どうも。いもづるです。

今回はヘアカラーを自分で染めたら退色

が激しく、染め直しで美容室に直行する

人の原因や対処法などを見ていきたいと

思います。

 

この手のケースでは、特にセルフカラー

などの自分で行うヘアカラーに多いので

すが、知識ゼロの素人さんが安易に市販

のカラー剤などに手を出して暗くなり過

ぎたり明るくなり過ぎたり結局ムラムラ

になって美容室に応急処置的な感じで飛

び込んでくる人が非常に多いのです。

 

今回は、そんな人達の為にタメになる情

報をお届けしたいと思いますな。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

ヘアカラーを自分で染める奴はアホだぞ!

単刀直入に言いますが、ヘアカラーたる

物を自分で染めると言う行為はハッキリ

言ってアホです。

 

別にヘアカラーに限って言える事ではあ

りませんが、ヘアカラーも一つの重要な

美容技術と言う意識を理解する必要があ

ります。

これは美容技術に言い換えれば、カット

を自分で行っているのと全く同じであり、

前髪ぐらいのセルフカットであれば世の

中沢山の人が前髪ぐらいでわざわざ美容

室にいくのも面倒臭いし、お金が掛かる

のも嫌だから自宅で自分で行う事もある

でしょう。

 

しかし、その状態から全頭カットを自分

で行う人はほぼいないと思います。

 

プロの美容師や理容師であれば、自分で

カットをする人も中にはいますが、全く

の知識ゼロの素人さんが自分の髪の毛の

カットを全頭で行う人は中々いません。

 

要は、これと同じでカラーを自分で全頭

塗布して塗って行くのは自分の髪の毛を

全頭カットしているのと同じです(^_^;)

 

当たり前ですが、そんな事をすれば綺麗

に染まるはずがないですし、そもそもム

ラになる事を前提に塗布している訳です。

 

確かにドラッグストアなどで安価で購入

できて、隙間時間で染めれる物ですが綺

麗に染まらなければ何の意味もありませ

ん。

 

目先の安価などに惑わされるのはもう止

めて、ちゃんと計画性を立ててヘアカラ

ーは行う物です。

 

つまり、ちゃんと1ヶ月先2ヶ月先を見込

んでどのように色が変化していくのかや

現状の退色具合などをプロに判断しても

らい、正しいカウンセリングを受けて施

術していく物なのです。

スポンサードリンク

自分で染めたら退色早し!

つまりは、自分で染めると色落ち(退色)

もかなり早いと言う事です。

 

何故かって・・・?

 

自分でセルフ方式で施術してしまうと、

表面側は染まっているのに、内側は染ま

っていないなどのケースを一度は経験さ

れていると思いますな。

 

これは、自分が手が届く範囲でしか薬剤

が塗れていないので当然のことながらそ

こから色ムラが発声します。

 

施術をしたその場では、あまり実感がな

いと思いますが、1ヶ月したらかなりそ

の差が歴然と現れますな。

 

この様な事から、染まっている箇所とそ

うでない箇所が混じってしまい結果とし

て明るく見える所と暗い所の差がハッキ

リと出てしまうと言う事です。

 

⇒セルフカラーで上手く染めるコツなどない!ブロッキングも同じ!

そのようなパターンになると、明るくな

りすぎた箇所はそこから徐々に退色が加

速して、暗い部分とのつながりが全くな

くなってしまうのですな(^_^;)

 

つまり、カラーの髪の定着は最低でも染

めた日から24時間はいたわる必要があり

ます。

 

美容室でカラーするとそれで完了ではあ

りませんな。

 

本当のところは髪の内からはカラーの色

素が髪に定着しようと調和をしています。

 

カラーをやって自宅でシャンプーをした

タイミングで泡に色が付いていた体験あ

りますよね?

 

それは定着しきれず、流れ出てしまった

カラー成分なんです。

 

それが原則的には退色が実施されている

事であり上等なシャンプーを活用しても、

退色に繋がってしまうのです。

 

一日中の紫外線の対応策も、髪の毛の色

落ちを防御するという理由でに重要事項

だと断定できます。

 

紫外線は髪の毛の栄養分であるタンパク

質を崩壊させ、キューティクルを損傷さ

せる物です。

 

ダメージとなるに限定されることなく、

ヘアカラーの色素もこのシーンで同時進

行で落ちてしまいます。

 

更には、紫外線はヘアカラーの色素その

ものを変質させると想定されてしまうケ

ースもありますから紫外線対応策は大事

だと考えます。

 

UVに適応するヘアケア製品や髪の毛に利

用できる日焼け止めと言えるものを活用し

て紫外線から髪を守るようにケアをする必

要がありますな。

 

何はともあれカラーを実践した当日から一

週間は、不安定な時期になりそこから今後

の退色具合が決定すると言っても過言では

ありません。

 

この時期が色落ちの決定的なパーキンソン

になりますのでこの時期だけは意識する必

要があります。

 

髪が濡れてあるというようなケースが長い

と、ダメージも増加してしまうのです。

 

カラー後の数日は、シャンプーというもの

は軽めにして、なるべく早く髪を乾かすこ

とをオススメします。

 

これオンリーでもかなりその後の色落ち具

合が変わって来ますし、髪が濡れているケ

ースが長いとどうしても髪の毛の負担は増

加します。

スポンサードリンク

結局染め直しで美容室直行!

そんは言っても、自分でカラーを染めたり

安価なセルフカラーを使用する人はまだま

だ沢山存在しますな。

 

いざ染めて仕上げてみると、全然自分の理

想とする仕上がりにならずに結局駆け込み

寺のように美容室を予約して早急に応急処

置を施す。

まあ~セルフカラーの失敗の代名詞ですな

(^_^;)

 

⇒市販ヘアカラーは混ぜるな!特にトリートメントの2色混ぜや泡は!

つまり、真っ黒になってしまった髪を茶色

もしくは元に戻すケースにするには髪の毛

の中に入ってしまった色素を抜かなくては

なりません。

 

一回でも髪の毛に入った色素を抜くことを

目論むなら髪にダメージのかかるのはもち

ろんですが、 忍耐も必要になり結局疲弊し

て疲れるだけです。

 

ちょっと茶色前後と考えるなら、連日のシ

ャンプーで色素は落ちていきますので、気

楽に茶色く戻るのを待つやり方を推奨しま

す。

 

ただ、染めたてが最も暗いのでそのへんは

違和感を感じるかも知れません。

 

その他にも、染め上がりが明るすぎて、暗

くしなければならないケースでは染め直し

を美容室側に提示する必要がありますな。

 

⇒ヘアカラー色持ちが悪い原因はなに!?生活習慣にも影響してる!

明るい色から暗い色に実施する事は手間の

かからない事ですが 、ファクターは暗い色

素は髪の毛から抜けにくいので、数ヵ月後

に明るくトライしたいと言われるシーンで

は、過去と同じ様なものに至るまでには明

るく戻らない事を承諾しておかなければな

りません。

スポンサードリンク

セルフカラーに執着する奴は一生綺麗に染まらない!

まあ~結局のところ結論から言えば、これ

です。

 

安易なセルフカラーなどに執着していると

一生ヘアカラーで髪の毛を魅力的に見せる

事は出来ません。

 

これマジです。

 

カラー剤には数多くの色味が存在します。

 

アッシュやイエロー、マットなどの寒色系

からレッドやパープルなどの暖色系まで本

当に様々な色味があり無限大です。

 

カラーセレクトミスやアシスタントに対す

る伝達ミスで、色味が全然異なってしまっ

たというようなケースも十分に考えられる

のですな。

 

⇒市販ヘアカラーの暗めにおすすめはない!過剰広告だよ!

カラー剤は色を混ぜれば混ぜる程、暗くな

っていく性質がありますので知識がない人

が触る物では本来ならないのですな。

 

しかし、発色の悪いくすんだ色や赤みが強

い暖色系などは時にカラー選定が難しくプ

ロの美容師でもチョイスに頭を悩ますケー

スが多いのですな。

 

濃いレッドにチャレンジしたい等 の同系

色で色を濃くするケースでは染め直しも

可能ですが レッドからアッシュ等の 真逆

の色味にトライしたいケースでは、激しく

色味同士がぶつかり合いますので同一のシ

ーンも、数ヶ月待ち色味が淀みなく抜けて

くるのを待って新しいカラーリングをす

る事を推奨します。

 

注意したいのは、無理やり強い薬で色を抜

いた後に染め直しのカラーをされるシーン

も存在しますので、このケースでは髪のダ

メージにもなると考えますし、色ムラが発

生しやすいことからあまり推奨はできない

でしょう。

 

さらに、ファッションカラーの色素はそれ

程長くは持ちませんし、元の明るくなりす

ぎた髪の毛に戻ってしまうのです。

 

数ヶ月おきくらいのペースでカラーをしな

いとすれば落ち着きません。

 

白髪染めの様なグレーカラーではどうかと

言えば、色が髪に残りやすいぶん長期間落

ち着いた髪色で過ごせますな。

 

そうは言っても、今度はかなり明る髪色に

トライしたいと思ったタイミングで、髪の

毛の中でカラー剤の色素が定着している分、

中々この色素が抜けてくれないのですな。

 

なので、明るくなりすぎた髪を直す事は難

関でしょう。

 

カラーの染め直しには数多く想像できない

トラブルが発生するシーンもありますから、

これから先の髪のスタイルを進めていくプ

ランを長期的に視野に入れる必要がありま

す。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回はヘアカラーの自分で染めるデメリッ

トと失敗した時の美容室の使い方について

ピックアップしていきました。

 

これで安価なセルフカラーは今後止めてお

こうと言う気になってくれたら幸いですし、

自分で行う事のリスクと言うものも理解で

きたと思いますので、簡単に出来るからと

言うキャッチコピーなどに惑わされない様

にしてほしい。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!