どうも。いもづるです。

今回は、傷んだ髪の毛を直す方法などが

巷ではよく言われていますが、修復にト

リートメントなどをしても無意味な事を

解説して行きたいと思います。

 

よくネット上にも傷んだ髪の毛にはコレ

!とか傷んだ毛先にはこのシャンプーと

いった過剰広告がよくPRされていますな。

 

はっきり言って、こんな物全く無意味で

すよ。

 

手触り感とか、キューティクルの滑りを

現状から改善させるのにはアリだと思い

ますが、毛髪内部の栄養分を補うとか流

出してしまったタンパク質を元の状態に

戻す様な役割は一切ありません。

 

なので、ここの本質を間違ってしまうと

全く的外れな手入れをしている事になり

ますので注意が必要です。

 

早速いってみましょう。

スポンサードリンク

傷んだ髪の毛は直る?直るか!

もう、あまり遠回しに言ってもしょうが

ないので単刀直入に言います。

 

一度傷んだ髪の毛や毛先は直るか?と言

われれば直りません。

 

よくある過剰広告なんかは、「傷んだ髪

の毛の集中ケア」とか言って消費者さん

を惑わしていますが、そのトリートメン

トを付けたからと行って1ヶ月後さらに

は2ヶ月後どうなっているでしょうか?

 

はっきり言って現状は何にも変わってい

ないと思います。

 

むしろ、それらを継続していると間違っ

た手入れをしている訳なのでどんどん損

傷は逆にひどくなって行くと思いますな。

 

実は、髪の毛と言うのは死滅細胞と言っ

て元々は死んでいるのです。

 

自己修復も出来ないしなにかしらの栄養

が入って髪の毛のダメージが治る事など

ないのですな。

 

毛髪は人々の身体でいうと爪と同一のケ

ラチンというたんぱく質でできています。

 

血管も神経もなく酸素の供給もあり得な

いので自己修復や再生と言えるものは原

則あり得ないです。

 

栄養成分の消化吸収もしないし呼吸もし

ない死んでいる細胞と言う理由からであ

る。

 

何かの栄養成分だとか、リアルな修復成

分をつけたから髪の毛の傷みが治ること

はどうしようもないのですがありません。

 

日常的な髪の毛に対してのデータでも、

濡れたままの状態です髪をブラッシング

するという人もいると思われますが、濡

れた髪はとてもデリケートで、目の荒い

櫛や手ぐしで優しくする規模ならいいで

すが、目の緻密な櫛でブラッシングする

のはダメージに直結します。

同じ利点からタオルでゴシゴシ擦ったり、

髪を洗っているケースでゴシゴシと髪を

擦るのもよくないんですな。

 

濡れた髪は優しく扱い、できるだけ摩擦

を与えないようにするのが原則ですな。

 

さらに、朝シャンたるものも髪の毛にと

ってはよくないのです。

 

朝シャンは紫外線によるダメージを受け

やすくなり、髪を傷めるので避けたほう

がいいですし髪は寝ている間に育つので、

夜洗わずに毛穴に汚れが詰まっていたり

すると髪の成長を妨げてしまいますよ。

 

朝も夜もシャンプーをするという人は、

逆効果で洗いすぎで髪を傷めますのでシ

ャンプーをするのはその日の疲れや汗を

洗い流す晩にするのがやはり理想的です。

スポンサードリンク

傷んだ髪の毛を修復するよりカットした方が早い

本質から言えば、一度傷んだ髪の毛は元

に戻る事はありませんから修復ケアなど

をして長期的な計画を立てる必要がある

んですが、そんな時間もないし毎日が忙

しいと言う人が殆どだと思います。

 

なので、長期的なプランを立てれない人

にはやはり傷んだダメージ部分だけカッ

トして一度リフレッシュと言うかリセッ

トした方が時間的にも早いし、直ぐに結

果が出ると思いますな。

 

⇒縮れ毛はブラッシングやブローはするな!痛みの原因!

今の時代、ほとんどの方がパーマやカラ

ーをしたり、コテやアイロンを使用して

スタイリングをしています。

 

カラーもパーマもしない、アイロンやコ

テも使わない若い女子はいません。

 

特に以下の例が考えられます

  • 紫外線によるダメージ
  • 乾燥や髪が濡れたまま寝ることにより起こる摩擦のダメージ
  • 髪の毛を頻繁に触るクセなどの摩擦によるダメージ
  • 髪や頭皮に合わないシャンプーの使用によるダメージ
  • ドライヤーやアイロンによる過剰なオーバードライのダメージ
  • 生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレス過剰のダメージ

事実、一度死んだ毛先が蘇る事はあり得

ません。

 

ただ、長期的なスパンで物事を考えたら

改善の余地はありますな。

 

傷んだ髪に効果的な成分をちゃんと補う

ことにより、外観を改善したかのように

表すことは可能で、ヘアケア剤は常日頃

進展していると考えますし、この先生え

てくる新生毛のダメージ対策は可能です。

 

ちなみにギシギシして指も通らないと言

う事は、表面のうろこ状のキューティク

ルがはが落ちているという理由で、髪の

毛の中のタンパク質といった成分が外に

流失してスカスカになっているケースで

すな。

スポンサードリンク

傷んだ髪の毛にトリートメントは無駄!

よくありますよね。

 

美容室で傷んだ髪の毛にはトリートメン

トってうたっている店・・・

そのトリートメントをして傷んだ髪の毛

が1回の施術で修復されるならギネスに

載りますよ(笑)

 

⇒クセ毛はトリートメントで治る?はい無理です!

つまり、冒頭でも解説しましたがやはり

過剰広告なんですよ。

 

店は当然利益を上げないと行けないので

何でも間でも、ウチのトリートメントは

最高ですよとセールスを掛けてくるので

す。

 

しかもこれ、店の美容師側も材料メーカ

ーなどに洗脳させていますからね(^_^;)

 

つまり、材料メーカーがセールスを美容

室側に掛け「今度新しく出たトリートメ

ントなので良いですよ~!」と宣伝する

訳ですよ。

 

で、実際使ったオーナーやスタッフたち

から「手触り感が良かった!」とか「し

っとりする!」とか意味不明な事を言う

訳ですな(^_^;)

 

大体、手触りなんて修復と全く関係ない

事なのに何故かお馬鹿な美容師たちはこ

んなものに洗脳されるんですよね。

 

なので、結局は美容室がそんな過剰広告

を打ってセールスをお客さんに掛けてい

るのはそもそも美容師側が洗脳されてい

ると言う事なんです。

 

つまり、大抵のトリートメントやコンデ

ィショナー類は内部に栄養を補給し、表

面をコーティングしていると考えます。

 

しかしパーマやカラーをしている人がコ

ーティングしてしまうと薬液の悪い成分

を髪に残留させ内部を痛めてしまいます。

 

なおかつ美容室で行う根本的なトリート

メント程サラサラで持ちが良いのでより

髪の内部に薬液を残留させて髪を傷めて

しまうのですよ。

 

シャンプーもトリートメントも、手触り

をUPする為ににシリコンが入ってるも

のが多いと思いますが、シリコン入りは

髪に良くないと考えますよ。

 

⇒くせ毛はアイロンで治る?治りません!効かない髪質や悪化の原因!

分厚くコーティングされてしまうため、

せっか栄養成分を入れても、栄養分が行

き届かないです。

 

パーマやヘアカラーにもダイレクトに影

響するそうで、理想的なカールや色が入

らない可能性が高いのです。

スポンサードリンク

これから生えてくる髪の毛の方が大事

つまりは、こう言う事です。

 

一度傷んだ髪の毛はカットで早期に解決

させ、それよりも今後新しく生えてくる

新生毛の方が大事だと言う事です。

 

新生毛はまだ一切ダメージを受けていな

くてこれから成長していく毛質なので、

多くの外的要因や生活習慣から影響を受

けやすいのです。

 

なので、これから新しく生えている新生

毛に重点を置き毛先までつややかな毛を

維持する為の手入れを意識する必要があ

ると思いますな。

 

実は、髪の毛と言われるのは肌の角質層

が移り変わりして出来たもので、科学的

には肌の一部分であるともいうデータが

あります。

 

セラミドやコラーゲン、アミノ酸は肌の

保湿成分ですが、それらの内もセラミド

が配合されたシャンプー・トリートメン

トは、傷んだ髪の傷口から抜けてしまっ

た脂質を補い、傷口からの流出を抑えま

す。

 

また、シャンプーの主成分も必須。

 

常識的にはリリースされている石油系の

シャンプーは洗浄力が強くダメージの見

られる髪には向きません。

 

⇒市販シャンプーを解析し香りだけで選んでいる事がヤバい件!!

美容室などにおいてリリースされている

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が優し

く、傷んだ髪に栄養分を補給する機能も

有りますから、何よりもシャンプーを変

えることも重要な項目ではあります。

 

ただ何度も言いますが、シャンプーを変

えたらと言っていきなり変化するものな

どありません。

 

長期的なスパンで継続して行くことが大

事なのです。

 

それに加えてで、髪のダメージレベルや

望むスタイル、また髪質などに影響を受

けて選ぶことができる、自分自身にフィ

ットするシャンプーなどが豊富にリリー

スされています。

 

しかしながら、毛先が折れたり、髪がふ

にゃふにゃになったり、切れ毛や枝毛が

沢山現れているなど、さほどにダメージ

が進行しているケースだと、一旦切った

ほうが魅力的に伸ばせるといった場合も。

 

何よりも先ずプロに託してみた方が早い

でしょう。

 

自分で悩んでいても解決方法など解る訳

がありませんからね。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は一度傷んだ髪の毛は直る事はない

事や修復にむやみにトリートメントは使

うなと言うお話をしていきました。

 

特に低料金サロンのトリートメントなど

は、ぶっちゃけますと気休めにしかない

ので注意して頂きたい。

 

要は、時間を掛けてちゃんと根本的な原

因を見つけてくれて信頼できるプロにカ

ウンセリングをうけるのが一番ベストだ

ろう。

 

お金より、遥かに質の方が重要な時代な

のであまり出し惜しみせず、払う時には

ちゃんと払ってその分の価値を頂いた方

が圧倒的に効率的です。

 

それでは今回は、この辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!