どうも。いもづるです。

今回は、市販の白髪染めやセルフの白髪染

めについて痛まない方法などない事を見て

いきたいと思います。

 

これは、ブロッキングなどの小手先なテク

ニックを駆使しても同じ事だと言う事を認

識していた方がいいです。

 

つまり、スキルがない素人さんが自分の判

断などで行ってもそのような小手先なテク

ニックだけでは上手く染まらないものなの

です。

 

今回はその辺についてスポットをあてて行

きたいと思います。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

まずは白髪染めの本質を知れ!

まず、白髪染めの本質は当たり前ですが白

髪を染める目的で開発されています。

 

つまり、逆を言えば白い部分である白髪だ

けを狙ったヘアカラーと言う訳で、その他

の黒い地毛や退色してしまった茶色い部分

は範囲外なんですな。

 

要は、そのような範囲外の部分に薬剤が本

来付いては行けない薬であるがゆえに全く

知識やスキルのない美容師以外の人が施術

を行うと当然テクニック的な事はもちろん

そうですが、何よりも知識がないのでただ

塗ればいいんでしょ?的な発想で塗布しが

ちです。

 

その結果、付いてはいけないエリアに薬剤

が付いてしまい、そこから変色の原因やダ

メージの原因になるのですな。

 

なにが言いたいのかと言うと、白髪染めは

若い子がやるようなファッションカラーと

は雲仙の違いがあり、付いてはいけない箇

所には基本付けてはいけないと言う前提が

あるんですな。

 

しかしながら、多くの年配者などは安くて

手軽に済む市販の白髪染めなどを買ってき

ては家で自分で染めて、ムラムラな状態に

自らがしてしまっている現状なんです。

 

一度、白髪染めの様な色素が濃いヘアカラ

ーはムラムラの状態になってしまうと、中

々元の状態に戻す事は難しいので、やって

しまってからでは時既に遅しなのです。

 

そもそも家で染める白髪染めは、ヘアカラ

ーで行うものだと誰もが思い描いていたほ

どです。

 

髪や頭皮が痛むのが白髪染めだと結果的に

いた人も多いに違いありません。

 

例えば、ヘアマニキュアを活用していたの

は、ヘアカラーの使えないアレルギー体質

や敏感肌みたいな限られた人のみでした。

 

当時のヘアマニキュアは染める場合に手間

暇が掛かってしまうにも関わらず、色の入

りと色持ちが想像以上に悪かったのです。

 

髪や頭皮の痛みが気になっている人が、ヘ

アマニキュアを使いたくてもエンジョイす

る商品が存在しませんでした。

スポンサードリンク

そもそも白髪染めに痛まないはない!

よく、ネット上や口コミなどで「痛まない

白髪染め」などとうたっている商品が数多

くありますが、はっきり言ってそんな商品

は世の中に存在しません(^_^;)

 

そもそも、何を基準に「痛まない」のか「

ダメージがない」のか?と言う事が曖昧で

す。

その様な、いわゆる「過剰広告」やキャッ

チフレーズは世の中に溢れ返っていますし

多くの髪の毛に悩んでいるユーザーを惑わ

す原因にもなっていますな。

 

⇒市販ヘアカラーの暗めにおすすめはない!過剰広告だよ!

つまりは、白髪染めには、キューティクル

を開いて毛髪内部に入り込むアルカリ剤を

はじめ、科学染料や過酸化水素水などの薬

剤が入っています。

 

白髪染めを用いることで髪の毛はキューテ

ィクルが開いたケースになると言えますが

、髪の毛は伸びたポイントはもはや死んだ

細胞であるので、キューティクルが確立し

ても自力で修復するべきことは不可能なの

です。

 

つまりは、白髪染めを何度も行うことで髪

が段々と痛んで行くのです。

 

髪を痛めるのは白髪染めオンリーではない

し、髪が痛むのは白髪染め特融のところだ

とは断言できません。

 

一緒のヘアカラーの黒髪用オシャレ染めも

髪を痛めますし、髪に対するダメージは白

髪染めと比較してもオシャレ染めの方が高

水準であると考えられます。

 

その訳は、オシャレ染めは黒髪をちゃんと

脱色するのでに白髪染めよりブリーチ力が

高水準であるからで白髪染めも一旦脱色を

行うため脱色力はありますが、通常のオシ

ャレ染めよりかは効力は低い水準にありま

す。

 

髪に最もダメージを与えるのは脱色剤であ

るブリーチですから、白髪染めは本当はオ

シャレ染めよりダメージレベルだけでいえ

ば低い水準にあります。

 

しかし、美容室で髪を染めるケースだと美

容師が髪をコンスタントにスライスし、し

っかりと薬剤をつけていきますし、原則髪

が白く伸びてきたポイントだけを染めるリ

タッチというわけなので、キューティクル

が開くのは髪の根本限定ですな。

 

従って、市販のカラー剤を家でべったりと

つけるよりは損傷みは少なくなると思われ

ます。

 

市販品は、PRの印象ではメリットそうと感

じやすいでしょうが、素人が手っ取り早く

染められるのと同様に作っているんですか

ら言ってみればどんな髪質でも対応できる

様に開発されているのです。

 

つまりは柔らかく作られている白髪染めよ

りは遥かに薬剤の効力が強く開発されてい

ると言う事です。

スポンサードリンク

市販の白髪染めほどリスキーな物はない

要は、素人さんが自分で染める事にリスク

を生じると言う事です。

 

例えば、アレルギーはいつどこでどんな形

で発症するか認識しません。皮膚のかぶれ

はその日の身体の具合に左右されて起きた

り起き繋がらない場合もありますな。

 

なので妊娠中や生理中は当然ですが頭皮の

シーンが悪いケースでの施術などは言語猟

団なのです。

 

髪を染めて痛むや、頭皮に異常が出るなど

の状態は本末転倒でそうならない対策のた

めにも、ヘアカラーに関してのインプレッ

ションを是非とも持ってもらいたいのです。

 

その他にはどんな場合でもカラーを可能な

ように常日頃からケアをして欲しい。

 

アレルギーのフィットは24時間以上が原則

で症状が出るので、早く塗ったからと言っ

てもそんな問題ではありません。

 

アレルギーのケースでは、皮膚の赤みや痛

み、痒みと言われる調和が出る事も十分に

考えられるのでそのためにパッチテストな

どのワークを行い自分の頭皮にマッチして

いるのか?と言う事を事前に確認して置く

事が今後のリスクヘッジに繋がります。

 

⇒へアカラーの副作用が危険!かゆみやアレルギーが出たらヤバい!

髪の毛に塗った薬剤が頭皮だけに限定され

ず、顔にまで赤みや腫れの調和が起きるポ

イントは、体が異物だと拒絶してくれてい

るケースが理由でなんですな。

 

アレルギーは肌の弱い部分に現れる要素が

あり、損傷などという理由で体内に入りや

すい物なのです。

 

しかし、白髪染めに取り組んでいると免疫

細胞が過剰に対応をしてしまう恐れもあり、

その結果アレルギーになってしまう。

 

花粉症などと同様に蓄積が溢れて過剰調和

によるアレルギーですな。

 

染みるけど大丈夫と言われるスタンスから、

ある日、急激にアレルギーのリスクに遭う

事もあり蓄積関係では自分の想像を遥かに

超えるリスクもはらんでいます。

(カブレや内臓疾患など)

 

白髪染めを頭皮につけることで有害物質が

蓄積するべきことをリスクする患者の人が

ほとんどですが、妊娠中や授乳中は体が敏

感になって見受けられるタイミングで、胎

児への移行を気にする人が多いため白髪染

めはリスクとされている。

 

そのタイミングだけは控えても十分なので

はと言う口コミを多いがそもそもその様な

問題ではありません。

スポンサードリンク

セルフの場合ブロッキングしても同じだよ!

市販のセルフカラーなどで自分で染める時

によく「ブロッキングをすれば綺麗に染ま

ますなどのキャッチフレーズがよく目

につきます。

 

しかし、これらのテクニックを駆使しても

そもそもの材料が低品質の市販商品なので

すから、いくらブロッキングなどの細かく

スライスを取って施術しようが本質からか

なりズレた発想です。

ブロッキングと言うのは=綺麗に染まるテ

クニックではなく、ちゃんとその人の髪質

や施術条件を満たしている前提で行う塗布

テクニックの事です。

 

従って、ブロッキングをしたからと言って

も=綺麗に染まるとは全く直結しません。

 

多くの人は過剰なキャッチフレーズなどに

惑わされすぎです。

 

その様なキャッチフレーズをうたっている

人もどうかなと思いますが、全く持ってヘ

アカラーを綺麗に染める方法などとは直結

しないのです。

 

⇒セルフカラーで上手く染めるコツなどない!ブロッキングも同じ!

要は、質の高い薬剤とちゃんとした施術準

備が大前提であってこそ、そのようなテク

ニックは初めて生きるのですな。

 

特にロングヘアの人にはブロッキングなど

を進めている情報などが多いですがこれも

少しズレた考え方です。

 

そもそもレングスが長いロングなどの薬剤

を多く使用するケースでは、セルフカラー

などもってのほかです。

 

ブロッキングしたら大丈夫などと安易な考

えでいるとほぼほぼ失敗しムラムラになり

ます。

 

しかも、セルフでやっている時点でナンセ

ンスなんですが、その他にもお金をケチっ

たりして市販の白髪染めを1箱しか買わな

いと言った人も存在します(^_^;)

 

ただでさえ、長いロングなのに1箱で誰が

見ても足りるはずもなく、そこをケチった

結果ムラムラと言う何とも言えない結果に

なる人はかなり多いでしょう。

 

そんな事をしても、結局翌月にはプロを頼

り修正してもらわないと行けなくなります

ので、結果的に余分な予算がかかり髪の負

担も増える訳です。

 

なので、ケチって余計な負担を抱えるより

はちゃんと初めからはプロや専門家に任せ

た方が100倍いいのですな。

 

これに当てはまる人は直ぐにでも意識を変

えて欲しい。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、白髪染めの痛みやブロッキングに

ついて見ていきました。

 

今後、セルフや市販の白髪染めを使ってい

た人は最低限のリスクヘッジと知識をイン

プットしていただいて日々のヘアカラーラ

イフを楽しんで頂きたいものです。

 

それでは今回は、この辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!