外な落とし穴とは?

スタイルをオーダーする時は、「して

欲しくない」事から伝える事の重要性

についてはなしたが、以外な点も忘れ

てはいけない。

 

「施術中に足を組む」事も、あまり良

くないって知っていました?

 

要は、足を組まれると左右のバランス

が大幅に乱れて左右の長さが合わない

と言ったことも無きにしも非ずなんで

す。

 

これは、カット中に首をよく動かす人

にも当てはまることだが、とにかく施

術中に目を思いっきり近づけて本や雑

誌を読んだりする人も当てはまる。

 

この様な、美容師が施術中に体のどこ

の部分を動かし続けるのはやめた方が

いいです。

 

しかも、その様なことは美容師側から

指摘が出来ない項目であり、もしその

様な事を美容師が指摘すると、ストレ

スを感じる人やムッとする人が多いだ

ろう。

 

なので、この様なことは美容師側から

言えないので自分で自覚するしかない

ですな。

オーダーと異なってしまうのは素材の違いと自覚するべし!次のページへ