どうも。いもづるです。

今回は、ヘアカラーのアレルギー

付いてスポットをあてていきたいと

思いますな。

 

クセ毛さんや猫っ毛さんでもよくヘ

アカラーは頻繁に行うと思うが、こ

のヘアカラーのアレルギーがあまり

重要視されていな傾向にあり歳を重

ねて、だんだんと白髪が気になり始

めて白髪染めをなどをされた事があ

る方も多いと思いますな(‘_’)

 

しかし、ヘアカラー(白髪染め)

使用されている過酸化水素はお肌に

刺激を与えたり、アレルギー反応を

起こしてしまう場合があるのです。

 

自分がヘアカラー(白髪染め)で頭

皮に異常があるかないか、まずはパ

ッチテストで調べ、体質的に合わな

い場合は、ヘナで白髪を染める方法

もありますな。

 

今回は、そんなアレルギーの危険性

とヘナの効果的な使用について解説

していきたいと思いますな。

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

アレルギー反応の人は絶対パッチテスト!

ヘアカラー(白髪染め)には頭皮に

刺激を与える過酸化水素が含まれて

おりその濃度は髪を明るくすればす

るほど高くなりますな。

 

明るめの白髪染めをされる方は特に

注意が必要で、まずはパッチテスト

で調べてから使用することをオスス

メします。

やり方は、腕の内側の目立たない所に

いわゆる2剤と言われるオキシドール

(過酸化水素)を綿棒などで擦り付け

上からそっと絆創膏などを貼ります。

 

そのまま約1日放置し赤くなったりか

ゆみが出たりしなければ、白髪染めを

しても大丈夫な体質だと言うことです

な。

 

もし、途中で刺激があったり痒みが出

たり赤く腫れ上がったりする場合は直

ちにパッチテストを中止して、しばら

く様子を見て腫れが治らないようでし

たら、皮膚科の先生に診てもらうこと

をオススメしますな(‘_’)

スポンサードリンク

アレルギーでもヘナなら染められるのか?

パッチテストで、かゆみやピリピリ

とした刺激があった方は残念ながら

、白髪染めが体質的に合わないと判

断します。

 

でも白髪が気になりますし、白髪を

染めたいと思われるならば、ヘナ

して白髪を染める方法がありますな。

 

⇒クセ毛にヘナが効くってマジ!?縮毛矯正との相性もヤバイぞ!

ヘナとは、植物性の粉末状の染め粉の

ことで、草木染めとも呼ばれています

な。

 

基本的には、刺激が少なくお湯などで

染め粉を練り状にして使用します。

 

インターネットなどでも最近ではヘナ

を簡単に購入する事も出来ますが、ま

ずは美容院での施術をオススメする。

 

ヘナは独特の匂いがあるんだな(‘_’)

見た目は泥のような液状のような感じ

で土の匂いのような植物の混ざったよ

うなイメージでしょうか。

 

白髪染めのような、キツイ匂いではな

く自然な感じの匂いですな。

 

比較的刺激が少なく、頭皮が弱い方に

も使われています。

ヘナでも絶対安心とは限らない!

もちろん、ヘナでも体質的に合わない

と言う方もいますな。

 

そもそも植物アレルギーなどの、特殊

なアレルギーなどを持っている方はヘ

ナでも頭皮がしみるとか、痒くなると

いった症状が出る場合がありますな(‘_’)

 

⇒ヘナは痛む?はい痛みます!頻度ややり方を間違えたら!

ヘナもやはり頭皮に直接塗るため、よ

っぽど頭皮が弱い方や、植物アレルギ

ーの方はヘナも難しいでしょう。

 

もし、ヘナも体質的に合わない場合マ

ニキュアと言うもので白髪を染める方

法がありますな。

 

マニキュアは、頭皮には絶対に付かな

いように塗るので、まず頭皮がしみる

とかはありません。

 

シャンプーの際に、若干は頭皮につき

ますが、その程度ならしっかりアフタ

ーシャンプーさえすれば、取り除くこ

とが可能ですな。

 

白髪染めもヘナも難しい方にはマニキ

ュアをオススメします。

アレルギーの人はアルカリなどの白髪染めは絶対ダメな理由!次のページへ