どうも。いもづるです。

今回は、業務委託美容室で働く美容師

んについてスポットをあてていきたいと

思いますな。

 

みなさんは「確定申告」詳しく把握し

ていますかね?

 

自らで仕事をして給与をもらったことの

ある方しかわからないことでしょうが、

確定申告をすることは一国民にとって

ンパなく大切なことですね。

 

確定申告は基本的に個人の元旦から年末

までに稼いだお金や病院にかかったお金、

扶養している家族を税金を管理している

ところへ申し出ることをいいますな。

 

逆に確定申告を申し出ないとどうなって

しまうのか?

 

もちろん罰がありますね。

これは義務なので、罰が発生してしまい

ますね。

 

罰は大分重いものになりがちです。

 

申し出ることをしないと税を管理してい

る所がその方の税金の金額を決定するこ

とが出来ません、結果勝手に税金の額を

決められてしまうんだな(ーー゛)

 

今回は、その辺のついて委託美容師に

点を置いて考えていきたいと思う。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

委託美容師の正しい確定申告の書き方とは?

委託美容師とは、どんな扱いになるかを

りあえず見てみるとしますかな。

 

委託美容師は雇われスタッフという形で

なく「個人事業主」という形になりま

す。

 

つまり自分が店舗を構えて経営者として業

務をしていることと同じという形になるの

ですな。

 

こうなるとどうなるか?

 

事業主=労働基準法に左右されないという

ことになりますね。

 

労働基準法は通用しないということなので

重大な責任と義務が伴ってきますね。

 

この仕事は他のフルタイムの方達とハンパ

なく相違点が多い職業ですね。

 

さて、こういった方達の確定申告は何をす

ればいいでしょう?

 

初めに法律上、個人事業主というものは自

らが店舗を作り出したようなものなので

人事業の開業・廃業等届出書というものを

提出する必要がありますね。

 

これは何の職業でも店舗をOPENさせる時

必要になるものですな。

 

ただ、ぶっちゃけ他人の店舗で業務を行っ

ている委託美容師のほとんどは、このよう

な手続きを取っている美容師はほぼいない

であろう。

 

それから、所得税の青色申告承認申請書と

いうものも必須ですな。

これは会社側で所得税などを引いてもらう

ことができないため全て自分で行う必要性

が出て来ますな。

 

これに関しては、委託美容師の多くが毎年

自分で税務署に行き税金などを管理してい

る人が多いな。

 

と、まぁ〜普通に雇ってもらうものとは

然違いますね。

 

やることも多ければ、やらないといけない

義務も断然多くなりますね。

スポンサードリンク

委託美容師にとって領収書はめっちゃ大事!

上記の青色申告承認申請書等でどうして

必須になってくるのが「領収書」です

な。

 

領収書を手元に残しておくとどうなるか?

 

仕事で使用するものや、仕事上で必要にな

ってくるものを「経費」で買うことができ

るようになりますね。

 

しかしこの領収書を失くすとどんなものを

いくらで仕入れたなどの細かい情報が皆無

になりますね。

 

こうなると経費で支払うということは難し

なりますな(ーー゛)というか無理になり

ますね。

 

まず委託美容師に必要なものは、何よりも

  • 髪を切るためのハサミやクシ
  • 常連さんや付き合いで行く業者さんなどの接待費。
  • 自分の家から店舗まで必要になる通勤費。

などなど、いろんなものに経費を使うこと

ができるようになりますな。

 

⇒美容室経営者はケチるな!スタッフが独立時顧客を引き抜く時!

(何が経費で落ちるか、落ちないかは店舗

によって違いますね。)

 

さらにこの職業、ならではの自分の店以外

美容室などに行き店舗の雰囲気や美容師

さんの技術を盗みながら、尚且つ自身の髪

を切ることもできるみたいですな。

 

経費を使って髪を切りに行けることはめっ

ちゃ得した気分です^_^

 

ただ上の方から「何だこの経費は??」と

言われたら「あくまで仕事の勉強です。

して髪を切りたいから行ったわけではあり

ません」と全力で否定する必要があるみた

いですな・・・(笑)

スポンサードリンク

委託美容師にとって節税の仕方はある?

毎回、毎回給料から引かれる「所得税」

1年通して見たらまぁまぁの額になりま

すね。

 

ぶっちゃけ腹が立ちませんか?

 

ただ、これを少しでも抑えることができ

んだな。

 

ここで登場するのが「経費」ですな。

 

経費は会社側で支払っていただくものな

ので、個人としては痛くも痒くもありま

せんね。

 

委託美容師さんが給与をもらう時にも

ちろん所得税が起こります。

 

この時、もらう全ての金額に対しての所

税が一般的ですが、経費を使うともら

うすべての給与から経費を差し引いた金

額に得税が乗っかりますな。

 

このことにより所得税をぐ〜んと下げる

とができちゃうわけですな^_^

 

最高の節税の仕方だと思いますな。

スポンサードリンク

最低限覚えて置くことは?

委託美容師さんはノーマルの美容師さんよ

りも指名客を多く持っていたら稼ぐことが

できます。

が、確定申告などの手続きが不十分である

と、いただいた給与がチャラになることも

あるということを忘れないでほしいですな。

 

⇒美容師は貯金するな!自己投資をして稼げる知識を身につけろ!

すなわち、委託美容師になると決めた時点

そのくらいの覚悟や確定申告などの勉強

をして頭の中に叩き込んでおいたほうが良

いかもしれないと言う事ですな。

最後に

いかがでしたか?

今回は、業務委託美容師の税金の事や確定

申告について見ていきました。

 

委託美容師になる方は、「今から自分で店

を出したい」という希望に満ち溢れた方も

たくさんいるみたいですな。

 

この希望をやり遂げる前の準備段階として

、委託美容師という名の個人事業主になり

経営を学ぶことから始める。

 

その上、給与が多めの委託美容師を勤め

を出すための開業資金を貯める。

 

一石二鳥ですね。

 

これからオーナーさんを目指している美容

さんには最適な仕事かもしれませんが

定申告などの細かい作業も怠らないように

したいものですな。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!