アレルギーの人はアルカリなどの白髪染めは絶対ダメな理由!

花粉症や鼻炎など、アレルギー体質

の人は普通の体質の人に比べて、

肌が敏感になっています。

 

特に花粉症などの方は、時期的にヘ

ア白髪染めが痒くなったりヒリヒリ

ピリピリしたりする事が多いですな。

 

⇒セルフカラー失敗でプリンになった?当たり前だろ!

一度皮膚科で、自分が何のアレルギー

なのかキチンと調べてもらった方が安

心ですが、アレルギー検査には少々お

金がかかります。

 

白髪染めは、色素という通常1剤に含

まれるアルカリ性のものと、2剤と呼

ばれるオキシドール(過酸化水素)

を混ぜて化学反応を起こし、髪の表

面にあるキューティクルを剥がし髪

の内部に色素を染み込ませて、白髪

を染める事が可能です。

 

ですから、髪が傷んだりヘアカラー

を繰り返すことで髪が細くなります

な(‘_’)

 

髪にボリュームがなくなったり、

にクセが強くなったりするのはその

せいですな。

 

⇒市販ヘアカラーの暗めにおすすめはない!過剰広告だよ!

アレルギー体質の人は、酷い場合頭

皮がただれて膿が出たり、最悪の場

合は頭皮が溶けることもあります。

 

膿が出たり、溶けるなどと言う恐ろし

い事になることをキチンと理解する必

要があります。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、カラーとアレルギーの関係性

とリスクに付いてスポットあててみま

した。

 

白髪染めは匂いがキツかったり、頭皮

がしみたりと、アレルギーがない人で

も、肌のもともと弱い方にもオススメ

はできません。

 

ヘアカラーの利点は明るめでも白髪染

めが可能であることと、色味が豊富で

アッシュやベージュなど、今までの白

髪染めではブラウンがほとんどでした

が、オレンジやレッド、ピンクにバイ

オレットなどもありますな。

 

その点ヘナは、あまり色味が選べない

のと、明るく出来ないので、わりと暗

めに染め上がりますな。

 

それでも、頭皮には優しく、ヘアカラ

ーと同様に根元からしっかりと染めら

れてモチがいいので、マニキュアのよ

うに、色がどんどん剥がれてくること

はありませんな。

 

ヘナもマニキュアも髪の表面に色を着

けるのですが、ヘナはマニキュア程色

落ちせずに保ちます。

 

白髪染めは、リスクはありますので長

く続けていくことを考えると、髪にハ

リ・コシが出るヘナの方がダメージも

少なくてアレルギーのある方でも白髪

染めが出来る可能性が高いのでオスス

メですな。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうご

ざいました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!