どうも。いもづるです。

今回は中学生諸君に自分でカットをするな!

特にくせ毛はと言う事をお話ししていきたい

と思う。

 

学生諸君はなぜセルフカットをするのか?

 

美容師が何年もの時間をかけて作り上げた技

術をネットをちょっと見ただけで出来るよう

になると思っているの?

 

更にくせ毛のカットというのは美容師でも苦

戦を強いられるもので、若手美容師としては

最も巨大な壁と言ってもいいんですよ。

 

今回はそんなセルフカットの危険性を促して

いきたいと思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

男女中学生諸君!セルフカットはリスク大だぞ!

セルフでカットするという事は自分がカッコ

いい、可愛いと思ったスタイルを作るという

事だが、そもそも素人が思った通りのスタイ

ルを作れる事もないが、仮に作れたとしても

まだ中学生ではそのセンスは未熟で何がいい

かすらわかっていないのにそれのセンスに任

すのはリスクが大き過ぎます。

 

セルフカットで必要とされるハサミ類だが、

市販で売っているのでは絶対的に髪の毛が痛

みます。

 

よく文房具用のではダメで、髪の毛を切る用

の物を使おうなんてネットで書かれているが

はっきり言ってしまえばナンセンスだ。

まず、使っているハサミ(道具)があまりに

もレベルが違い過ぎて、髪の毛のキューティ

クルを剥がし痛めてしまう。

 

更にはカットコームやカットブラシ、ヘアカ

ッターなどとかすだけで髪の毛の量を減らす

事が出来るアイテムが多数発売されているが

どれもカミソリがついてるだけのアイテムな

んだが、カミソリで髪の毛をすくというのも

髪の毛には多大な負担をかけることになるん

だな。

 

ましては市販のカミソリでは切れ味が悪いせ

いで切れ毛や枝毛を助長していますな。

 

後は、自分自身で髪をすいて毛量を減らすと

されるのは欠点も存在します。

 

取り敢えずリスキーなのは、くせが強いタイ

プですな。

 

普段から髪のうねりが出やすいという髪質の

ケースでは、自分自身で髪をすくと更にくせ

が出やすくなるリスクが想定されます。

 

髪のクセにあったカットはエキスパートでも

簡単でないのです。

 

昔天然パーマと把握した人や縮毛矯正などに

おいてくせを抑えている人はセルフカットは

必ずや止めたほうがいい。

 

髪のくせが強力な天然パーマタイプはセルフ

カットには不向きであり自分自身で髪をすく

と、髪のくせが出やすくなる。

 

その他には、自分で髪をすくときに簡単に進

まないのは毛量のバランスです。

 

髪を軽くしたいからといって、グングン髪を

すいていくと軽くなり過ぎて髪が広がりやす

くなってしまうのです。

 

すき過ぎてスカスカになった髪の毛は穴だら

けになりスタイルの維持が極めて困難になる

のですな。

 

注意してほしいことは、イメージしているよ

りも少なめに髪をすきながら、ネゴシエーシ

ョンしていくこと。

 

髪を自分自身で梳いたりすることはもちろん

論外ですが、ちょこっと前髪だけだからと言

う安易な考えも致命傷になるのです。

スポンサードリンク

くせ毛のセルフカットは膨らむ可能性大!

くせ毛で膨らむことを気にしている人は多い

し、実際にお客様からも「広がるからすいて

ください」とオーダーされることも多いんだ

な。

 

どうしても広がったり膨らんだりするのは髪

の毛が多いから、重なりのせいと思い量を減

らせば解決できると考えがちなのだがそれは

大きな間違いで、くせ毛広がる場合はすくと

余計に広がることの方が多いんですな(^_^;)

だから、くせ毛さんの場合、量を減らし方と

いうのは慎重に行わなければかえって扱いづ

らくなってしまったり、余計に広がったりし

てそのあとから対処しようにも髪の毛の量が

ないから手の施しようがなくなってしまいま

す。

 

⇒濡れたままカット(ウエット)だけで仕上げる美容室はやめとけ!

ただ、くせ毛さんはよく「美容室に行っても

思った通りにならない」なんて愚痴を言う人

も多いのだが、それはきちんとした価値を提

供してくれる美容室に行っていないからなん

です。

 

安売りの美容室に行って、思ったとおりにや

ってくれないと言う話をよく聞きますが、そ

れはやってくれないではなく、「安売り=価

値が低い」と言う事を理解して欲しい。

 

なので、自分の思ったとおりのオーダーや理

想とする仕上がりを求めるならある程度「価

値」を提供してくれる美容室に行かないと中

々難しいですな。

 

実は髪が多く見えてしまうファクターは人個

人個人です。

 

毛量を減らすための善後策も人おのおのなの

です。

 

自分自身で髪をすくだけがベストな対応策で

はないと言えます。

 

髪が多くなってしまう主な原因はパサパサし

たりゴワゴワとした手触りの髪で、髪がまと

まりにくくなっていると毛量がほとんどで見

えてしまうのです。

 

しかも、傷んだ髪は膨らみやすくなっている

ため、余計に毛量が多く見えてしまいますな。

 

髪が傷んでいるせいで毛量が多く見えている

のであれば直ぐにでも自分で切るような事は

絶対にせず今すぐ美容室を予約してカットに

行くべきです。

 

プロがやるカットには、くせ毛を活かしたバ

ランス配分で切ってくれるでしょう。

 

その一方で、縮毛矯正を継続することはタイ

ミングでもお金にも余裕がなくてはいけない

でしょう。

 

むしろ髪のうねりやくせが強い人も髪の手入

れは必要になってくるものです。

 

ヘアケアをやり続ける点で毛量にもずいぶん

変わってきますな。

 

最後に髪が何と言いましても太くて量も多い

場合では、ヘアケアと共ににカットし続ける

という意識が効率的。

 

一か月に1回はカットして髪の量やバランス

を整える必要があるのですな。

スポンサードリンク

ネット上の情報はあてにするな!

今やネットの情報が全てになりつつあるのだ

が、どれも怪しい情報が多いしカットに関し

ても耳を疑うようなことが書かれているから

注意が必要です。

 

中には、くせ毛にはレザーで梳くとか猫っ毛

にもレザーとか言う情報がありますが、基本

くせ毛や猫っ毛にレザーはナンセンスです。

 

⇒下手な美容師はスキバサミを多く使うのか!?

レザーというのは柔らかい質感を出すことが

得意ではあるため毛が太い人や多い人には適

しているのだが、くせ毛さんや細毛さん、猫

っ毛さんには柔らかさが過剰になり毛先のハ

ネにつながる為あまり使いません。

 

前髪のカットでも、前髪の幅は黒目の外側の

延長というものなんだが、顔の形や大きさな

どは一人一人全く違います。

 

従って、全てがそれで当てはまるものではあ

りません。

 

特に、前髪は生え癖が強いためその幅でカッ

トしてしまうと予想以上に広くなってしまい

、日本人が幅の広い前髪にしてしまうと顔が

巨大化してしまう事も多いのです。

 

この様な間違った情報を流しているサイトな

どは、そもそもプロの美容師で知識がある人

が記事を書いていないので注意が必要ですな。

スポンサードリンク

そもそも後ろなんて見えないだろ!

セルフカットで後ろが上手く出来たなんて言

っているのは、自分で後ろが見えていないか

らだからで、合わせ鏡でも細かいところは見

えていないし、跳ねていたり切り残しが多数

あるから結局時間がたてば崩れるスタイルに

なっている事がほとんどですな(^_^;)

基本的に、プロの美容師がセルフカットのや

り方を教えている時点でナンセンスで、逆に

自分でカットをするなとリスクを提示しなけ

ればいけないのが本当のプロである。

 

 

それをプロが自分でやるやり方を発信してい

る時点で、そんな美容師は信用しない方がい

いでしょう。

 

そもそも、自分でカットをしている時点で後

ろなんて見えないですし、切り残りはほぼ間

違いなくあるのでデザインやフォルムなどあ

ったものではありません。

最後に

いかがでしたか?

今回は学生諸君へ自分でカットをすることの

リスクを見ていきました。

 

ネット上でセルフカットのやり方の説明をし

いる美容師は信用しない方がいいでしょう

な。

 

カットの本当の大切さを理解していないから

そのような事を簡単に公に出来るわけだし、

それで飯を食っているプロが、素人でもでき

る方法を教えてどうすんの?と言うのが個人

的な意見ですな(^_^;)

 

なので、自分でカットをするのはやめておい

た方が無難ですな。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうございま

した。

の他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!