どうも。いもづるです!

今回はヘアカラーの市販で黒染めについ

てのやり方や、就活前には美容室に行く

べしと言う事を見解して行きたいと思い

ます。

 

ヘアカラーの市販の黒染めを使ったこと

がありますか?

 

管理人の周りにも過去には就活や、バイ

トなどで必要になって黒染めを利用した

ことのある人がたくさんいます。

 

管理人が思うに市販の黒染めは手軽で、

また安くて気軽に利用できます。

 

美容院に行くとき見たく予約を取らなく

てもいいし、予約を取るとなると先の予

定まで考えないといけないし、特に美容

師とのコミニュケーションをとるのが苦

手な人などは、いつも行くときは悩んで

しまうことが多いです。

 

今回黒染めはどれほど髪の毛に負担をか

ける物なのか?そして、何故、就活前に

は美容室に行く必要があるのか?という

事を説明していきたいと思います。

 

では早速行ってみよう。

スポンサードリンク

ヘアカラー市販の黒染めは危険!

ヘアカラーの市販の黒染めは危険!とい

うのは聞いたことがありますか?

実際に美容師から市販の黒染めは強い薬

だからね、一回やるとなかなか落ちませ

んよなどと聞いたことがあると思います。

 

そんな話を聞いたことがある人も少なく

ないのではないでしょう。

 

どういう風に危険なのかというと、市販

の黒染めはとても強い薬を使っていてま

ず次に明るくするときにはだいたいブリ

ーチをしないと色がはいりません。

 

美容師にもそう言われると思います。

 

美容師からよく、色が残ってしまうこと

があります。と聞いたことがあります。

 

1年以上残ってしまうとも言われます。

 

1年以上残ってしまうと次の髪色にもす

ごく影響してきますよね。

 

よく、色を頻繁に変えたいタイプな人に

はとても困ることではないか?

 

また、聞いた話ではブリーチしないと色

が抜けなかったり、長い期間をかけて徐

々に明るくしたり、次に明るい髪の色を

楽しみたい時にうまく染まらなくなる可

能性もあります。

 

市販の黒染めは値段が安く手軽で手にし

やすいですがデメリットもとても多いこ

とを覚えておいてください。

 

安易に使用するととても大変なことにな

る可能性が大です。

ヘアカラー市販黒染めの正しいやり方を知れ!

それでもどうしても市販の黒染めをしな

いといけない!という状態になってしま

った時の為の正しいヘアカラーのやり方

を紹介します。

管理人も実際にその状況になったことが

あります!

 

⇒市販ブリーチにオススメはない!2回3回は危険!

そして市販の黒染めを使用しましたが、

次に染めるときはほんとに痛んで大変で

した!

 

ヘアカラーをするときは、市販のやつに

ついてる手袋をはめる事を忘れずにしま

しょう。

 

管理人はよく忘れることが多く、染める

寸前に急いでつけてしまう事もあります

が、そうすると手についたりしてしまう

ので落とすのが大変になってしまうこと

もあります。

 

そして丁寧にブラッシングしましょう。

 

それから説明書通りに液を混ぜていきま

す。

 

手袋をはめてないと手について時間がた

ってしまうと取れなくなってしまうこと

があるので要注意です。

 

可能な人は顔の周りについた時のために

油を塗っておくと取れやすいです。

 

オリーブオイルとかお家にあるもので大

丈夫です。

 

ごま油とかは匂いがつくのでオススメで

きませんが、サラダ油とかをつけてくれ

る美容院も最近では多いです。

 

1番はオリーブオイルがいいと思います。

 

髪の毛にも潤い成分が入っているので一

石二鳥、とまではいきませんがつけて損

はないですな。

 

顔に染め粉がついてしまうとなかなか落

ちなかったり、色素沈着してしまうこと

もあるので気をつけたほうがいいです。

 

首や背中についてしまうこともあるので、

後ろも気をつけたほうがいいです。

スポンサードリンク

就活前の黒染めは美容院に駆け込め!

長々と市販の黒染めの方法を語りました

がやはり、駆け込める方は美容室に駆け

込みましょう。

よく、ネット予約やクーポンを使ってう

まく自分にあった美容院が今は比較的簡

単に見つかります。

 

⇒剛毛でブリーチ失敗!染め直しや回数多ければヤバ過ぎるぞ!

体験談になってしまいますがネット予約

をするとポイントが溜まったりしてさら

にお得に髪の毛をケアできます。

 

とは言っても、クーポンだけにとらわれ

ていたら痛いしっぺ返しを食らいますな。

 

初回限定で安くなったり、継続的に安く

るところも多く、2ヶ月以内の来店で割

があるところもありますね。

 

そんなとこほど、質の低いサービスを行っ

ている傾向が強いです。

 

美容院では担当の美容師とよく話し合って

黒染めをすることが好ましいでしょう。

 

中には美容師とコミニュケーションをとる

が苦手、話しかけられるのが苦手でいや

だ!という人もいますよね。

 

キラキラした美容師に話しかけると途端に

を話したらいいのかわからなくなること

ありませんか?

 

でもそれでも次は明るくしたいのか、しば

く黒いままでいいのか、何ヶ月くらい黒

染めを維持したいのか、という話し合いを

するのがベストです。

 

場合によっては短期の黒染めだと黒染め液

使わずに1番トーンを下げて染めてくれる

ともありますよ。

 

そうすると次に明るくしたい時にブリーチ

使わなくてある程度明るくすることが出

来たりします!

 

黒染め以外の選択肢も提案してもらえたり

るので、どのくらいの期間黒くしたいの

か、はとても重要なところだと言えると思

います。

 

美容師に聞きましたが、黒染めをした場合

に明るくするときはだいたいブリーチを

しないと明るくできない、なんてこともあ

るみたいですよ。

 

自分のスタイルにあった黒染め方法を見つ

られるのは美容院ならではの利点ですね。

 

また今はダメージが少なめの染める液を使

てる美容院も多いのでさらにダメージを

軽減することが可能になっています。

 

美容院によって使ってる薬の種類も違うこ

もあるのでそこらへんも気にしてみると

いいかもしれません。

スポンサードリンク

ヘアカラー市販の黒染めは1週間の色落ちに注意!

市販の黒染めは1週間色落ちしてしまうこ

あります。

もともと1週間で色が落ちるタイプの黒染

め液もありますが、実は1週間で落ちなー

ーい!なんてこともあります。

 

気をつけてくださいね。

 

もともと強い薬の黒染めなのでそう簡単

に落ちないこともまちまちです。

 

⇒ヘアカラー失敗で明るすぎた!対処法やシャンプーと暗くするコツ!

でもこればっかりは人によるので、落ち

ないタイプとそうでないタイプに分かれ

ます。

 

商品によって違いもあるかもしれません。

 

が、自分の髪の毛の状態と次に染める時

どうしたいか、、などもよく考えながら

使うといいと思います。

 

また逆パターンもあります。

 

黒染めが落ちてきて、なんとバスタオル

についた、なんていうことも、実際管理

人はあります。

 

経験済みです。

 

残念ながらそのバスタオルは色がついて

しまったものが落ちず、使えなくなって

しまいました。

 

なのでしっかり、よく、洗い流すことも

とても大切になってきます。

 

忘れずに!

最後に

いかがでしたか?

就活生などは、いきなり黒染めしないと

いけなくなってしまう、バイトなどの都

合で髪の毛を染めないといけない、など

様々な理由があり黒染めを考えてる就活

生。

 

 

確実に言える事はプロに任せる。

 

この一言に尽きると思いますな。

 

その為には、自分に少なからず投資をす

る。

 

この思考が、あなたを「美」に近づける

最短最速の手法だと言えます。

 

最後までご覧いただき本当にありがとう

ございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!