どうも。いもづるです。

今回は、ヘアカラーで赤くなる人やそ

もそもの地毛が赤い人へのタメになる

事を解説していきたいと思いますな。

 

白髪染めでもそうだが、ヘアカラーも

白髪染めも原理は同じで1剤が色素で2

剤がブリーチです。

 

2剤はオキシドールと呼ばれていて濃

度が高いものと低いものがありますな。

 

ヘアカラーで髪の毛をかなり明るくす

る場合は、2剤の濃度もかなり高くな

りますし白髪染めでは逆に真っ黒にし

たい場合は、2剤の濃度を落とします

な。

 

では、髪が赤くなる原因とは一体どん

な理由なのですかね?

 

日本人特有の髪が赤くなる原因につい

て説明していきたいと思いますな。

早速いってみよう。

スポンサードリンク

ヘアカラーや白髪染めで髪の毛が赤くなるのはなぜ!?

日本人は黄色人種で髪の色は黒で生ま

れてくる人がほとんどです。

 

もともと白人のように髪の毛が明るい

色で生まれてくる人と、黒人のように

肌も髪の毛も黒く生まれてくる人もい

ますな。

 

アジア人は黒髪が多いので、ヘアカラ

ーをする時に、もともとある髪の毛の

色素を抜いて抜けた所に違う色味の色

素を入れるのですが、その際にもとも

との黒髪の色素が豊富な人は、赤い色

素が多いため、2剤で抜けきれずに赤

味が残ってしまう場合があるんですな

(ーー゛)

黒という色素は、とても濃くてなかな

か全てを取り除くには髪の毛にも負担

がかかりますし、時間がかかります。

 

いろの三原色と言って、赤、青、黄色

を混ぜると黒になるように、黄色人種

には髪の毛に赤味が多く含まれている

のでヘアカラーをして髪の毛が赤くな

る場合があるんですな。

退色して色が抜けてきても赤くなる原因は?

始めはヘアカラーで思い通りの色にな

っていたとしても時間が立つにつれ徐

々に退色していき、もとの髪の毛の赤

味が残っていると赤くなりやすいです。

 

ブリーチなどで色素を全て取り除いて

いれば赤くなることはほとんどありま

せんが、特に白髪染めには1剤の色素の

中にブラウンの色素が混ざっているた

め退色してきたときに赤くなりやすい

です。

 

ブラウンには赤の色素がかなり多く含

まれているので、白髪染めで真っ黒に

染めている方は特に、抜けてくると赤

味が出やすくなりますな。

 

様々な原因はあるのですが、赤味が出

やすい髪質の人特徴は、髪の毛の量が

多くクセがあったり、髪の毛が広がり

やすい方は赤味を多く含んでいます。

 

なので、そう言う髪質の方は特に白髪

染めをした後に退色して赤くなりやす

いことが言えるでしょうな。

スポンサードリンク

赤くならないようには対処法があるのか?

では、髪の毛がクセで毛量が多い人が

ヘアカラーや白髪染めで髪が赤くな

ないようにするためには、どんな方法

があるのかと言うと、まずブリーチで

もとの髪の毛の色素を全て取り除いて

しまうやり方ですな。

 

⇒ヘアカラーの髪色が抜けやすい期間や季節などあるのか?

これは、かなり髪の毛にも頭皮にも負

担がかかりますが、全ての色素を取り

除けばその上にどんな色味でも乗せる

事が出来るので、アッシュやベージュ

などの薄い色味でも乗せる事が可能で

すし、退色しても白に近い色になりま

すな^_^

 

次は赤味の少ない色味を選ぶことですな。

 

バイオレットやピンクなどは黄色味を抑

えたい方には良いのですが、赤味が出や

すい髪質の人は避けた方が良いでしょう。

 

赤味の出やすい方はベージュやアッシュ、

マット系などのいわゆる寒色系を選ぶこ

とをオススメします。

 

赤やオレンジ、ブラウンは暖色系と言っ

て赤味が多く含まれていますな。

 

そして2剤も濃度の高い方を使うほうが

赤味が出やすく色味が入りやすいので

真っ黒よりは、少し明るめのブラウン

などの方が赤くなりにくいですな。

赤味が嫌いな人におススメの色はコレ!次のページへ