どうも。いもづるです。

今回は、カラーリングで頭皮がしみる

原因や、痛い時の対処法などを言及して

いきたいと思う。

 

日本の人口の半分以上の人がヘアカラー

をした経験があり、特に女性だけで見る

と7割ほどの人がヘアカラーをしている

んだな。

 

ヘアカラーをしている時に少し痛みを感

じたり、帰って数日間は痒みがでるなん

て経験をした人もきっと少なくないんで

すな。

 

痛みを感じたり、しみたりするのは個人

差がだいぶあり、そもそもなんでしみる

のか、しみたときはどうすればいいのか

、しみた結果どうなってしまうのか?

 

今回は、その辺の事を検証していきたい

と思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

カラーリングで頭皮の痛みやしみる原因は何なのか!?

ヘアカラー剤は医薬部外品に分類されてい

るんだな。

 

薬に近いというとわかりやすいと思うが、

薬ほど副作用は少ないが多少はあり、ヘア

カラーでしみてしまうのは染めるという行

為のある意味副作用に近いことなんですな。

 

ヘアカラー剤の中には髪の毛を染めるため

にいろいろな成分が入っており、その中で

しみてしまう原因はジアミンというものと

過酸化水素というものなんだな。

 

簡単に説明すると、ジアミンというのはヘ

アカラーの色味を出してくれるもので、過

酸化水素は明るさを調節してくれるものな

んだな。

 

この2つが頭皮にちょっかいを出してしま

い、その他にも本人の体調も関係してくる。

 

風を引いて居たりして体調が悪いときは薬

剤に敏感になっている人く、頭皮に傷があ

るとしみてしまうんだな。

あまりにもしっかり洗おうとして爪が当た

ってしまいその結果傷を作ってしまうこと

も多いんだな。

 

他にも頭皮には薄い皮脂膜あるんだが乾燥

などによってこれがなくなってしみてしま

う事もある。

 

また、明るければ明るいほど色を抜く力が

強くなるので痛みが強くなる傾向があるの

で、ブリーチはほとんどの人が痛みを生じ

てしまうんですな。

美容室や自宅で頭皮に異常を感じたら即中止!!

管理人もお客さんから「本当はしみていた

なんて言われたことがあるが、なんで言

わなかったのか聞くと「せっかく染めても

らうのに中途半端になってしまうのがもっ

たいない」なんてことを言われた事がある。

 

実際にしみても我慢し続けた人がどうなる

のか後のリスクを知らないからだとは思う

が、この様な事はかなり危険な行為と言え

ますな。

 

ヘアカラーをして塗った直後はほとんどの

人ピリッと来て、その後どのような反応に

変化してくるかが重要なんだな。

 

⇒トーンダウンでアッシュに気をつけろ!くすみ過ぎるぞ!

ピリッとしたのが徐々になくなっていけば

問題はほとんどないのだが、その痛みが増

していくような場合は要注意だな。

 

もし痛みがましていくようなことがあった

としたら、すぐに流すようにしないと行け

ない。

スポンサードリンク

無視して染めてるとリスクがヤバい!

もし痛みに我慢して染め続けるとアレルギ

ー反応が起こってしまうんだな。

 

頭皮以外にも赤い湿疹が出来たり、顔全体

が腫れ上がってしまうんだな。

先ほどもいったがアレルギー反応なのです

ぐにはよくならないですし、それでもまた

1か月もすれば根本が気になって染めてし

まったりするとアレルギーの重症度が増し

、目の周りがより腫れてしまうんだな。

 

⇒白髪染め緑色になり失敗した!直し方は補色!?

さらに症状がひどくなると、ヘアカラー中

に蕁麻疹があらわれてしまい、そして最も

ひどい場合は吸困難などの症状も出てしま

う事もある。

 

今はアレルギーというものに敏感になって

きているのでそこまでする人はほとんどい

ないけどこのアレルギーは突然なってしま

う人も少なくないんだな。

 

今までは全然平気だったのにいきなりカラ

ーすると、頭皮がしみたり傷んだり。少し

花粉症のアレルギーに似ているところもあ

る。

そもそもアレルギー体質なのか日頃の状態をチェックしておこう!

日本人の三分の一は何かしらのアレルギー

を持っているんですな(ーー゛)

 

自分自身がアレルギーがあるかは中々わか

りづらく、そもそもアレルギーとは体にと

っての異物を排除しようとする働きが過剰

になり身体的に症状が出てしまうんだな。

 

ここ最近多い花粉症もアレルギーの1つだ

し、アレルギー体質の人はほとんどの症状

が鼻炎系が多いから、鼻炎を持っている人

はほとんどの人がアレルギー体質な場合が

多く、いろいろなものに過剰に反応してし

まいやすいと言えますな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、カラーリングで頭皮がしみたり、

痛みが生じてしまう時の対処法などにス

ポットをあてていった。

 

ヘアカラーはパッチテストというのがあ

るのだが案外知らない人が多く、カラー

でアレルギーがあるかを調べるもので、

二の腕の内側など柔らかい場所に実際染

めるカラー剤をつけ48時間後にアレル

ギー反応が出ないかチェックするものだ

が、時間もかかるのもあり実際にやって

いないのが当たり前になってしまってい

るんだな。

 

ただ、管理人も10年以上美容師をやっ

ているがこのパッチテストをやっている

お客さんはまれにしかいない。

 

自宅でも手頃に出来てしまうヘアカラー

だが、体に合わなかったり、頭皮に異常

を感じたら即中止して皮膚科に診てもら

う事をオススメする。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!